FC2ブログ

すり抜けをする勇気・しない勇気

渋滞でのすり抜けはなるべく避けたい。

ゆえにツーリングプランは早朝出発、
夕方になるまえに帰宅することが前提となる。
>>>>>>>>>>>>>>>>

先週の富士山周回ツーリングでも昼には上りの東名高速に乗り復路についていた。

事前に調べた当日の上りの東名高速の渋滞予測は
17時から横浜町田を先頭に13kmの渋滞ということだった。

昼に御殿場ICに入ったので余裕で渋滞発生前に首都高へ抜けられるはずだった。
ところが実際には渋滞予測が外れ、13kmの渋滞にダブヨンで突っ込むこととなった。

13kmの渋滞通過に50分かかるとの道路標示をみて
嫌々ながらすり抜けで渋滞を通過した。

結局、その後は首都高も順調で予定の15時より早く自宅に到着した。

帰宅してパソコンを立ち上げると
その日の朝9時に下り東名高速ですり抜け中のバイクが横転しライダー死亡の記事が。

安全マージンがほとんどないすり抜け行為。
時間の節約のための行為は命を賭するに値するか。

自分でもまだ答えは出せていない。
IMG_2148.jpg
IMG_2178.jpg
関連記事

コメント

ライダーの立場からすればすり抜けしてさっさと先に進みたい。
ドライバーの立場からすれば突然視界に現れるすり抜けくらい怖いものはない。事故が起きて当然の状況。

渋滞時に我が物顔でたいして減速もしないでクルマとクルマの間に次々と突入して行くバイクたちを見るのもあまり気持ちのいいものでは無いですね。。
いつも渋滞でクルマと一緒に止まりながらそんなバイクたちを眺めています。

渋滞を愉しむくらいの気持ちで乗るようにしてます。。

Re: タイトルなし

いしざるさん

目の覚めるようなコメントありがとうございます。
確かにおっしゃる通り。

渋滞路は低速バランスゲームと思って楽しむぐらいの気持ちでやり過ごすようにします!
やっぱり無駄なリスクは冒すべきじゃありませんね。

> ライダーの立場からすればすり抜けしてさっさと先に進みたい。
> ドライバーの立場からすれば突然視界に現れるすり抜けくらい怖いものはない。事故が起きて当然の状況。
>
> 渋滞時に我が物顔でたいして減速もしないでクルマとクルマの間に次々と突入して行くバイクたちを見るのもあまり気持ちのいいものでは無いですね。。
> いつも渋滞でクルマと一緒に止まりながらそんなバイクたちを眺めています。
>
> 渋滞を愉しむくらいの気持ちで乗るようにしてます。。
非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター