FC2ブログ

ダブヨンの魅力では補えないもの

BIKE JIN秋祭りでCBR250RとCBR400Rに試乗した。
どんなバイクでもそうなのだが、試乗してまず感じることは「ダブヨンよりずっと速い」だ。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

そして今回もまた同じ感想をもった。
2台ともダブヨンよりずっとずっと速かった。

もちろんダブヨンの走りには独特の味わいの深さがあるわけで
速さだけを捉えてそれぞれの優劣をつけることは出来ない。

ただ今回は試乗のあと少し考えた。

バイクというマシンそのものの魅力は加速やスピードにあることに疑う余地はない。
公道で模範的なライディングをする人であっても、その魅力は認めざるをえないだろう。

一方、ダブヨンはというと味わいの深さという点を追求するあまり大事な部分を割り切りすぎていないか。

このままダブヨンに乗り続ける、それも楽しいオートバイライフになるだろう。
しかしそれだけではオートバイとの関わり合いに対してあまりにも消極的すぎないだろうか。

そんな事を考えながら秋の夜長はふけていく。
K0000105811.jpg
pic-styling03.jpg


関連記事

コメント

確かに。
味わいと取るか、不足と取るか。
難しいところですよね。

作家の山川健一氏がオートバイ小説を書いていた頃に
「オートバイの加速感は麻薬の様なものだ」
と書いていましたが全くその通り。

但し、別の小説で、
気に入ったバイクには気に入ったなりの性能が与えられている旨も書いていました。

多数台保有するのは難しい(実際、私も厳しいけど)ので、気に入ったバイクがあれば長く保有するのは悪くないことだと思いますよ。

そうですねぇ
加速、スピードとは魅力的ですが
味わいってのも捨てがたい・・・

いろいろ乗ってみるしかないのか?
なかなか決め難いものですね

Re: タイトルなし

ししざるさん

結局ダブヨンに乗るとすべて解決するんですけどね。


> 確かに。
> 味わいと取るか、不足と取るか。
> 難しいところですよね。

Re: タイトルなし

なるかみづきさん

確かにおっしゃる通りですね。
複数台所有ができなけらば、やはり気に入ったバイクをとことん乗り倒すが一番いいかもしれませんね。


> 作家の山川健一氏がオートバイ小説を書いていた頃に
> 「オートバイの加速感は麻薬の様なものだ」
> と書いていましたが全くその通り。
>
> 但し、別の小説で、
> 気に入ったバイクには気に入ったなりの性能が与えられている旨も書いていました。
>
> 多数台保有するのは難しい(実際、私も厳しいけど)ので、気に入ったバイクがあれば長く保有するのは悪くないことだと思いますよ。

Re: タイトルなし

親方ちゃんさん

免許をとったころはエンジンがついた二輪だったら何でもいいという感じだったのですがバイクというのは奥が深いですね。


> そうですねぇ
> 加速、スピードとは魅力的ですが
> 味わいってのも捨てがたい・・・
>
> いろいろ乗ってみるしかないのか?
> なかなか決め難いものですね
非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター