FC2ブログ

100年前のⅤ型2気筒

テレビ番組で1913年に初輸入されたハーレーが紹介されていた。

1913年といえば第一次世界大戦が始まる1年前、
ウィキの力をかりると徳川幕府の最後の将軍だった徳川慶喜が死亡した年ということになる。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

そんな大昔のバイクは一見すると自転車のようだが驚くべきことにⅤ型2気筒エンジンを搭載している。

当然ながらエンジンをかけるのにセルボタンなどというものはない。
ガソリンのコックやオイルのコックを捻り
幾つかの手順を踏んだあと、最後にペダルをこいでエンジンが始動した。

エンジンが動き出すと少し地味目ではあるがしっかりとハーレーの音が響いた。

さすがにその走りは力を感じさせるものではないが、
走るハーレーをみて驚いた100年前の日本人達の顔が目に浮かぶ。

100年前のハーレーよりジェントルなエンジン音である我が家の2気筒は明日の出番を待っているが
問題は乗り手の鼻水が全くもって止まらないことだ。
20130107_news_hd01.jpg



関連記事

コメント

こんにちは。
そうですか止まりませんか鼻水。
苦しいですよね。。。
今日もまた一段と凄まじい花粉でしたね。
僕は幸い今のところ花粉症ではないですがこれだけ多いと体調悪くなりそうです。。

Re: タイトルなし

ししざるさん

> 今日もまた一段と凄まじい花粉でしたね。
> 僕は幸い今のところ花粉症ではないですがこれだけ多いと体調悪くなりそうです。。

ここにいるバカはノコノコと今日もツーリングにでかけて散々なめにあいました。
これも天罰です。

> 僕は幸い今のところ花粉症ではないですがこれだけ多いと体調悪くなりそうです。。

確かに、花粉がこれだけ多いと外出は控えた方がいいかもしれません。PM2.5もありますし。
(お前が言うなと言われるかもしれませんが)
非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター