FC2ブログ

日帰り湯を判断するお客の目

キャンプツーに行くようになり
ツーリングの楽しみの一つに「日帰り湯で疲れをいやすこと」が加わった。
景色のよい露天風呂なんかがあるに越したことはないけれど
特にこだわりはないので毎回キャンプ場から最も近い日帰り湯を利用している。

前回いった日帰り湯は観光地の立ち寄り湯のような形で
エントランスも新しく清潔感があって最初は好印象だった。


ところが脱衣場の狭さは圧巻だった。

狭い脱衣場に壁には小さロッカーが組み込まれており、
脱衣場は戦場のごとく混み合ってオチオチ着替えも出来はしない。

お風呂自体は広くのんびりできたのに明らかに脱衣場と浴場のキャパのミスマッチが起こっていた。

こういうリラックスを提供する施設では
混雑している時間帯は一時入場制限してでも本当のリラックスを提供してほしいものだ。

そのために値段が高くなっても仕方がないと思う。

せめてフロントで「脱衣場は多少混み合っておりますがよろしいでしょうか」ぐらいの情報提供が欲しかった。
これではいくら安くても二度と利用はしない。

お客の目は厳しいのだ。
onsen_img_b01.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター