FC2ブログ

Harley-Davidson賛歌は声高々に

いかにキャンプにうつつを抜かそうとも、私の本質はキャンパーでなくライダーだ。

それが証拠に、知り合いが使うテントは全く覚えていないが、乗っているバイクなら確実に言える。

私にとってキャンプで使うテントや寝袋は単なる道具でしかないが、バイクはそれをはるかに超越した大切な存在だ。

だから新旧バイクの情報はいつもチェックしているし、街を歩いていても自然とバイクを目で追いかけてしまう。
IMG_20200209_110822.jpg
近所に見慣れないハーレーがとまっていた。

3つあるフロントライトが幅広なハンドルと相まって、威風堂々とした雰囲気を醸し出している。

両サイドに張り出したレザーのバッグも美しい。

バッグに打ち込まれた銀色の鋲にも負けない押しの強さがハーレーにはあるし、それを上品に扱うことが出来るなら、そのユーザは互いに心を通わせるかのようなバイクとの魅力的な関係を構築できるはずだ。

ハーレーとはそういうバイクだ。

「いつかは俺もハーレーが似合うようなライダーになりたい。」

そんなことを考えながら、遠巻きにハーレーのタンクに目をやると、「H」から始まるはずのロゴが「I」で始まっている。

「ということは、これがあのインディアンなのか。」

さすがその歴史はハーレーよりも古いと言われるインディアン。オーラが違う。

初めてのインディアンをゆっくり鑑賞したかったが、不審者と思われたくなかったので、そのまま足を止めることなくオーラ漂う鉄馬の前を通り過ぎた。

最後にもう一度だけその雄姿を目に焼き付けておこう。

振り返ってみたインディアンのシートの後側には、白抜きで「SUZUKI」の文字が浮かび上がっていたのだった。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ


関連記事

コメント

No title

まさかのイントルーダーおちw

Re: No title

hibikoreさん

さすがイントルーダー、なかなかのド迫力でしたw


> まさかのイントルーダーおちw
非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター