FC2ブログ

聖地巡礼の道東めぐり

北海道では天候に全く恵まれなかった


しかし今回道東を目指すにあたり

私は必ずしも晴天を望んでいなかった

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


今回私が道東を目指すきっかけは

道東が舞台となっている小説

「海霧(ジリ)」(加賀乙彦著)を読んだからだ


この本では、霧が頻繁に発生し、夏でも気温が上がらない道東の風景が

そこに広がる湿原やとともに丁寧に描かれている


季節は夏でも夏を感じない道東


言葉では理解するが、実感がわかない

だからそんな道東を実際にみてみたかった


いざ聖地巡礼


羅臼、尾岱沼、風蓮湖

更に北太平洋沿いに出て

幌戸、長沼、厚岸


道中には、地図に名前が掲載されているだけでも

ヤウシュベツ、フレシマ、キリタップといった湿原が広がる


まさに小説「海霧」の世界を堪能した


おかげでカッパを乾かす暇がなかったが


おかげで北方領土をみることもできなかったが


おかげで青い海も、きらめく星空もみることはなかったが


強がりはもうよそう


次に行くときは

満天の星空のもと、一夜を過ごしたいし

羅臼岳を臨みながら、知床峠を縫うように走りたいし

快晴の北太平洋をバックに、牧草地を駆け上がりたいんだ



幌戸近くの湿原にて

目の前の水を飲むことも無く、たたずむ馬

DSC04407.jpg


物思いにふけるような馬の姿が印象的だった

DSC04413.jpg



ダートを走ってたどりついたフレシマ湿原

1時間ほど滞在したが、私以外、誰一人やってこなかった

DSC04388.jpg


DSC04355.jpg



8月なのに12℃、しかも雨とは

嗚呼、聖地巡礼の厳しさよ

DSC04326.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター