FC2ブログ

人生の後半は焚火のように

先週のキャンプツーでは焚火の前で
音楽を聴きながら4時間近くも座っていた。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

最初、火がなかなか安定しなくて、
焚き木を加えたり薪の位置を工夫したり結構手間がかかった。

でもしばらくすると火は安定期をむかえて、
ほぼフリーメンテに近い状態で、焚き木がなくなるまで静かに燃え続けた。

そんな焚火をみながら、
「人生もこんな風に最後は静かに、でもしぶとく燃え続けたいな。」
なんてことを考えた。

キャンプファイアー!というノリにはもう戻れないな。
IMG_2320.jpg
関連記事

コメント

ひとりで焚き火を見つめている時間は自分と向き合えるいい機会なのかもしれないですね。
とても贅沢ないい時間だとつくづく思います。

Re: タイトルなし

ししざるさん

こんばんわ。

焚き火には不思議な力がありますね。
「1/fの揺らぎ」の法則というらしいですが、小難しい理屈は抜きにして焚き火にはまってしまいました。

> ひとりで焚き火を見つめている時間は自分と向き合えるいい機会なのかもしれないですね。
> とても贅沢ないい時間だとつくづく思います。
非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター