FC2ブログ

鈴鹿8耐のある週末の過ごしかた

子供の頃、夏休みのテレビは1日1時間迄というご無体なレギュレーションに苦しめられたものだった。

今の子供達はスマホやテレビゲームなど選択肢が広がった分、苦労も多いことだろう。
DSC02508.jpg
昨夜は鈴鹿8耐前夜として、BS日テレで伊豆を巡るツーリング番組が放送されていた。(今夜の楽しみに録画済み)。

前述の番組をリアルタイムで楽しめなかった理由は、親から「テレビ消しなさい!」と叱られたからではない。

同じ時間帯にNHKで襟裳周辺の魅力を掘り起こす番組が放送されていて、昨夏のテント雨漏り事件の記憶と重ね合わせながら、画面に食らいついていたのだ。

さらに続いて、その夜のブラタモリが摩周湖、硫黄山、阿寒湖、オンネトーとくれば、これは土曜の夜を無気力にテレビの前で過ごせとの天からの啓示だと解釈するしかなかった。

そして今日、昼間から鈴鹿8耐が生中継されている。

画面の前で何時間座り続けようが、大人になった私を咎める者などいない。

しかし私が本当にやりたいことは、色とりどりのバイクが抜きつ抜かれつする姿を眺めることではない。

自らのバイクで知らない道を走ること、それこそ今の私に必要なことだ。

たとえそれが暗く冴えない雨の道であっても。
DSC05712 (2)

DSC05691 (1)
全ての8耐のライダーが無事にレースを終えることを願いつつ、暑さに負けた無気力ライダーとして再び画面の中の鈴鹿に戻ります。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

臨時ボーナスで再構築するバイクとの関係性

一般的に逃避という言葉は、ネガティブに受け取られがちだ。

しかし逃避こそが、人類が種を綿々と受け継いできた中で手にした最も崇高な能力なのだ。
evolution-1295256__340.jpg
北海道の上陸予定日まで、あと1カ月をきったが、フェリーのチケットはキャンセル待ちのまま。

このような時、己の力では如何ともしがたい事をおもんばかりつつ時間を費やすことは、建設的とは言えない。

心躍らせながら周到な準備を進めた挙句、チケットが確保できませんでしたでは、残暑を乗り切る体力さえ奪い去られてしまうだろう。

だからこの時期、私は北海道の存在を一旦頭の中から消し去る。そして逃避の準備を進めるのだ。

北海道に渡り涼夏のキャンプ旅を楽しむには、どうしても10万円程度の軍資金は必要になる。

しかし北海道の存在を一旦消すことで、この軍資金が宙に浮き、その結果私に臨時ボーナスが舞い込んでくるのだ。
bingo-3670561_960_720.jpg
ここ数年の私は、バイクを単にキャンプ道具を運ぶための二輪車にしてしまった。
 
バイクを本来の姿、即ち心の中のロマンを揺さぶる乗り物に戻すためには、まず乗り手が変わらなければならない。

私は免許取得後すぐにバイク用の革パンを購入し、現在も履き続けている。

当時はバイク用の革パンといえばブーツカット一択だったが、昨今のトレンドからみれば、そのシルエットに野暮ったさが漂う事は否めない。
DSC01397.jpg
もし時代遅れのシルエットを一掃し、乗り手が生まれ変わることが出来れば、私とバイクとの間において、もう一度ピュアな関係性を取り戻すことが出来るはずだ。

今夏、冷房の効いた清潔な部屋に泊まりつつ、流行のシルエットを身にまとったライダーが長野あたりの山岳ツーリングを楽しんだとしても、先の臨時ボーナスがあれば十分だ。
DSC03902 (1)
「臨時ボーナスではなく、仮想ボーナスだろ!」とツッコミたくなるとは思いますが、いずれにしろ私の金ですので、その指摘はお節介というものです。

そして頭の中では逃避行が続くのですが、結局はフェリーの結論が出ない限り身の振りようがなく、悶々とした夏が続くのです。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

Rabbitのある街を旅するツーリング

知らない街を歩くのが好きだ。

そこに名所旧跡の類は不要で、小さな生活の風景があればそれでいい。
IMG_20190414_063554.jpg 

先週のレンタルバイクツーリングでは、そんな知らない街の古い民家に泊まった。

いわゆる民泊というやつだ。

民家のオーナーは、ヴィンテージバイクが並べられたカフェも一人で切り盛りしている。

写真の古いBMWは、数年前までオーナーとともに全国を走り回っていたそうだ。
IMG_20190414_072000.jpg 

私を迎えてくれたオーナーは、こんな手強そうなバイクを乗りこなす人とは想像もできない柔和な笑顔と、細い腕の持ち主だった。
IMG_20190413_164810 (1) 

私の母親は、今の私の齢からちょっぴり人生を進んだところで、歩みを止めてしまった。

いつも笑顔を絶やさない、誰からも好かれる優しい母親だった。

ここのオーナーと会った瞬間、私はそんな母親のことを思い出してしまった。

そういえば、今回泊めていただいたお宅の襖のすべりの悪さまで、私の実家とそっくりだ。

もうここは知らない街ではなくなったけれど、必ずまた訪れる街になってしまった。
IMG_20190413_164431.jpg 

今回訪れたカフェはここ。田舎町の片隅にひっそりと佇んでいる。
きっとあなたのことも、あの優しい笑顔で迎えてくれますよ。
IMG_20190414_134506.jpg 

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

CRF250Lと私の仲間達

新幹線から降り立った西の地でレンタルバイクを利用した。

2日間、約300kmの行程を共にした相棒はCRF250L。IMG_20190413_144804 (1)

乗り始めて1時間程で、何年も乗り続けた愛車のように、すっかりCRFが体に馴染んでしまった。

そんな相棒と向かった先で待ち受けてくれていたのは、その地に住む友人。

今回はこの友人に会うために、西の地にやってきた。

そして600km以上離れた自宅から、私とは違い本物の愛車で走り続けてきた「どうかしている人達」もやってきた。

西の地に住む友人は、仲間を惹きつける磁石のような人だ。

オカルト宗教の教祖などが適任だろう。

西の地に住む友人、そしてどうかしている人達、みな何年も苦楽を共にしてきた仲間のように気兼ねがいらない。

しかし私はこの人達とは走らない。

散々くだらないことをしゃべりあった翌朝、この人達に見送られながら、出発するのが好きだからだ。

今朝もこの人達は、一足先に出ていく私に向かって笑顔で手を振ってくれた。

しかしいつもこの場に姿を現さないのが一人いる。

でもそれでいい。

それは仲間の中で一番先輩の彼だから、心行くまで寝坊して、しっかりと疲れを取り除いて欲しいからだ。

もし朝、彼が見送りの場で笑顔で手を振っていたりすると、私は不安になって出発できなくなってしまうだろう。
IMG_20190413_165214.jpg 

実は今回集まった中に、初対面のかたが一人だけいた。

昔からの知り合いだったような気がする人だった。

その人によると、北海道には公序良俗に反する野天風呂が存在するそうだ。

そういうくだらない情報は、場の品位を低下させるので、他でしゃべってもらいたいものだ。

酔っていたため、その場で叱責できなかったことが悔やまれる。

近いうちに再会を果たして、しっかり苦情を申し立てる必要がありそうだ。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
IMG_20190413_074600.jpg 

心が躍るツーリングの形

来週末は遠く西に行く。

そして遠い西の地でバイクをレンタルして、更に西に走り友人に会う。

レンタルバイクも初めてだが、その地をバイクで走るのも初めて。

ああでもない、こうでもないとルートを考えるだけで、心が躍る。

あれは平成の初めの頃だったか。

遠く離れた土地に暮らしていた恋人と、もうすぐ再会できるという時の感情に似ている。

来週末、西の地で私を待っているのは男性。

若い頃から私の性的志向は全く変わっていないが、それなのに心は躍るのだ。

今回は手ひどくふられる事は無いはずだが、雨に降られる心配はある。

だからカッパも入る大きなリュックも買った。

パッキングも済ませた。

あとは1週間仕事して、週末早朝の電車に飛び乗るのだ。

西の地を存分に楽しむ方法。

それは急がず慌てず安全に走り、友人との再会を無事果たすことだけだ。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
IMG_20190407_202834.jpg 

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター