FC2ブログ

速いライダーになるために

『人間は考える葦である』
だから漠然とではなく、思考を働かせながらバイクにも向き合う必要がある

ツーリングライダーが、仲間の中の一人を表してこう言う
「あいつは速い」

この時の「速い」は当然ポジティブな意味だし、「速い」とされたライダーは仲間から一目置かれている存在に違いない

バイク乗りにとって「速い」は他者からの尊敬を勝ち取るためのキーワードだ

しかし「速い」の意味をはき違えて.公道で限界までブレーキを我慢してカーブに突っ込んでいくというのは思慮がなさすぎる

速いライダーとは、突発的なアクシデントに対処できる安全マージンを確保した上で、他人より速いライダーのことをいう

私が若かった頃、私も含め仲間の多くがバイクに憧れを持っていた
誰も「速い」の本当の意味を考えず、若者が「速い」に幻想を抱いていた時代だ

ここ数年ツーリング先で若い世代のライダーが目立つようになってきた
走りを見れば分かるが、彼らの殆どは「速い」の意味を理解し実践している

一方、社会において模範を示すべき世代はどうだろうか

若い頃の「速い」に対する短絡的な価値観のまま思考が止まってしまっているのだとしたら、それはもう老害になりつつある証だ

かつて「速い」に幻想を抱いて散っていった仲間のためにも、今一度「速い」について、「バイク」について考えてみよう
DSC02875.jpg 
関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

ももとち

Author:ももとち
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

最近の記事

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム