FC2ブログ

愛車メンテナンスの問題点と修正の方法

ツーリングから戻ると、カバーをかける前にバイク全体を一拭きすることを習慣にしている。

これはバイクを美しく保つ秘訣であると同時に、そうすることで愛車の異常にいち早く気づく機会を逃さないようにしているのだ。

但しその成果は?と問われれば、過去2回故障で愛車を不動にしてしまっているだけに、これまでのところは徒労に終わっていると言わざるを得ない。
IMG_20181224_150612 (1)

前回の台風でバイクが無残にも倒れてしまったことを反省し、今回の台風19号では、カバーを外し、愛車と水を一杯に入れたポリタンクとをつなぐという涙ぐましい対策をとってみた。

不安な一夜が明け、駐輪場に急いでみると、見事MT-09は前夜と同じ姿でそこに立っており、こころなしか愛車のフロントマスクが、ドヤ顔をしているかのように見えた。
IMG_20191012_082253.jpg
早速そんな愛車の汚れを落とし、チェーンに油を差して近所を一周した後、いつも通り愛車を一拭きしたのだが、ここで遂に愛車の異常をみつけてしまった。

フロントタイヤのブレーキ部分につながるケーブルを保護するカバー(下の写真の赤で囲ったパーツ)が外れ、フックだけでなんとかケーブルにぶら下がっている状態になっているではないか。
IMG_20190813_090610 (1)
パーツを手にとってじっくり見ても、破損した個所はどこにも無い。

パーツを元に戻そうと手ではめ込んでやると、仮留め程度にはなるが、グラグラといかにも不自然な状態だ。

急いでバイク屋に愛車を走らせ相談したところ、「ネジとパーツの間に入れるワッシャーが無くなっている」ということで、予備のワッシャーを取り付けてもらい一件落着となった(下はワッシャー取り付け後)。
IMG_20191013_13120002002.jpg
さて問題はワッシャーがなぜ無くなったのか?

その構造上、ワッシャーだけが勝手にどこかへ飛んでいくことはあり得ない。

もちろんメカに疎い私がこんなところのワッシャーを触るはずもない。

ワッシャーを取り付けてくれたバイク屋さんで夏に車検を受けたのだが、このパーツを外すような作業は含まれていなかったということだった。

これで答えが出た。

今年3月に某大手バイク用品店でフロントタイヤを交換したのだ。

3月から10月まで、何度も愛車をこの手で触って異常がないか確認してきた結果がこの様だ。

しかし反省だけでは成長は望めない。

プロのアスリート同様、敗戦から問題点を見つけ出し、修正をしていくのだ。

これまでは乾いた布で愛車を一拭きがツーリング後のルーティーンだったが、これからは軍手をはめたその手で直接各所を触りながら愛車を拭き上げてやる。

名医と呼ばれる医者が触診だけで病名を言い当てるように、いつの日か私は自分の手でバイクの異常を探し当てられるゴッドハンドを手に入れるのだ。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

さて某大手バイク用品店には、どのように落とし前をつけてもらいましょうか。

小心者の私が出来ることは限られますが、とても危険なミスだと思いますので、勇気を振り絞って注意の促す程度のメールは送りたいと思います。
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

えすさん

コメントありがとうございます。
ぜひこれからも変なこと言っているなと思ったら、遠慮せずに教えてやってください。

タイヤ交換でもあそこのカバーは外さない可能性が高いのですね。バイク屋さんがタイヤ交換の際を疑っていたので信じ切ってしまいました。いずれにしろ某チェーン店にはクレームではなく質問というニュアンスでメールを送ってみたいと思います。

あと危険と感じたのは、あの部品が外れてそれを後輪が踏んでバランスを崩して・・・と考えたのですが、考え過ぎですかねwww

> 書こうか迷いましたが…メーターケーブルのカバーですね
> ミスがあればクレームされてしかるべきです。ただ、MTの構造に詳しくないので確信はないですが普通タイヤ交換でそこには触らないような気がするのと、あとは大変危険と言う程でも無いかな…という気もしないでもないです。
非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター