FC2ブログ

ダブヨンの排気音の功罪

ダブヨンの排気音がカブとそっくりだということを昨日書いた。
正直、購入当初はこの排気音に拍子抜けした。
ハーレーとまではいかないまでも
オートバイの排気音といえば「重低音で響き渡る」的なものを期待していたからだ。

勇ましい排気音を求めてマフラー交換を検討したこともあったけれど
結局今も純正のまま、ただ今はこれでよかったと思っている。

その理由は私のツーリングスタイルにある。
私のツーリングは渋滞を避けるためとにかく朝が早い。

ダブヨンはキャブ車なので暖機運転は必須だが、
早朝、隣近所を気にしながらの暖機運転でカブのような排気音は非常に助かる。

早朝のダブヨンの排気音を聞いた近隣住民はきっと

「煩いバイクが朝っぱらからエンジンをかけているな」とは思わずに、
「あぁ新聞配達の人が来たんだな」と思ってくれるはずだ。

ただ高速SA等で昔のWシリーズの面影を感じてダブヨンに興味を持ってくれる年配の男性の前でエンジンをかけるときだけは気が引ける。

というか勇ましい音を期待してくれている人をがっかりさせたくないので、
そういった人達が立ち去るまでエンジンをかけることができない。

何事も一長一短だな。
IMG_0613.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター