FC2ブログ

遠くツーリングを夢見て勝利あるのみ

普段から不要不急の遠出は殆どしない私だから、ツーリングもキャンプもNGとなれば、いよいよ引きこもりの生活が続く。

しかし若い頃はいつも街に繰り出して遊んでいたものだ。

そんな私がこれまで街中で偶然見かけた著名人を列挙してみよう(ロケなど、ご本人が仕事中の場合は除く)。

※敬称略・順不同

①大仁田厚

②BEGINのボーカルの人

③ゴスペラーズの人

④ばんばひろふみ

⑤美川憲一

⑥山口智充

⑦里見まさと(ザ・ぼんち)

⑧桂文福

⑨国村隼

⑩谷隼人・松岡きっこ夫妻

⑪南果歩

⑫伊達公子

長年生きてきて、僅かこれだけだ。
DSC05207 (1)
観光地の駐車場に集まるバイクのニュース映像はショッキングだった。

そんな私だって、近場の公園にしか立ち寄らないからと、先週末はこそこそと朝からバイクを引っ張り出した。

日本国内で新型コロナウイルスの犠牲者は300人を越えた。

その中には滅多に会えない著名人が含まれている。

言うまでもなく志村けんさんと岡江久美子さんだ。

皮肉な話だが普段は遠い存在のお二人の死が、誰もがこの病気と隣り合わせであることを教えてくれた。

すっかり恐怖をおぼえてしまった今週末は、バイクで出かけようとは思わなかった。

東京オリンピックの開催について気をもんでいた頃が懐かしい。

先が見えない戦いは続く。
DSC05185 (1)
さて私が出会った著名人ですが、なかでも周辺に負のオーラをまき散らしていた某氏の印象は最悪でした。

某氏とは数年後に全く違う場所で再び出くわすことになるのですが、その時も強烈な負のオーラは健在で、結果私がプロレスラーに抱いていた尊敬の念までも、どこかへ消え去ってしまいました。

一方、場所が街中ではなかったので、上の記載からは漏れてしまいましたが、お会いして最も心が躍ったのは、バイクジャーナリストの小林ゆきさんです。

それは北海道の霧多布キャンプ場でした。

私はテントの中で昼寝をしていたのですが、普段YouTube等で耳にしていたご本人の声がテントの外から聞こえた時は、本当に夢かと思いました。
DSC04440.jpg
戦いは続きます。

しかし今年か来年、あるいは再来年か、いつかきっと戦いに勝利し、また愛車で北海道に渡ります。

そしてテントの前で独り勝利の美酒に酔うと心に決めているのです。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
DSC04485.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター