FC2ブログ

神秘を探究するツーリング

バイクを乗り回し愛してきた私だが、メカについてはとても疎い。

5月に発症したセルが急に作動しなくなる事案は、バイク屋に持ち込んでも再現しない状態が続いた後、遂にお盆の信州ツーリングで頻発するようになった。

何もせずに2回目のセルでエンジンがかかることもあれば、ギアを変えてみたり、クラッチを握ったり放したり、しばらく試行錯誤した後のセルで目覚めることもあり一筋縄ではいかない。
DSC06092.jpg
そんな信州ツーリングの帰路、中央高速道路上の走りは耐久試験のように過酷だった。

雨粒が痛いほどの豪雨を通過したかと思えば、今度はオゾン層の破壊を実感できるような強烈な日差しが頭上から降り注ぐ。

そして一息つく暇もなく再び豪雨、かと思えば強烈な日差し、更に豪雨、日差しと、これを東に移動しながら何度も繰り返すのだ。

揚げ物を作るためのベルトコンベアーに乗せられたかのような状態に辟易としなが、何とかサービスエリアに滑り込んだ。

ご存知の通りお盆のサービスエリアには、ライダー一人とて落ち着けるスペースは無い。

休憩もそこそこに生乾きのウェアに袖を通し、前世での悪事を呪いつつ湿感たっぷりのヘルメットを被る。

そしてこんな時にはやはりセルを押してもバイクは反応してくれない。

いつも通り試行錯誤を試みるのだが、今度ばかりは何をやってもバイクが全く反応しない。

「遂に運も尽きたか」

豪雨と灼熱にやられ、泥を纏ったような身体に追い打ちをかけるように嫌な汗が流れる。

そんな時私の隣にトリコロールカラーのCBR600RRがやってきた。

カリカリのスポーツモデルに跨るのは、その華奢な体つきから女性だとすぐわかった。

バイクを停めてから下りるまでの立ち居振る舞いで、彼女がこのバイクをかなり乗り込んでいることも想像できた。

彼女はプロテクター入りのバイクウェアを脱ぎ、かわりに取り出したお洒落なキャップとカットソーを羽織り、あっという間に今時の女性に変身してしまった。

その颯爽とした姿に見とれていると、湿った汗の匂いで包まれていた私に向かって、彼女の方から麗らかな春の日を思わせるような香りが漂ってきた。

思わず私が深呼吸したその時である、MT-09がヴォンという咆哮とともに目を覚ましたのは。
DSC06095 (1)
お蔭様でというべきか、その後から本日に至るまで症状はまた身を潜めてしまった。

メカに疎い私ゆえ、症状の原因については知る由もないが、あの時MT-09は彼女から発せられた香りによって、目覚めたのではないかと本気で考えてしまう。

それにしても不可解なのは、過酷な環境を走り続けてきたはずの彼女が、どのようにしてあの春の香りを発していたのかという事である。

バイクと同じように女性を愛してきた私だが、深まるのは女性への謎ばかり、そんなひと夏だった。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
関連記事

コメント

これまた秀作!

今作はかなりイケてます!素晴らしいです!

Re: これまた秀作!

barさん

ありがとうございます。恐縮です。
エロくならないように書くのに必死でしたw

> 今作はかなりイケてます!素晴らしいです!

素敵としか言えねぇ

まるで小説を読んでいるが如く引き込まれました。ボクもそんなお姉さんに逢ってみたいぞ。コベ兄は小説家だな❗

Re: 素敵としか言えねぇ

ベシャメル。。。中略。。。コYさん


あざす!おほめいただきうれしいっす。

小説ならお姉さんとそのあと急接近みたいな展開が期待できますが、現実は厳しいっす!


> まるで小説を読んでいるが如く引き込まれました。ボクもそんなお姉さんに逢ってみたいぞ。コベ兄は小説家だな❗
非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター