想像力が欠如したライダー

「滴り落ちた汗で出来た水たまりのせいで、近寄ってきた人が足を滑らせる」

冒頭のシーンは、あるプロレスラーのスクワットトレーニングでの逸話だが、これを聞いたとき、レスラーというものは物凄いトレーニング量だなと驚いたものだ

しかし良く考えてみれば、摩擦係数の少ないトレーニングルームの床面であれば、少々の水であってもたやすく人がバランスを崩すことは容易に想像できる(無論レスラーのトレーニング量を疑う気持ちはないが)

そして今回の西日本全域を襲った集中豪雨
もはや人知を超えた自然の脅威だ

水はいとも簡単に人の命を奪っていく
人間の力で抗えること等、そこにはない

ツーリング中、豪雨を予感させる雲に向かって走るとき、不安な気持ちとは裏腹に何かを期待するワクワクした思いが同時に湧き上がる

私はなんと浅はかで、はた迷惑なライダーなのだろうか

被災者の方々が、一日でも早く安心して夜を過ごせますように
DSC04232.jpg 
関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

ももとち

Author:ももとち
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

最近の記事

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム