FC2ブログ

雄弁なバイクと無口なバイク

車検の代車はホンダの大ヒットスクータ、PCX125だった。

公道でスクータを走らせるのは30年ぶり。

ニーグリップ不要のポジションゆえ、最初は腰をどこに下ろせばいいのかと戸惑ったが、すぐに「細かいことは考えずに自由に乗ればいいのだよ」というメッセージをPCXから受け取った。

ニーグリップやギアチェンジからの解放感が、異質の楽しさをもたらせてくれる乗り物だということを理解することができたのだ。

つい先日CRF250Lへの愛を語り、今度はPCⅩ125。

「これは年齢にあわせたダウンサイジングか?」
IMG_20190414_091556.jpg
確かにそういうお年頃に差し掛かりつつあることは否めないが、何よりこの2台は「排気量やジャンルに関係なく、バイクは楽しい」という当たり前のことを私に教えてくれた。

もう一つ、PCⅩのウインカースイッチについても語りたい。

このスイッチの感触は秀逸だった。

ウインカースイッチを左右に弾く、押す、その瞬間に毎回PCXが「今、スイッチを操作しましたね」と私の左親指に語りかけてくるのだ。

このPCXからのメッセージが嬉しくて、曲がる必要のない交差点を曲がってしまったぐらいだ。
IMG_20190630_142136.jpg
代車を返し、MT-09に跨った。

PCXのようなお手軽感は全く無く、まるで暴れ馬の上にいるようだが、その鼻息の粗さこそ、このバイクの大きな魅力の一つだ。

しかしウインカースイッチを操作したところで、MT-09は何も応えてくれない。

そして私の左親指は行き場を失う。

チープなウインカースイッチは、ライダーに徒労感をもたらすことをメーカは学んだ方がいい。

おそらくメーカの言い分はこうだ。

そもそもMT-09は、ウインカーが必要となるようなチマチマとしたフィールドを走るバイクではないのだよ。

無口で無骨な我が愛車との6年目の付き合いがスタートした。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
DSC06057 (1)
関連記事

コメント

スイッチの感触

やはりその辺は「ホンダクオリティ」を感じますね。本田宗一郎の魂なんでしょう❗

Re: スイッチの感触

コYさん

お名前がすごいことになってますねw
なんか嬉しい😃

日本男児たるもの一度はホンダ車を保有しなければと思いつつ、やはり先にスズキいっとく?てな感じです

> やはりその辺は「ホンダクオリティ」を感じますね。本田宗一郎の魂なんでしょう❗こ
非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター