FC2ブログ

遺物と化したライダー、伊豆スカに現る

この正月の伊豆キャンプツーリングでの話。

伊豆、バイク、ツーリング、とくれば伊豆スカイラインである。

「気を付けてね」と声をかけてくださった料金所のおじさんに見送られながら、天城高原からの伊豆スカ初走りをスタートさせた。

伊豆とは思えないほどの寒さに震えながらも、快調にワインディングを楽しんでいると、一目で旅好きとわかるほど、車体にたくさんのご当地ステッカーを貼った軽のバンに追いついた。

滋賀ナンバーをつけたそのバンは、残念ながら制限速度を下回るスピードで巡航している。

遠くからようこそなのだが、とにかく遅い。

イエローラインをかえりみず、追い抜きたい気持ちがムクムクと湧いてきた。

しかし待て。かりにも私は、love izu ride(※)のTeam good speed No.46を背負った正統派ツーリングライダーだ。

遠路はるばる滋賀からやってきたドライバーに、バイクに対する悪印象を与える訳にはいかない。

ドライバーが私に気付いて、道を譲ってくるのを待とう。

その後もドライバーが私に気付くことは無かったが、数分走ったところで、バンが駐車スペースに入ってくれた。

その後は再び快調にワインディングを堪能し、撮影スポットに到着。手をかじかませながら富士山を撮っていると、先程のバンがやってきた。

車から出てきたのは、仲のよさそうな老夫婦。

私の両親と同じぐらいの年齢だろうか、富士山を撮るために手に持っているのは、なんと「写ルンです」ではないか。

そんな二人がなんだか可愛らしくて(失礼)、思わず「写真をおとりましょうか」と声をかけた。

「バイクで寒くないんですか?」と聞かれたので、「めちゃくちゃ寒いです」と答えたら、思った以上に喜んでくださり、北風が吹きすさぶ中、しばし心暖まる会話を楽しむことが出来た。

お二人に別れを告げて、バイクに戻ったところで、ふと気づいた。

あの時、もし私があのバンを無理に追い越していたら。

後ろめたさから、私はきっとお二人に声をかけることは出来なかっただろう。

お二人と別れた後もスロットルを緩め気味で走った理由は、お二人との会話で心が暖まったからと言いたいところだが、実は身体が冷え切っていて、冬の風に向かっていく勇気がなかったからだ。
DSC05989.jpg 

さてお二人が使っていた「写ルンです」。何年ぶりにみただろうか。平成を通り越してもはや昭和の遺物である。

しかし笑ってはいられない。

正月とはいえ、朝から伊豆スカイラインを元気に走る沢山のライダー達をみかけた。

彼らはきっと電熱ウェアに電熱グローブで身を包み、極寒の中、快適なツーリングを楽しんでいるにちがいない。

そんな彼らから見れば、私の鉄板の冬装備であるハンドルカバーなんて、平成、昭和を通り越して、もはや太古の遺物であるに違いないのだから。

(※)love izu ride
最後までこの駄文を読み終えることができたあなたなら、きっとlove izu rideの趣旨に共感できるはず。love izu rideについてはココへアクセスを!
DSC05996.jpg 

焚火とともに過ごす正月三が日

元旦から伊豆でキャンプツーリングを楽しんだ。
IMG_20190101_152801.jpg 

正月のキャンプツーリングは、今年で6年連続。

ベテランキャンパーの域に達している私にとって、温暖な伊豆でのキャンプなど、冬であっても楽勝である。

もちろん日が落ちると少々冷え込んではくるが、焚火さえあれば快適な夜を過ごすことが出来る。

しかし今年は少々事情が違った。焚火の前に座っているはずなのに、夜が更けるにしたがって下半身がどんどん冷えてくるのだ。

楽勝と考え臨んだキャンプだったため、これ以上着込むものはない。

しかしそんな時もベテランキャンパーは慌てない。

バスタオルをテントから引っ張り出し、腰に巻きつける。代用ブランケットの出来上がりだ。

思った通り、すぐに冷え込みはおさまった。

それどころかホクホクと暖かい。予想以上の効果だ。

手近にあるもので事態を打開する。これこそがベテランキャンパーの神髄なのだ。

しかし異変に気付いたのは、代用ブランケットの効果に満足したその時だった。

なんと足元から炎が上がっているではないか。お湯を沸かしていたバーナーの火が、腰に巻いたタオルに燃え移ったのだ。

幸いタオルを少し燃やしただけで、火傷には至らなかったが、うたた寝でもしている最中だったらと考えるとぞっとする。

「慢心は災いのもと」

キャンプの度に貴重な教訓を積み重ねていくことによって、私は今年も成長していくのだ。
IMG_20190102_210602.jpg 

さて、本人はベテランを気取ってはいますが、所詮はこの程度です。

こんな私ですが、引き続き贔屓にしていただければ、筆者にとってはこの上のない喜びであります。
DSC05992 (1) 

一方、燃えたバスタオルですが、実は通常のものよりは小ぶりのサイズで、積載量の限られるバイク旅にはとても重宝しておりました。

燃えたからといって愛用の品を安易に買い替えるようでは、ベテランの名がすたれます。

焦げた部分をハサミで切り取ってやれば、ハイこの通り。もしあなたが、旅先の温泉でボロ布のようなもので身体を拭いている男を見かけたら、それが私かもしれません。
IMG_20190104_162949.jpg 

伊豆のおじいさんに会いに行くキャンプツーリング

伊豆のとあるキャンプ場のレビューには、ネガティブなものも多い。

そんなネガティブなレビューに興味をそそられたのが、私が初めてそこに行こうと思ったキッカケだった。

「気を付けて来てね」

事前に連絡を入れると、管理人のおじいさんは受話器の向こうで最後に必ずこう言ってくれる。

ネガティブな所など何一つない。

そして今では私にとってホームグラウンドのような場所になった。
DSC05851.jpg 


自然に囲まれたそのキャンプ場には、古びた炊事小屋がある。

剥がれかけの整理整頓のポスターむなしく、小屋の中はおじいさんの私物であふれ返っている。

その他にもこんなポスターが貼られれている。

「川の水を汚す合成洗剤の使用は禁止します」

今回訪れたところポスターはそのままだったが、その脇にはキュキュットがおかれていた。

料金は伊豆の中では格安の部類だろう。

バイク1台で1泊2000円。

かと思えば「1000円でいいよ」と言ってくれる時もある。

そして今回は「1500円」だった。

そんな大らかな空気を漂わせるおじいさんに会いたくて、ここにあしげく通うようになったという訳だ。
DSC05870.jpg 

さてそんな管理人のおじいさんだが、リピータの私の顔を一向に覚える気がないらしい。

今回も受付の際に「千葉からきたの?遠くからありがとね」と私のことを初めての客のように扱ってくれた。

早く顔を覚えてもらえるように、もっと頻度を上げて通うので、おじいさんいつまでも元気でいてね。
DSC05846.jpg 




正確無比なツーリングを貫く人の生き様

夏の猛暑が未だに居座っているかのような陽気だった土曜日。

湿度も高く、バイクから見える遠くの山々は霞んでいる。

とはいえ、このところカッパが手放せないツーリングが続いていたので、お日様の下を走れるだけでもありがたい。

陽気は初夏のようだが、やはり秋を感じさせる彩りの道志みちを走って辿り着いた場所は、山梨県道志村の久保キャンプ場。

都心から近いにもかかわらず、道志川沿いの自然豊かなロケーションと、出入り口のアトラクションがここの魅力。
DSC05831.jpg 

ここでマイナス4℃の夜を過ごしたのは去年の秋。

今年も覚悟はしていたが、季節が少し早かったためか、秋らしい快適なキャンプを楽しむことが出来た。
DSC05832.jpg 

さて、2年連続でここを訪れた理由は、「Vトークラジオ」のイベントに参加するため。

「Vトークラジオ」とは、例によって私がいつも聴いているポッドキャスト番組だ。

DSC05837.jpg 

パーソナリティのクロガクさんのトークにもますます円熟味が増してきて、第1回目の放送から聞き続けている身としては、感慨深いものがある。

番組内容が楽しいことはもちろん、既に100回を超える放送をほぼ定期的にアップし続けてきたという、番組作りに対するその真摯な姿勢は、なかなか真似できるものでは無いと思う。

そんなクロガクさんに感謝の気持ちを伝えたくてイベントに参加したはずが、今年もTシャツや番組グッズをいただいてしまった。

来夏には北海道ツーリングを計画されているクロガクさん。

「ぜひお供させてください」と言いたかったが、時刻表のページをたどるかのような正確無比なクロガクさんのツーリングに、ルーズな私がついていけるはずもなくそれは断念。

私とは真逆なツーリングスタイルを貫くクロガクさん。

そんなクロガクさんのツーリング話がとても新鮮だったりするVトークラジオの視聴はこちら
DSC05842.jpg 

ブログの良心を賭したグルメリポート@北海道ツーリング2018

ツーリングの際に有用となる情報を提供することは、バイクブログの良心と言っていい。

そういう意味でこのブログに良心はないのかもしれない。

しかし、ひねくれ者の筆者も、時にはツーリングに有用な?情報を提供したくなる。

ということで今年の北海道ツーのグルメリポートをお届けしたい。

去年のように、結局セイコマのジンギスカン肉が最高!などということは、ほざかないのでご安心を。

まずは宗谷本線の豊富駅近くにある丸勝亭から。

「北海道の豚肉はハズレなし」という私調べの定石に則り、カツ丼にチャレンジ。
DSC05402.jpg 

カツの海におぼれるかのごとく、厚みのある豚肉に圧倒されっぱなしの1060円。脂身だけでも丼飯1杯は軽くいける。これだけ食べても胃が全くもたれなかったのは、その土地が持つ力のおかげか。
DSC05403.jpg 


続いては、よさげな食堂を発見できないまま転がり込んだ美深の道の駅のレストラン。

前述の「北海道の豚肉にハズレなし」の実績データを蓄積するべく、生姜焼き定食960円をオーダ。
DSC05492.jpg 

豚肉は柔らかくジューシーだが、残念なことにサラダのキャベツには瑞々しさのかけらもない。混雑したお盆の昼時に乗り込んだ私が悪かったのかも。

さて場所はさらに南にくだって、上士幌の食事処「しいちゃん」で食べた魚定食950円。
DSC05562.jpg 

家庭料理の味が恋しくなり始めたタイミングで、この手作り感あふれた定食には大満足。

私が店内に入った時点で、昼時には遅かったからか他のお客はゼロ。ところが時刻が14時に近づこうとする頃から、妙齢の男女の一団がぞろそろと集まリ始めた。

もしやここは、よそ者が入ってはいけない、怪しげな団体か何かの集会所なのか?

はたしてその真相は、昼下がりのひと時に、この店が地元の男女の社交場(カラオケ会場)になるからでした。
DSC05563.jpg 


さて去年はご期待に添えなかったウニやイクラだが、今年は食べましたよ襟裳岬で。
DSC05676.jpg 

観光客でごった返す店内で、独り食べる豪華な食事はやはり苦手。来年はもっとゆっくりと海鮮を味わえるお店を探そう。

さて美食家を唸らせるようなこれらの食事群を差し置き、今回最も美味しかったものとは何か?。

それはセイコマのプチトマト(結局そこか!)
DSC05504.jpg 

写真のようにドレッシングをかけて食べるもよし。何もかけずそのまま食べても、とってもあま~いのだ。しかも瑞々しくて超フレッシュ。

そんなプチトマトが一盛り228円とは、もはや北の大地が産んだ奇跡といっても過言ではない。当然の如く、毎晩食べ続け、外食続きで偏った栄養バランスの均衡を保つのに一役買ってくれた。

さて、このままセイコマ推しで終わるのも悪くないが、もう一品、鵡川(むかわ)町の道の駅に併設されている「たんぽぽ」という食事処の定食をご紹介したい。

そこは最終日、苫小牧港に向かう道中、豪雨と海からの強風のおかげで、這う這うの体で転がり込んだ食事処だった。

残念ながら、秋からの名物であるシシャモを味わうには時期が早かったが、濡れ鼠のようになってしまった私を快く迎え入れてくれただけでもありがたい。

そこで私がオーダしたのはホッキフライ定食950円。
IMG_20180815_121253 (1) 

失礼ながらホッキ貝のフライには何も期待はしておらず、ただ暖かいものをお腹一杯食べたい一心での注文だった。

予想通り、出されたフライはハムカツのできそこないのような風体。

北海道らしくサラダにホワイトアスパラが添えられれているのが、この店のせめてもの良心だろうと大上段に構えつつ、一口ホッキ貝のフライをほおばってみる。

ん?これは。。。

一口目はマヨネーズをつけたが、次は添えられている塩だけをつけて。

するとホッキ貝の苦みが口の中いっぱいに広がり、続いて目を閉じずにはいられないほどの幸福感に全身が包まれた。

強い磯の香りがフライの衣と中和して、上品な大人の味へと昇華しているではないか。

ホッキ貝のおかげで気持ちを奮い立たせることができた私は、北海道の神が与えたもうた試練(豪雨と強風)に怯むことなく走り続け、無事苫小牧港へと辿り着くことが出来たのだった。
DSC05594.jpg 

さてこの程度がこのブログの良心なのですが、その評価については読者の皆さんに委ねるしかありません。

ただ、長い行列を忍耐強く並んだ末にありつく食事もグルメなら、行き当たりばったりのお店で予想外な味に巡り合うことも立派なグルメだと私は思うのです。

(おまけ)
旅の出来事を振り返りながら苫小牧港でぼんやりと過ごすひと時は、私にとって何物にも代えがたい時間であり、来年の夏もまたここで、甘いものと一緒にコーヒーをすする幸せを感じたいと強く私に思わせるのでした。
DSC05715.jpg 

このブログを書いている人

ももとち

Author:ももとち
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

最近の記事

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム