FC2ブログ

偏見と思い出に満ち溢れた茨城ツーリング

木下(きおろし)、安食(あじき)と千葉県民でも馴染のない地名をみたあと、利根川を越えればいよいよ茨城県だ。

ここには起伏に飛んだ道も、ワインディングもなく、ただひたすらに平坦な道が続く。

見晴らしは悪くないが、一帯に広がる田んぼからは水が引いていて、春の息吹は感じられない。

突然現れたインターチェンジの出口からは、尾張小牧、栃木、福島、地方ナンバーのデコトラ達が続々と降りてきた。

遠くに見える筑波山を目印に更に進むと、景色は雑木林と空き地を繰り返すようになる。

街が近いのだろう。すれ違う車にバンが増え、その排気音は、みな不機嫌そうにブフォブフォと言っている。

絶景も観光スポットもないかわりに、忌々しい渋滞も無い。

おかげで私のバイクは羽が生えたように気持ちよく進む。

何もないと思っていた景色の中に、地元の人達の暮らしが見え始めてきた。

街道沿いに普段見慣れた看板は無く、ラーメン、蕎麦、うなぎ、どんぶり、ハンバーグ、大福は、どれも地元の店だ。

そんな中、ナポリタンの文字につられて入ったのは、一軒の小さなジャズ喫茶だった。

蝶ネクタイが似合う物静かなマスターと、陽気で気さくな奥様のお二人で切り盛りされている。
IMG_20200223_12191455.jpg
心地よいサウンドにどっぷりと浸りながら、ナポリタンスパゲッティに自分で選んだカップで飲む珈琲。

千葉の道を延々と走ったとしても、こんなに温かい場所は滅多に見つけられるものではない。
IMG_20200223_114052.jpg

DSC06334.jpg
昭和が終わりへと近づこうとする頃、茨城に住む一人の女子校生と知り合いになった。

菊池桃子似で地元訛りがとても可愛らしい彼女だったが、当時関西で暮らす高校生だった私にとって茨城はあまりにも遠かった。

家族が聞き耳を立てているせいで、思いが上手く伝えられなかったあの時の電話の記憶が不意に蘇ったのは、懐かしい味がしたナポリタンのせいだったのかもしれないにほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ





Harley-Davidson賛歌は声高々に

いかにキャンプにうつつを抜かそうとも、私の本質はキャンパーでなくライダーだ。

それが証拠に、知り合いが使うテントは全く覚えていないが、乗っているバイクなら確実に言える。

私にとってキャンプで使うテントや寝袋は単なる道具でしかないが、バイクはそれをはるかに超越した大切な存在だ。

だから新旧バイクの情報はいつもチェックしているし、街を歩いていても自然とバイクを目で追いかけてしまう。
IMG_20200209_110822.jpg
近所に見慣れないハーレーがとまっていた。

3つあるフロントライトが幅広なハンドルと相まって、威風堂々とした雰囲気を醸し出している。

両サイドに張り出したレザーのバッグも美しい。

バッグに打ち込まれた銀色の鋲にも負けない押しの強さがハーレーにはあるし、それを上品に扱うことが出来るなら、そのユーザは互いに心を通わせるかのようなバイクとの魅力的な関係を構築できるはずだ。

ハーレーとはそういうバイクだ。

「いつかは俺もハーレーが似合うようなライダーになりたい。」

そんなことを考えながら、遠巻きにハーレーのタンクに目をやると、「H」から始まるはずのロゴが「I」で始まっている。

「ということは、これがあのインディアンなのか。」

さすがその歴史はハーレーよりも古いと言われるインディアン。オーラが違う。

初めてのインディアンをゆっくり鑑賞したかったが、不審者と思われたくなかったので、そのまま足を止めることなくオーラ漂う鉄馬の前を通り過ぎた。

最後にもう一度だけその雄姿を目に焼き付けておこう。

振り返ってみたインディアンのシートの後側には、白抜きで「SUZUKI」の文字が浮かび上がっていたのだった。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ


ツーリングで撮れた写真と撮れなかった一枚

テレビのテロップに「キャンプ依存症」の文字が流れた。

よくみるとそれは「ギャンブル依存症」と書かれていた。

祝日の今朝、玄関を出た途端冷たい風が頬を突き刺し、思わず踵を返して暖かい部屋に戻りたくなった。

昨日まで伊豆でのキャンプツーリングを満喫していたはずだが、今はバイクで走ることも、テントで寝ることも考えたくはない。

だから私はキャンプ依存症ではないのだ。
DSC06326.jpg
寒い時期のキャンプツーリングが大好きだ。

その理由はいくつかあるが、一つには澄んだ空気のおかげで景色が綺麗に見える事。

だから写真の知識がない私でも、たまたま満足できる一枚がとれたりすることがある。

絵葉書のように美しい写真もよいが、私が本当に撮りたいのは、その時にその場所にいたからこそ撮れる写真。

今回のツーリングでいえば、こんな一枚をおさめることができた。
DSC06312 (1)
地元の悪ガキ達に追い立てられて桜の木の下に逃げてきた野良猫と、食堂がちょうど満席となり、順番待ちすら許されず、店を追い出された私の境遇とが重なった瞬間の一枚だ。

写真をながめていると、またキャンプツーリングに出かけたくなってきた。

バイクの上で体を震わせながら、絶対に電熱ジャケットを手に入れてやると誓ったことや、焚火の上からパラパラと霰(あられ)が落ちてきて、寂しい気持ちになったことを忘れてしまったのだろうか。

そういうことだから、私は決して依存症などではなく、キャンプに関して軽い依存がみられるだけなのだ。
IMG_20200210_075016.jpg
さて、横浜ベイブリッジからみえる風景は、千葉へと帰る道のハイライトなのですが、橋を渡る前にいつも大黒パーキングエリアで肉まんを買うのです。

今回もパーキングエリアの駐輪場にバイクをとめていると、一人の男性がフェンス越しに港湾側の写真をとっていました。

肉まんの袋を手にバイクに戻ると、今度は別の男性が、やはりフェンス越しに写真をとり、その後ろにはカップルが順番待ちをしています。

彼らがフェンス越しの被写体に選んだもの、それは一隻の豪華客船、ダイヤモンド・プリンセス号なのでした。

あの船の写真を撮って、一体どうしようというのでしょうか。

しかしスマホを手にした彼らが喜んでいることは、彼らの背中を見れば分かります。

豪華客船を背景にして、彼らのバックショットを撮らなかったことを今になって後悔している私は、きっと彼らと同じ穴のムジナなのでしょうにほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ


バイク乗りの尽きない悩み

ロボット工学などで語られる「不気味の谷」という言葉をご存知だろうか。

ペッパー君のようにデフォルメされたヒト型ロボットに、人々は可愛いという感情を持つ。

そしてデフォルメされたロボットの外見がヒトに近づくにつれ、人間はより好意的な感情を抱くようになるが、ロボットの外見がヒトに限りなく近づいたとき、感情が一気に嫌悪感へと変わってしまう。

これを「不気味の谷」、「不気味の谷現象」と呼ぶ。
618.jpg
バイクに乗る時、バイクウェアを着るべきか否か、バイク乗りの間で論争が絶えない話題だ。

バイクウェアは着ないという人に理由を聞けば、おそらく殆どが「ダサいから。」と答えるだろう。

ではバイクウェアは本当にダサいのだろうか。

こんな事例で考えてみよう。

スタジアムで野球選手がユニフォームを着て華麗なプレーを披露すれば観衆から喝采を浴びるが、試合後、ユニフォーム姿のまま表参道でウインドーショッピングをすれば、これは嘲笑の的となる。

颯爽と走るバイクの上ではダサくないバイクウェアも、それを着たまま街を歩く時の場違いな感じ、これをダサいというならば、バイクウェアは極めてダサい。

それでもバイクウェアメーカ各社は、実用性とファッション性の両立を目指して日々努力しているに違いない。

しかし実用性や安全性を意識し始めた途端、ウェアは流行のスタイルとは異なった方向に進み出す。

残念ながらバイクウェアにとって、実用性とファッション性の両立など幻想にすぎないのだ。

仮に実用性と安全性の多くを犠牲にして、ファッション性の高いバイクウェアを作ったとしよう。

そんなバイクウェアを着て街を歩くあなたを見た人は、きっとこう思うだろう。

「あの人の服装、どことなく違和感があってダサい!」

そう、バイクウェアにおける「不気味の谷現象」にあなたは陥ってしまったのだ。

一方、実用性バリバリのバイクウェアで街を歩いた場合はこうなる。

「あの人くそダッさ!でもバイクで来てるのだから仕方ないよね。」

冒頭の問いに戻ろう。

バイクに乗る時、バイクウェアを着るべきか否か。

結論は簡単。

そんな議論自体がナンセンス、それぞれのライダーが、自分のバイクライフにあわせて結論を出せばいい事なのである。
DSC03877.jpg
さて私はバイクウェア着用派です。

ダサいのは嫌だけど、暑いのや寒いのや痛いのはもっと嫌だからです。

そしてバイクに乗るようになって、趣味のためのお金がどんどんバイク関係に流れていくため、普段の服装までクソダサくなってきましたにほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター