バイク旅を100倍楽しくする方法(東北キャンプツーリング)

秋田市郊外、桜がきれいに咲く公園でのこと

私のバイクをみたおじいさんから
「随分遠くから来たね」と声をかけられた
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

バイクで旅をしていると、声をかけるのも
かけられるのも気軽である

だからバイク旅は楽しい

おじいさんは秋田訛りが強く
聞き取るのには集中力を要するが
私の長旅の労をねぎらってくださっていることは分かる

おじいさんが本格的な三脚を抱えていたので
「今日は桜の写真を撮りに来られたのですか?」
と尋ねてみた

おじいさんの答えは、こうだ
「※%&☆▲?!$○×□#」

聞き取れない

一言も判別できないので、聞き返すことすらできない

少々焦りはしたが、私はとても嬉しかった
こんなにも強い訛りを、生まれて初めて聞くことが出来たのだから

私はその後も、おじいさんとの会話を楽しく続けながら
本当に遠くまで来たことを実感した

逆説的ではあるが、バイク旅の喜びを大きくするのは
「いかにバイクで走らない時間を増やすか」
ということなのだろうと思う
DSC05142 (1) 

DSC05254 (1) 

関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

ももとち

Author:ももとち
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

最近の記事

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム