FC2ブログ

ライディングにおける怒りの閾値

先日の房総ツーでの出来事。

道幅の狭い峠道、こういう道は意外とダブヨンで走ると楽しいのだけれど、
そんな道で遅い軽自動車の後ろについてしまった。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

こういう時、ダブヨンは、無理にぬき去るほどにはパワーが無いので、
さっさと諦め、ノンビリと景色をみながら走ることに決めた。

先を行く軽自動車がブラインドになる左コーナーを曲がり、
ダブヨンも続いた。

そしてダブヨンの方もカーブを曲がり、次の直線への視界が開き始めたその時、
あろうことか、例の軽自動車がUターンを始めているではないか。

幸いノンビリモードで走っていたので、
軽自動車にダブヨンボディーブローをくらわす事態にはならずに済んだ。

恐怖を感じた次の瞬間、怒りの感情が湧きあがった。
ブラインドコーナーの出口でUターンをするとは、正気の沙汰とは思えない!

いや、いや冷静に。
交通標語にもあるよな
『カッとする 心の動きが 事故のもと』

わかっちゃいるけど、あれはないよなー。
IMG_2782.jpg


関連記事

コメント

ひゃっ、としましたね。
ご無事でなによりでした。ところで、MT-09
知り合いの見せて頂きました。なんでもまだ、
皆には内緒だそうで、驚かせるようです。
新車はやっぱり良いですよね。

Re: タイトルなし

風まかせさん

走っていると予想外のことが色々とありますね。
「かもしれない運転」が大事ですね。

MT-09の納車、いつになる事やら(泣)



> ひゃっ、としましたね。
> ご無事でなによりでした。ところで、MT-09
> 知り合いの見せて頂きました。なんでもまだ、
> 皆には内緒だそうで、驚かせるようです。
> 新車はやっぱり良いですよね。
非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター