FC2ブログ

亡骸とともに走ったツーリングの日々

花粉の飛散攻撃を受けた先週のツーリングに懲りて
今週末は晴天の空を恨めしく思いながらインドアに徹した。
>>>>>>>>>>>>>>>>>

そんな訳で先週タップリと花粉を吸いこんだと思われる
ヘルメットの掃除を行った。

パットを外して洗濯機へ掘り込んでいる間、
ヘルメットを入念に水拭きしているとエアインテークの穴に詰まった枯葉を見つけた。

綿棒で枯葉を穿り出してみると、質感は確かに干からびた枯葉そのものなのだが、
何となく嫌な予感が。

更に綿棒を駆使し続けると、
枯葉と思われた物体が元々つながっていた本体が飛び出してきた。

ヘルメットの中に潜んでいた物体は小さな虫がミイラ化したものだったのだ。

しかもその干からびた状態から類推するに
虫がヘルメットに飛び込んでから相当時間が経過していると思われる。

一体私はこれまで何度この虫と旅をしてきたのだろう。

そう考えると不思議と気持ち悪いという感情は浮かんでこなかったが
床に散らばった残骸を回収するために掃除機のスイッチを入れる事にはためらいはなかった。
IMG_1445.jpg
関連記事

コメント

昔、気に入っていた車がありまして。
その車のダッシュボードの隙間に診察券を落としてしまって
とる事も出来ずそのままにしていました。
何年か経って、そんな事をすっかり忘れていた頃
その車とおさらばする事になりました。

車を下取りに出して鍵を渡すその瞬間に
急に診察券の事を思い出しました。
なぜか急にこの車がとても身近な存在だったような
不思議な感覚にとらわれたました。
そして売られていく車に僕の痕ががひっそりと残っている事を
密かに嬉しく思ったのでした。

そんなこと思い出しました。


追伸
僕のブログにリンクさせていただきました。
よろしくおねがいします。。

Re: タイトルなし

> ししざる さん

こんばんわ。

車の話、なんか分かる気がします。
車を手放すときって思い出も一緒に持って行かれる気がして
少しセンチメンタルな気持ちになりますよね。

オートバイを手放すときは相当な覚悟が必要かも。

リンクの件、ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いしますね!

非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター