FC2ブログ

老害一歩手前のライダーの行儀

他人に縛られることが大嫌いな私だが、一方で自分自身に対して定めたMyルールを多く持つ。

その内容は寝る直前に食事をしないなど他愛の無いものから、人生観に関わるものまで多種多様。

自身を律していると言えば聞こえは良いが、そうしていないときちんとした生活を送れる自信が無いというのが実際のところだ。
DSC03472.jpg
振り返ればバイクに乗り始めたのも、キャンプを始めたのも、やりたいことがあれば先送りはしないというルールが起点になっている。

次に購入するバイクを選ぶにあたって、最近決めたルールがある。

「上がりのバイクとして愛車を選ばない」だ。

もちろん、購入後にこれが上がりだと気付けるようなバイクに巡り合うことが出来れば、それは幸せなことだ。

しかし購入前の段階で「上がり」は意識しない。

万一それをすれば、バイク選びに無理が生じ、結局はライダーとしての上がりを早めてしまうような気がするからだ。

そういった理由から、次の愛車選びには今本当に乗りたいバイクは何かを基準とすることにに決めた。

私が今後乗り継げるバイクの台数は限られるだろう。

だからこそ、ピュアな気持ちでバイクを選び、そんな愛車を駆って自分で選んだ道だけを走り続けるのだ。
DSC02006.jpg
小川のほとり、長年一本だけで根を張り春を届けていた桜。次の年も、その次の年も春はやってきたが、花を咲かせる桜はもうそこには無かった。
DSC02009.jpg
人間齢をとれば、誰にだって譲れない自分のルールが増えていくものでしょう。

私もそうやって頑固で偏屈になっていくのです。

しかし、このまま易々と老害に成り下がるつもりは毛頭ありません。

その為にわざわざ「Myルールを他人には強要しない」というMyルールを設けてあるのですから。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 「 ・ ・ ・ ・ 」

返信遅れ申し訳ありません。
週末しかPCを立ち上げないもので、無礼をお許しください。
(スマホからの文字入力はいまだに苦手なもので。。。)

先日みたドラマで若い男女が珈琲カップを手に街を歩いているシーンがあったのですが、ふとこんなことすら憚られる世の中になったのかと思うと、悲しくなってきました。

例え気力があっても自由に行動が出来ない世の中になるとは。

早く平和な世の中に戻ってほしいです。

> ご迷惑だったようですね。
> ごめんなさい。
非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター