FC2ブログ

最高のヘルメットの選び方

これまでヘルメットはSHOEIとAraiを被り継いできた。

しかしどのヘルメットでも、被り始めてから1時間程度でこめかみ辺りが痛くなる症状に悩まされてきた。

もちろんインナーパッドの厚さを変えてみる等、我流で試行錯誤を重ねてみたが、結局最も効果のある対策は、ロングツーリング直前に髪を短くすることだった。

次こそはそんな悩みから解放されたいという思いから、フィッティングサービスなるものの効果にすがるべく、専門スタッフが常駐しているというバイク用品店を目指した。

専用の器具を使って頭部を細かく計測、解析データにもとづき内装をカスタムし、唯一無二のヘルメットを作り上げるのだ。

通販で買うより値は張るが、最高のフィット感には代えられない。

しかも目指す用品店は全品10%OFFセール中だ。

新しいおもちゃを買う子供のように胸を高鳴らせつつ店に入ると、直ぐにこれだというヘルメットが見つかった。

試着もしたが、これまでのヘルメットと比べてフィット感も良好ではないか。

値段もここから10%OFFであれば、通販と大差ない。

早速店員さんに購入の意思とフィッティングをお願いしたい旨を伝えると、カウンターに案内された。

測定器具はどこから持ってくるのだろうか、落ち着かない私に向かって、店員さんはもう一度ヘルメットを被れと言う。

「見たところピッタリそうですね。痛いところは無いですか?」

痛いところは無いが、これまでのヘルメットだって試着の際はどこも痛くなかったのだ。

何となく嫌な予感がした私は、思わず「こめかみ辺りが窮屈です」と嘘をついた。

私の訴えを聴き入れた店員さんが、慣れた手つきで内装のパッドを1枚めくり始めた。

ここまでくれば、解析データにもとづいた内装のカスタムは、私の勝手な妄想だったということぐらい、馬鹿でもわかる。

ひと仕事を終えた店員さんは満足そうにしている。

購入をキャンセルするには手遅れだ。

呆然としながらも財布を開こうとする私に向かって店員さんが笑顔で告げた。

目の前のヘルメットがセール除外品であるということを。
IMG_20200322_140543.jpg
少し前のこのブログで報告したのですが、セール除外品の罠には、ニット帽でもハマったばかりでした。

こもはや自分からネタを拾いに行こうとしているとしか思えませんが、私には被り物の買い物に限って冷静さを失うきらいがあるようです。

さて新しいヘルメットですが、満足なフィッティングサービスが受けられなかったにもかかわらず、これまでの悩みが嘘のように快適です。

色々と浅はかな私ではありますが、ようやく時代が私の頭の形に追いついてきてくれた事が嬉しくてなりませんにほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ






11年目を迎えたベテランライダーが伝えたいこと

バイクに乗り始めて丸10年間が経ち、これまで履いてきた革パンも10年選手となった。

再染色さえしてやれば、まだまだ現役の一品なのだが、ライダーとして節目を迎えたということで、このたび革パンを新調した。

購入したのはこれまでと同じブランドだが、シルエットは今風に、よりタイトなものを選んでみた。
IMG_20191231_140859.jpg
新しい革パンは既に正月の伊豆でデビューを済ませているのだが、最初からしっかりと身体に馴染んでくれている。

このフィット感については想定通り、だからこそ同じブランドを選択したのだ。

一方、想定外だった事は、革パンが新しくなったおかげで、今バイクに乗りたくて仕方がないということだ。

ここ最近は自転車で行けるような所にまで、バイクを引っ張り出す始末。

ライダーとしてはベテランの域に入ろうとしているのだろうが、まるでバイクに乗り始めたばかりの頃のような気持ちだ。

たかが革パン、されど革パン。

タンスの扉を開ければ、狭い部屋一杯に新しい革の匂いが漂い、またバイクへの思いが駆り立てられる。

今はそんな思いに抗うことなく、ひたすらに走り続けよう。花粉舞うその日まで。
DSC06233 (1)
さてこの革パン、耐久性はもちろん、デザイン性、実用性とも一級品なのです。

もちろんその分お値段も張りますが、私のような人間になればそんなことは1ミリも気になりません。

そういえば裾直しの際に、かなりの革を切り取りました。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ読者の皆様には、特別にこの余った革を3万円ぐらいでお譲りしますが、如何でしょうか。

冬季バイクスタイルにおけるアドバイスと誘惑

この時期ツーリングに出るのに一体どの程度ウエアを着込めばよいのか。ベテランライダーであっても毎年悩むものだ。

初心者ライダーの場合は、これだけ厚着すれば大丈夫と思って出かけた結果、予想以上の寒さに辛い思いをするという所までが通過儀礼だろう。

そういう時の対策としては「自分で思うより更にもう1枚多めに着込む」ということをお勧めしたい。

もっと具体的なアドバイスが欲しい?

では迷える子羊たちに、ちょうどいい着込み量の判別方法を授けよう。

その判別方法はとても簡単。

朝、家を出て駐輪場からバイクを公道まで移動させる際、その日バイクに乗る格好でバイクの取り回しを行うこと。これだけだ。

この作業で汗ばむようであば正解。その日は快適なツーリングがおくれるはず。

反対にこの時点で暑くないようであれば、きっとその日のツーリングを境に、しばらくの間バイクを見るのも嫌になるはずだ。

これは私が長年かかって会得した防寒術だけに、誰にも教えたくはなかったが、いつもブログを読んで下さる方々にせめてもの謝意を表すために、ここで披露してみた。

なに?バイク用ガレージがあるので、バイクを取り回すシチュエーションがない?

知らん!

そんなブルジョアにアドバイスする義理は無い。

せいぜい電熱ウェアでも買い込み、金で全てを解決したつもりになった挙句、バッテリー切れで地獄を見るがよい。
DSC04713 (3)
さて、ガレージもなくブルジョアでもなく、電熱ウェアもない私はといえば、朝夕の冷え込みに備えるべく、一歩先行く装備で対抗します。

もうお分かりでしょう。
IMG_20191117_134819.jpg
今年もハンドルカバーの季節がやって参りました。

禁断のパーツに手を出して3シーズン目。もはや何の負い目も自己憐憫もありません。

ハンドルカバーほど、その大いなる効果が実感出来るカスタムパーツを私は知りません。

カスタムパーツなるもの高機能こそが正義。機能美という言葉は、ハンドルカバーのためにあると言っても過言ではないでしょう。

以上の事から遂にこの度、私もこんな悟りを開くに至りました。

「MT-09のデザインは、ハンドルカバーの装着をもって最終形としての完成をみるものである」にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

あなたもこの冬、私のようにスピリチュアルワールドへと飛び込んでみませんか。

サイドバッグの老朽化にケリをつけろ

サイドバッグの色褪せが酷い。

このバッグはグレーなんだと思い込むようにして我慢してきたが、さすがにもう限界、いやとっくに限界は超えている。
DSC05992 (1) 

ならばどうすべきか。

数年で色褪せるようなバッグに、また3万円をつぎ込む気は毛頭ない。

色褪せの心配がないハードタイプのサイドバッグは、ステーも含めると目の玉が飛び出るような金額になってしまう。

4年落ちのバイクに、今更そのような投資は出来ない。

ホントに投資できないのか?

出来るんじゃあないのか?

ということで、購入しました。染めQ。
111.jpg 
(期待した皆さんごめんなさい)

まず染めたくない部分をマスキング。
IMG_20190119_131637.jpg 

染める前はこんな感じ。
IMG_20190119_131004 (1) 

何度か重ね塗りして、ハイできました。なかなかいい感じ。
IMG_20190119_153119 (1) 

でも一雨で元通りになったりして。

決めた。

今年の目標「雨の日は走らない!」

妖怪アメフラシが何を言っているんだ。

気を取り直して今年の目標。

雨の日はむしろ色褪せが目立たないので「雨に怯まずガンガン走る」だ。

よし、今年も雨の北海道が楽しみだ。
DSC05693.jpg 

渾身カスタムの永続的な価値

平安時代の人々が抱いた美人像と、現代日本人が抱くそれとは大きく異なる。
008770.jpg 

現代日本の美人像は、戦後入ってきた欧米文化に大きく影響されている(諸説あると思いますので信じないでね)。

つまり美の感覚というものは、刷り込みによって生まれるのだ。

よって、カッコいいバイクという感覚も、所詮は刷り込みの産物。

たとえ時間と金をかけて自分のバイクをカッコよくカスタムし悦に入ったところで、そもそもカッコいいという基準自体が幻のようなもの、そこに永続的な価値は生まれないのだ。

では永続的な価値を生むカスタムとはどいうものなのか?

この問題に一石を投じるべく、今般我がMT-09にカスタムを施した。

IMG_20181123_161651.jpg 

カッコ良さを議論すること自体ナンセンスだということは既に述べた。

よってこのカスタムによって生まれる実用的な価値こそ、議論の対象とされるべきた。

冬になるとハンドルカバーの是非論争があちこちで勃発するようだが、私に言わせれば、そんな暇があればツーリングに行けやと言いたい。

今回の記事に対する反論、ご意見、誹謗中傷などは一切お受けいたしませんのであしからず。


ハンドルカバーがついていても、そこだけを注視しなければ「カッコいい」よ。
IMG_20181124_104347_BURST001_COVER (1) 

ハンドルカバーをつけるだけの作業で、脛に痣を作ってしまいました。

そんな渾身カスタムの結果のハンドルカバーは、私にとっては、もはや純正パーツのような「美しさ」なのです。
DSC05887.jpg 

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター