FC2ブログ

首都高の魅力とリスク

首都高でのライディングは危険と隣り合わせだ。
交通量の多い曲がりくねった道はアップダウンを繰り返し、分岐と合流が唐突に現れる。


にもかかわらず、この制限速度60キロの有料道路を走るダブヨンは結構楽しい。

ダブヨンのローパワーと首都高の窮屈な環境がちょうどマッチするのか、
比較的交通量の少ない早朝などは空中散歩をしているかのような浮遊感を味わえたりする。

ただ冒頭にも書いたように首都高の走りは危険と隣り合わせだ。
データにもそれははっきりとあらわれていて、首都高速道路㈱調べによると、

首都高での二輪車の利用台数は全体の0.4%であるのに対して交通事故は2%になり、
今年度の死亡事故9件のうち二輪事故は5件にものぼるそうだ。

首都高の走りは楽しい、自分ももし若ければ休日前の夜には環状路を延々と走り続けていたかもしれない。
オートバイの運転は自制心とのたたかいだ。今一度肝に銘じてオートバイを楽しもう。
z34090330.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター