FC2ブログ

東北キャンプツーリング(グルメから得られる教訓)

先日も書いたが、私は混雑と行列が大嫌いだ


初日、キャンプ場に入る前に

近くの温泉街で昼食をとることに


温泉街といっても規模は小さい

どんな店を選ぼうが、行列はないはずだ


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


ところが温泉街に到着したのが早すぎて

まだどの店も開いていない


そこでまずお店だけを選んで、テント設営後に

再び温泉街に戻って昼食をとることにした


温泉街を一回りして

選んだのは老舗と銘打つ「ソースカツ丼」のお店


テントを設営し、腹ペコな状態で温泉街に戻ったところ

「ソースカツ丼」のお店は既に行列ができている


こんな田舎(失礼)でも行列か。。。


急遽予定を変更して、真向いにある

行列の無い喫茶店でスパゲティを食べることに


さてこの喫茶店には地元のかたと思われる

先客の女性が2人いた


大きな声でおしゃべりされているのだが

訛りが強すぎて、内容が聞き取れない


しかし一つだけ聞き取れた会話がある


「なんであんな店に人が集まるかねぇ」

「人が並んでるのをみると、つい食べてみたくなるということかねぇ」

「たいして美味くもないのにねぇ」


そう、「"行列のできる店"="名店"とは限らない」

ということを人々は学ばなければならないのである

DSC03519.jpg

ちなみに喫茶店の方だが、オルゴールメロディが流れるという

まさに80年代ペンション風のメルヘンな雰囲気の喫茶店


このセンスについてはあえて語るまい


行列に並ばないだけでも有難いし

スパゲティとサラダはなかなかのボリュームで美味しかった


行列に並ぶ時間があるならば

気持ちのいい道を少しでも長く走っていたいのだ

DSC03662.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター