FC2ブログ

すき焼きと珈琲とキャンプツーリング

キャンプイベント等でこれまで何度もお世話になっている伊太利亜人がいる。

今週末はキャンプイベントに参加したのだが、そこにもその伊人がいた。

伊人が駆るのはドイツ車と日本の旧車。どうも愛国心には欠けるようだ。

今回そんな彼がすき焼きを作ると聞きつけて、私は自作のタンドリーチキン一切れを無理やり彼に押し付け、代わりに牛肉をたらふくせしめた。

彼が作るすき焼きには、麩やもやしが入っている。

参加者の多くは表情をこわばらせていたが、彼曰く伊太利亜では麩やもやしはスタンダードな具材だそうだ。
IMG_20191026_202656.jpg
実は私の実家でもすき焼きに麩やもやしが入っているのだが、きっと母方の血筋をたどっていくと伊太利亜人につながっているのだろう。

そういえば、彼の訛りは私の訛りと似ている。肌の色だってそっくりだ。

伊達男の彼は、キャンプ場の朝に美味い珈琲を淹れることでその名を轟かせている。

今回は彼の珈琲を目当てに、マグカップを持参していたのだが、残念ながらご相伴にあずかることは出来なかった。

これに関しては彼に責任はない。

前回のキャンプでダラ撤(だらだらと撤収)を追求すると心に誓った私だったが、早撤の血には抗えず、彼が朝食の準備をする前に、キャンプ場を後にしてしまったからだ。
IMG_20191026_132007.jpg
早撤のおかげで私の行く手を遮るものは誰もいない。

初冬を思わせる冷たい空気の中、色づいた木々が作るトンネルを駆け抜けた早朝の峠越えは、間違いなく今回のツーリングのハイライトだった。

しかし峠越えのあと、伊人の珈琲に想いを馳せつつ喫茶店で飲んだコーヒーは酷く煮つまっており、早撤を背負ってしまった男の肩を震わせたのだった。
IMG_20191026_123334.jpg
今回伊人とご一緒したイベントは、Vトークラジオのパーソナリティ、クロガクさんが企画した糖質万歳キャンプ。

クロガクさんは今夏初めてご自身の愛車(V-Strom 650)で北海道に上陸を果たした。一週間を越える旅路に分刻みの行程を課したドMなツーリングの結果については、ぜひこちらで確かめてみてください。

そういえば前述の伊人よりも、クロガクさんの方がよっぽどイタリア人のような風貌なのだが、これは一体どういうことだろうか。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

バイク無くともマップルは買っておけ

ツーリングの道先案内に、ツーリングマップルは手離せない。
 
自分の冒険心をくすぐるのに丁度いいその縮尺サイズ。

掲載されている口コミ情報も多すぎず少なすぎず、想像力が掻き立てられる。

だから私はツーリングにGPSは使わない。
IMG_20191020_145217.jpg
マップルに頼ることで道に迷ってしまうこともあるが、そのおかげで良い景色に巡り合えたことは数えきれない。

ツーリングというゲームを楽しむのにGPSはお節介が過ぎるという訳だ。

もちろん道に迷わないため最低限の努力はする。

ここは怪しいなと感じるポイントがあれば、事前にネットで調べた情報を自らの手でマップルに書き込んでいく。
IMG_20191020_145637(1).jpg
上は少々極端な例だが、岡山県のラビット(※)というライダーズカフェ&お宿に辿りつくために書き込んだもの。

こうやって出来上がった自分だけのツーリングマップルは、私にとっての宝地図になる。だからこれからもマップルに頼るスタイルを変えるつもりはない。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ文字サイズが小さいマップル通常版でも「まだ見える」と言い張る私は意地っ張り。「意地を張らずにGPSやスマホを駆使しろよ」と思ったあなた、多分あなたが正しいです。

(※)ラビットに行った際に書いたラビット3部作はこちらから。

愛車メンテナンスの問題点と修正の方法

ツーリングから戻ると、カバーをかける前にバイク全体を一拭きすることを習慣にしている。

これはバイクを美しく保つ秘訣であると同時に、そうすることで愛車の異常にいち早く気づく機会を逃さないようにしているのだ。

但しその成果は?と問われれば、過去2回故障で愛車を不動にしてしまっているだけに、これまでのところは徒労に終わっていると言わざるを得ない。
IMG_20181224_150612 (1)

前回の台風でバイクが無残にも倒れてしまったことを反省し、今回の台風19号では、カバーを外し、愛車と水を一杯に入れたポリタンクとをつなぐという涙ぐましい対策をとってみた。

不安な一夜が明け、駐輪場に急いでみると、見事MT-09は前夜と同じ姿でそこに立っており、こころなしか愛車のフロントマスクが、ドヤ顔をしているかのように見えた。
IMG_20191012_082253.jpg
早速そんな愛車の汚れを落とし、チェーンに油を差して近所を一周した後、いつも通り愛車を一拭きしたのだが、ここで遂に愛車の異常をみつけてしまった。

フロントタイヤのブレーキ部分につながるケーブルを保護するカバー(下の写真の赤で囲ったパーツ)が外れ、フックだけでなんとかケーブルにぶら下がっている状態になっているではないか。
IMG_20190813_090610 (1)
パーツを手にとってじっくり見ても、破損した個所はどこにも無い。

パーツを元に戻そうと手ではめ込んでやると、仮留め程度にはなるが、グラグラといかにも不自然な状態だ。

急いでバイク屋に愛車を走らせ相談したところ、「ネジとパーツの間に入れるワッシャーが無くなっている」ということで、予備のワッシャーを取り付けてもらい一件落着となった(下はワッシャー取り付け後)。
IMG_20191013_13120002002.jpg
さて問題はワッシャーがなぜ無くなったのか?

その構造上、ワッシャーだけが勝手にどこかへ飛んでいくことはあり得ない。

もちろんメカに疎い私がこんなところのワッシャーを触るはずもない。

ワッシャーを取り付けてくれたバイク屋さんで夏に車検を受けたのだが、このパーツを外すような作業は含まれていなかったということだった。

これで答えが出た。

今年3月に某大手バイク用品店でフロントタイヤを交換したのだ。

3月から10月まで、何度も愛車をこの手で触って異常がないか確認してきた結果がこの様だ。

しかし反省だけでは成長は望めない。

プロのアスリート同様、敗戦から問題点を見つけ出し、修正をしていくのだ。

これまでは乾いた布で愛車を一拭きがツーリング後のルーティーンだったが、これからは軍手をはめたその手で直接各所を触りながら愛車を拭き上げてやる。

名医と呼ばれる医者が触診だけで病名を言い当てるように、いつの日か私は自分の手でバイクの異常を探し当てられるゴッドハンドを手に入れるのだ。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

さて某大手バイク用品店には、どのように落とし前をつけてもらいましょうか。

小心者の私が出来ることは限られますが、とても危険なミスだと思いますので、勇気を振り絞って注意の促す程度のメールは送りたいと思います。

買い替えられない愛車の魅力

10月にメッシュジャケットを着たのは、バイク歴10年で初めてだ。

それほどまでに今年の夏はしぶとい。

そんな暑さのせいだろうか、土曜日は秋晴れだというのにバイクの数が少ないように見えた。

その日私は、メッシュジャケットすら脱ぎ捨て、Tシャツ1枚にコットンパンツ、スニーカーという軽装で東北道を北上していた。

もちろんクーラーの効いた四輪の車内で、という話だ。

私がこの車のステアリングを初めて握ったのが15年前。

デザインに惚れ込んで衝動買いしてしまったのだが、銀色に輝く流線型のその美しさはもちろん、こいつでコーナーを駆け抜ける時の悦びも未だに色褪せない。

ここ数年ガソリン代より修理代の方が高くつくようになってしまった事は頭が痛いが、手離すつもりは全くない。

そんな愛車の名は、マツダが誇るロータリーエンジンを搭載したRⅩ-8だ。
DSC06230.jpg
ライフプランナーのような職業のかたに言わせれば、既に不良債権と化してしまったRⅩ-8は一刻も早く手離すべきということだろう。

しかし他に心ときめかせてくれる車が存在しないのだから、買い替えようという気持ちが起きるはずもない。

それでも「もし修理不能に陥ったら?」

唯一そういう仮定のもとでのみ、次に買うべきモノは決まっている。

RX-8にも置き換え可能、それがコイツだ。
img_6772073d29d60f69ef1ad20374c2ceed353595.jpg
ホンダ X-ADV。

これならGTカーのように長距離を快適に走ることができるだろうし、キャンプ場の悪路程度なら楽勝だろう。

ライフプランナーが聞いたら呆れるだろうが、きっとこれがあれば、平日の自分はいい仕事をするようになるはずだ。

だからRⅩ-8もバイクも、決して不良債権にはならないのだにほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

そもそも我が家のMDラジカセが壊れてしまった今、貯め込んだMDを聴けるRⅩ-8を手離す訳にはいかんのだよ。

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター