FC2ブログ

満男 VT250スパーダを駆る

映画「男はつらいよ」シリーズは、
若いころから大好きで、テレビ放送があると必ず観ていた。
>>>>>>>>>>>>>>>>

一般的に寅さんを愛する世代よりは、かなり若い世代になるため
友人にこの話をすると、必ず変な目でみられた。

そんな私が、唯一映画館でみた寅さんが、
シリーズ第42作「男はつらいよ ぼくの伯父さん」だ。

もう、25年前の映画になるが、当時の私の感想は、
寅さんよりも、寅さんの甥、満男(吉岡秀隆)に焦点があたるストーリーにガッカリした記憶がある。

先日の土曜日、その「男はつらいよ ぼくの伯父さん」をテレビで25年ぶりに観た。

浪人中の満男が、恋焦がれる後輩の女子高生(後藤久美子さん演じる泉)に会うため、
VT250スパーダを駆って東京の柴又から佐賀県まで旅をする。
寅さんが満男に恋の指南しつつ、二人の恋の行方を優しく見守る、というストーリー。

結論。
人の感受性が変わるのに、25年という時間は十分だったようだ。
なぜ、25年前の私がこのストーリーを受け入れられなかったのか。

多分、満男とあまりにも世代が近すぎて、
後藤久美子と急接近する吉岡秀隆にヤキモチを焼いたんだろう。

恋人に会うために、寝袋をシートに括り付けて、
東京から佐賀まで、ひたすらバイクで走り続ける。

25年前の私だったら、きっと同じ事が出来たはず(かな?)
imagesVU6J5T3T.jpg

imagesF0M9XBCW.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター