FC2ブログ

最後にワンチャンの愚かなライダー

自称イタリヤ人で、関西出身の兄さんが私に語った一言が妙に心に残っている。

「SNSの中では、誰もが見せたい自分だけを見せていて、不都合な事実は決して見せようとはしない。」
IMG_20191229_162352.jpg
先週の大洗ツーリングでは、前回記事にした通り様々なことが起こった訳だが、もう一つ書いていない話がある。

なぜなら、まさにそれが私にとって不都合な事実だったからだ。

朝から一緒に走ったS君と別れを告げた後の、慣れない夜の高速道路の上でそれは起こった。

突然私の右足をかすめるように幅寄せしてきたバンのテールライトが、暗闇の中で私に迫る。

ガツンと握ったブレーキが、なんとか衝突を回避できる効きになってくれたのだが、今度は後ろから車が迫ってくるのではないかと、とても怖かった。

幸い後続車は車間距離を確保してくれており、事なきを得た。

衝突の恐怖から解放された後、私に去来したのは安堵ではなく怒りだった。

私の中にあるはずの善良な心は消え去り、邪悪な心の言うがままに右手がアクセルを煽ったのだ。

地面を蹴って猛然と加速した私は、先程の仕返しのようにバンのコーナーをかすめて前に出た。

バンが私を抜き返そうと加速を始めたところで、ようやく我に返ったものの、遠くなっていくバンのテールライトを睨みながら、私はヘルメットの中から侮蔑的な言葉を発していた。

私が発したその言葉は、本当ならば私自身に対しても向けられるべきものであった。

にもかかわらず、私は夜の高速を走りながら、自分は悪くなかったのだと思い込もうとし始めた。

「私は走行車線を安全マージンを確保しながら、流れにあわせてただ走っていただけだ。」

「先に仕掛けたのはあいつだ。」

「手前の渋滞では、別の車に2度も無理な割り込みをされた。」

そして帰宅する頃には、すっかり自分の行動を正当化させてしまったのである。

一方でこのことはブログの記事には書けない不都合な事実だと認識もしていたのだから始末が悪い。

そう、私は帰宅するまでこのことをブログに書くつもりは全くなかったのだ。

しかし今日記事にした。

実はこの話には続きがある。

あの日、それでも晴れない気持ちで家に戻り、ライジャケをしまおうとハンガーを取り出したた瞬間、ハンガーが大きな音をたて2つに割れた。

「この次はハンガーでは済まないぞ。」

確かに私にはそう聞こえた。
IMG_20191222_145518.jpg
万一また同じようなことを繰り返したなら、その時には私はバイクをおります。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

それを宣言したくて、今回この不都合な事実を記事にしました。
関連記事

コメント

こんにちは♪

初めてコメントを入れさせて頂きます。

今回、コベ様の体験した状況は正にバイク乗りあるある話ですよね。

どちらが加害者で被害者になるのか?

正義は己にあっても正しくない行動というものは確かにあります。

かくいう私も、8年半前に大事故に繋がるような悪質な幅寄せをして抜き去ったワゴン車を、追いかけてドライバーを車内から引き摺り出して、路上での取っ組み合いにまで持ち越した事がありますが、正直、己は正義であると信じていても、第三者的には一般公道を塞いで喧嘩をしている愚か者の図でしかなく、とても後味の悪い思いをしました。

…まぁ、その事件がキッカケとなり、現在は月に1度程度しかバイクに乗らなくなりましたが…。

なにはともあれ、この度の一件、他人事とは思えずに、急ぎ勇み足で筆を取ってしまいました。

心中お察し致します。

Re: こんにちは♪

KOさん

こんにちは。

貴重な体験談をありがとうございます。

確かにそういうことの後というのは、どちらが善い悪いにかかわらず後味が悪くなってしまいますね。

私の場合も同じでした。

いずれにしろ、これからもお互い安全にバイクを楽しみましょう。

良いお年をお迎えくださいませ。




> 初めてコメントを入れさせて頂きます。
>
> 今回、コベ様の体験した状況は正にバイク乗りあるある話ですよね。
>
> どちらが加害者で被害者になるのか?
>
> 正義は己にあっても正しくない行動というものは確かにあります。
>
> かくいう私も、8年半前に大事故に繋がるような悪質な幅寄せをして抜き去ったワゴン車を、追いかけてドライバーを車内から引き摺り出して、路上での取っ組み合いにまで持ち越した事がありますが、正直、己は正義であると信じていても、第三者的には一般公道を塞いで喧嘩をしている愚か者の図でしかなく、とても後味の悪い思いをしました。
>
> …まぁ、その事件がキッカケとなり、現在は月に1度程度しかバイクに乗らなくなりましたが…。
>
> なにはともあれ、この度の一件、他人事とは思えずに、急ぎ勇み足で筆を取ってしまいました。
>
> 心中お察し致します。

そんな話 有ったよナァ~

こんにちは、初めまして。
いつもは 「その他」のジャンルでやっているのですが 今回 バイクジャンルを使って見ましての貴様との遭遇でして、まだ2ページしか読んでません。での コメント書き込みです。

顔だけ出して体を砂に埋め、衆がその顔に石を投げ付ける刑場で、有る人が言いました。
「自分の胸に手を当てて、(自分の)過去を振り返ってみて、それでも 自分には石を投げる資格が有る と 思った人は、遠慮容赦無く 石をぶっつけて下さい」 と。

その刑場から衆は誰も居なくなとか、ならなかったとか・・・・。


非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター