FC2ブログ

求道ライダーの振る舞い

週末を過ごしたキャンプ場で、このブログの読者だという方から「今回はどんなネタを書くんですか?」と話しかけられた。

このブログを評して「ネタ」とは何事か。

どうもBモードの達人の文学的価値を理解しておられないようだ。

さて、この週末は、これまで何度かご紹介したバイク系インターネットラジオ「ブーバイク」のキャンプイベント(通称:ブー富士)に参加した。
IMG_20190525_105919.jpg

ほぼ毎年開催されてきたこのイベントへの参加を重ねる中で、私は「早撤」の地位を築いてきた。

「早徹」とはテントで一夜を過ごした翌朝、誰よりも早く撤収を終え、いの一番でキャンプ場を立ち去る者だけに与えられる称号だ。

早徹なるもの、目覚ましの類を使うのは邪道。そして出発を急ぐからといって、朝食を抜く等は論外だ。

鳥のさえずりで目を覚まし、しっかりと朝食をとった後はお茶をたしなむ。そして身体をほぐしがてらキャンプ道具をバイクに積み込み、仲間が寝ぼけ眼でテントから顔を出すタイミングを見計らって、ボンとエンジンンに火を入れるというのが、早徹の神髄である。
IMG_20190526_054327.jpg

ところが今回、そんな早徹道を極めてきた私の座を脅かす輩が現れた。

残念なことに、私がテントをたたみ始めた頃、彼は既にすべてを終え、ヘルメットとグローブを身に着けていたのだ。

早徹の座も遂にここまでか。

そんな私の思いを神が聞き入れたのか、彼のバイクのセルが回らない。どうやらバッテリー切れのようだ。

思わぬところで起死回生のチャンスが転がり込んできた。

しかし旧車を操る彼に抜かりはなかった。シートにくくりつけられたバッグに手を伸ばすや、ブースターケーブルを取り出したのだ。

本来なら絶体絶命だったはずの事態を、彼は数分のロスだけで乗り切った。

不本意ながら、遂に笑顔で彼を見送る立場に回ることになってしまったのだが、荒れたフィールドが私に味方して、彼が立ちごけすることに最後の望みをかけた。

しかし愛車にまたがった彼は、ヘルメットを上下に揺らしながら、小さくなっていった。
IMG_20190526_050402.jpg

以上が朝もやの中で起こった王座からの転落劇だったのだが、我こそは早徹なりという読者がいらっしゃったら、ブーバイクを聴いたうえで、ブーイベントに参加して欲しい。

今やバイク系インターネットラジオ最大のオカルト派閥になったブーバイクが、きっとあなたを優しく迎え入れるだろう。

そして王座奪還を虎視眈々と狙うこの私と、早徹の雌雄を決しようではないか。
IMG_20190525_150203.jpg
今回のネタは如何でしたでしょうか。ネタがイマイチな時ほど写真が多くなるなどという感想は、どうかあなたの心の中だけに留めておいていただきたい。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター