FC2ブログ

ライダーもキャンパーも皆ストロングスタイルを目指せ

「小説家になる夢を果たすことが出来なかったコベが、諦めきれない思いの丈をぶつけるようにしてブログの記事を書いている。」

これは某氏達が私をプロファイリングした結果だが、残念ながら外れている。

確かに若い頃小説家に憧れを抱いたことはあるが、成りたいと思ったことは無い。

小説を書いて飯が食えるような人種は、皆天才として生まれてくるのだ。

なりたいと思って努力すれば夢が適うという次元のものではない。
IMG_20191215_123237.jpg

さて、待ちに待った寒さ到来。
ソロキャンに行ってきた。
IMG_20191215_153656.jpg
キャンプブームの影響か、ここ最近は随分とソロキャンパーが増えた。

皆小ざっぱりしたアウトドアウェアに身を包み、テントの周りには豪華な装備を並べている。

私はと言えば相変わらずのストロングスタイル。
まず焼く。
IMG_20191215_171535.jpg

そして燃やして、飲む。
IMG_20191215_182809.jpg

小説家を目指すのだから、たくさんの本を読むべし。
IMG_20191215_215237.jpg
読書にふけっていると、頭上から何かが落ちてきて身体に当たる。

木の実か?

太もも、腕、肩と時間をおいて2度、3度と落ちてくる。

何かが当たった場所に目をやると、大きな染みが出来ているではないか。

その正体は鳥のフンだったのだ(画像は自主規制)。

しかし私のキャンプは、小ざっぱりしたキャンパーとは正反対のストロングスタイル。こんなことは気にも留めない。

ストロングスタイルキャンパーは、焼くものが無くなったら、ジーンズを焼く。
IMG_20191215_213952.jpg
流行のダメージジーンズに仕上がった。

ストロングスタイルは汚かったり、熱かったりしても、そういうスタイルだからと言い訳できるところが素晴らしいのだ。

そしてもう一つ特筆すべきは、少々才能に難があったとしても、思いを強く持ち続けさえすれば、誰もがストロングスタイルキャパーになることが出来るのだ。
IMG_20191216_095033.jpg
さて、ここまで書いておいて言い辛いのですが、告白します。

実は小ざっぱりしたソロキャンパーは、私の憧れのスタイルなのです。

そもそもソロキャンを始めた時から目指す先はそこでした。

にもかかわらず、この体たらくです。

どうやらこちらも小説家同様、天賦の才が無いとその高みには到底辿りつけないようですにほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

来週の記事は「ジーンズにパッチをあてたキャンパー」に確定しました(泣)
関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター