FC2ブログ

GW キャンプ場の朝に鳴り響いたものは

先日のキャンプツーは2日目の朝が、ちょうど4連休の初日にあたった。

いつもながらキャンプの朝は早く、7時前には散歩と朝食をすませ、
コーヒー&読書タイムとなっていた。
>>>>>>>>>>>>>>>>>

静かな朝を過ごしたのち、撤収の準備を始めようとしたその時、
何台もの車のエンジン音がキャンプ場内に鳴り響いた。

それは、キャンプ場に向かう車列から発せられていた。

このキャンプ場は予約受付不要のサイトであるため
GW初日の朝一番に場所取りを目指した人達が、一気に押し寄せてきたようだ。

昨夜の時点でサイトの多くは埋まっており、スペースをめぐって
壮絶な争奪戦が繰り広げられることは明らかだった。

結局、撤収の準備を始めようとしていた私のところにも、
「もう、撤収されますか?」と7時30分に到着したというファミキャンのお父さんから声がかかった。

自慢ではないが、私の撤収は時間がかかる事に定評がある。

ダンドリが悪いということもあるが、別に仕事でも競技でもないのだし、
ましてや、折角のソロキャンプ、撤収だって気ままにノンビリとやりたいからだ。

もちろん、「急がなくて結構ですから」とも声をかけられたのだが、そこは無言のプレッシャーもあり、
最後は流儀に反する急ピッチでの撤収となった。

正直、「なんでこんなに、自分が焦らなきゃならないんだ」とも思ったが
最後に、ファミリーの、耳にピアスをした中学生と思しき長男坊(と思われる少年)から、
「どうも、ありがとうございました!」と礼儀正しく、お礼を言われて、結局気分よく撤収、退場となった。
IMG_2721.jpg

キャンプ場の看板犬のライムちゃん、4歳。大人しくてともて可愛かった。
ダブヨンに載せて帰りたかった。
IMG_2700.jpg







関連記事

コメント

非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター