FC2ブログ

オートバイを駆るよろこび

バイクの免許をとろうとしていた頃、
自分の中でイメージしていたオートバイライフは
格好いいウェアに身をつつみ、街から街へ優雅にオートバイを流すというものだった。
>>>>>>>>>>>>>>>>

そんなイメージにピッタリだったダブヨンを購入して始まったオートバイライフだったが
最初は交通の流れにのるのもおっかなびっくり、右折すら恐いので
ひたすら国道をまっすぐ走って、適当なところで折り返し、またまっすぐ走って帰ってくる
そんなことを毎週末繰り返していた。

そんな国道直線ツーリングも次第に距離が伸び行動範囲も街中から郊外へと広がっていった頃、
初めてワインディングと呼べる道に入り込んだ。

右に左にダブヨンを傾けなければならないワインディングに不安もあったが
それでもこの先の景色を見たいというおもいが強くダブヨンを前に進めていき
何度目かのカーブを曲がったとき

風の柔らかさ冷たさ、匂い、そして視覚、
それら全ての変化が瞬間的にダブヨンの向こうから飛び込んできた。

たったそれだけのことだったが、
この経験がきっかけとなって私のオートバイライフの方向性は決まってしまった。

それは免許を取る前のオートバイによせる思いとは全く違ったものになってしまったけれど
「あの時のような感覚をまた味わいたい。」
あれから3年以上たった今でもそんなことを考えながらダブヨンに乗っている。
IMG_0875.jpg
関連記事

コメント

五感全てに訴えかける乗り物とでもいいましょうか。
車とはまた違う、とても一体感のある乗り物。

うーん、乗り物?
ただの乗り物じゃないって感じ しますよね。。

Re: タイトルなし

ししざるさん

こんばんわ。

五感に飛び込んでくる情報量が車とは全く違いますよね。
確かに乗り物以上の存在ですね。
非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター