FC2ブログ

ライダーと良好な関係を構築する方法

世の中、穏やかに事を運ぶためには

「共感」が大事だ


例えばパチンコを趣味にする人に対して

ギャンブルの無意味さを説いても、

互いの関係が殺伐とするだけだ


そこはやはり


「大当たりの興奮は狩猟本能を目覚めさせますよね」


等と調子を合わせてやれば

物事は良い方向に動き出すはずだ


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


ところが相手がライダーになってくると

いささか事情が違ってくる


結論を先に言おう


ライダーに対峙する時、

大切なのは「共感」ではなく「否定」である


あなたの周りにツーリング好きのライダーがいたなら

こう投げかけてみよう


①「1日中バイクで走って何が楽しいの」


更に、キャンパーなら


②「バイクだと満足な装備は積めないでしょう」


そして、ソロキャンプ好きなら


③「現地で暇を持て余すでしょう」


冬キャンプ好きなら


④「寒くて辛いだけでしょう」


これらの問いかけには

批判めいたニュアンスが多分に含まれている


しかしライダーなら、これら批判めいた問いかけを

喜んで打ち返してくれるはずだ


ライダーは「否定」を誉め言葉に脳内変換できる

特殊能力の持ち主なのだ

DSC04987 (1)



さて、前述の問いかけだが

最後にライダー側からの模範回答を記しておこう


①「1日中バイクで走って、何が楽しいの」


Ans. 「バイクで走ること、それ自体がエンターテイメントなのさ」



②「バイクだと満足な装備は積めないでしょう」


Ans. 「不便を楽しむ、それこそ真のキャンパーなのさ」



③「現地で暇を持て余すでしょう」


Ans. 「焚き火とウイスキー、それさえあれば贅沢な時を過ごせるのさ」



④「寒くて辛いだけでしょう」


この投げかけに対して「この前のキャンプなんて、氷点下4℃だったよ」と

のたまうライダーにはこう言ってやりましょう


「好きでキャンプに行ってんだろ、知らんがな」

DSC03882 (1)

関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター