FC2ブログ

求道ライダーの振る舞い

週末を過ごしたキャンプ場で、このブログの読者だという方から「今回はどんなネタを書くんですか?」と話しかけられた。

このブログを評して「ネタ」とは何事か。

どうもBモードの達人の文学的価値を理解しておられないようだ。

さて、この週末は、これまで何度かご紹介したバイク系インターネットラジオ「ブーバイク」のキャンプイベント(通称:ブー富士)に参加した。
IMG_20190525_105919.jpg

ほぼ毎年開催されてきたこのイベントへの参加を重ねる中で、私は「早撤」の地位を築いてきた。

「早徹」とはテントで一夜を過ごした翌朝、誰よりも早く撤収を終え、いの一番でキャンプ場を立ち去る者だけに与えられる称号だ。

早徹なるもの、目覚ましの類を使うのは邪道。そして出発を急ぐからといって、朝食を抜く等は論外だ。

鳥のさえずりで目を覚まし、しっかりと朝食をとった後はお茶をたしなむ。そして身体をほぐしがてらキャンプ道具をバイクに積み込み、仲間が寝ぼけ眼でテントから顔を出すタイミングを見計らって、ボンとエンジンンに火を入れるというのが、早徹の神髄である。
IMG_20190526_054327.jpg

ところが今回、そんな早徹道を極めてきた私の座を脅かす輩が現れた。

残念なことに、私がテントをたたみ始めた頃、彼は既にすべてを終え、ヘルメットとグローブを身に着けていたのだ。

早徹の座も遂にここまでか。

そんな私の思いを神が聞き入れたのか、彼のバイクのセルが回らない。どうやらバッテリー切れのようだ。

思わぬところで起死回生のチャンスが転がり込んできた。

しかし旧車を操る彼に抜かりはなかった。シートにくくりつけられたバッグに手を伸ばすや、ブースターケーブルを取り出したのだ。

本来なら絶体絶命だったはずの事態を、彼は数分のロスだけで乗り切った。

不本意ながら、遂に笑顔で彼を見送る立場に回ることになってしまったのだが、荒れたフィールドが私に味方して、彼が立ちごけすることに最後の望みをかけた。

しかし愛車にまたがった彼は、ヘルメットを上下に揺らしながら、小さくなっていった。
IMG_20190526_050402.jpg

以上が朝もやの中で起こった王座からの転落劇だったのだが、我こそは早徹なりという読者がいらっしゃったら、ブーバイクを聴いたうえで、ブーイベントに参加して欲しい。

今やバイク系インターネットラジオ最大のオカルト派閥になったブーバイクが、きっとあなたを優しく迎え入れるだろう。

そして王座奪還を虎視眈々と狙うこの私と、早徹の雌雄を決しようではないか。
IMG_20190525_150203.jpg
今回のネタは如何でしたでしょうか。ネタがイマイチな時ほど写真が多くなるなどという感想は、どうかあなたの心の中だけに留めておいていただきたい。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

メカ音痴がバイクに乗るということ

バイクが動かなくなって、レッカーで運ばれたことが2度ある。

最初の時はダブヨンで、ジェネレータが死んだ。

次がMT-09で、プラグとバッテリーが同時に逝ってしまった。

メカ音痴の私がやったことと言えば押しがけぐらいで、それも徒労に終わったのだが。

ただ両方ともロングツーリングの最中ではなかったことが、せめてもの救いだった。
IMG_20181224_150612 (1) 

GWの東北、MT-09は快調だった。

先月レンタルしたCRF250Lには負けるが、その軽快さはなかなかのもので、何よりトルクフルなエンジンは、東北の変化に富む土地を駆け巡るのには、うってつけのバイクだと感じた。
DSC06063.jpg 

キャンプ場に戻るべく、最終の休憩場所でMT-09に跨った時に事件は起きた。

セルを押しても、バイクがウンともスンとも言わない。

バッテリーはまだ新しい。だからセルが全く回らないということは、疑うべきはバッテリーではない。この時点では楽観的だった。

キルスイッチか?

いや、キルとセルのスイッチが一体化しているMT-09の場合、オチがキルスイッチということは構造上あり得ない。

さすがにイグニッションはONだし、メーターディスプレイも点灯している。

ならばギアを入れたままエンジンを止めたか?

しっかりとニュートラルに入っている。

念のため、1速、2速と入れてから、再びニュートラルに戻してセル。

変化なし。

福島からバイクを捨て単身帰るにしても、設営したままのテントやら何やらどうするのだ。

ヘルメットの中で「マジか」と毒づく一方、3度目のレッカーを冷静に覚悟している自分がいる。

「結構、肝っ玉座っているな俺」と変な関心をした時、セルを押すと同時に何事もなかったかのようにエンジンがかかった。

走り出しても、異音、異臭、違和感、何もない。

エンジンがかからなかったのは、きっと気のせいだったのだ。

メカに詳しくないと、こういう時はむしろ強みになる。

考えたり、悩んでも仕方がないのだ。

あとは先程起こったことなどすっかり忘れて、キャンプ場での最後の夜を楽しく過ごした。
IMG_20190502_183408 (1) 

翌朝撤収を終え、セルを押したところでまた反応がない。

ようやく夢から覚めたように、昨日起こったことを思い出した。

残念ながら、あの事態は現実だったようだ。

しかし昨日はガチャガチャやれば動いたのだ。今日もガチャガチャやってみよう。

メカに詳しくないということは、こういう時本当にありがたい。

果たしてガチャガチャで、やはりバイクは何事もなかったかのように動き出した。

その後も道中で同じことを2度繰り返したが、それ以降は何度やっても一発でエンジンがかかるようになった。

やはり気のせいだったと思いたいが、さすがに私もそこまでお気楽ではない。

しかしバイク屋に持っていくのも面倒くさいし、たとえ診てもらったとしても、再現しない状態では、しばらく様子を見てくださいと言われるのがオチのような気がする。

やはりここは東北の楽しかった思い出を胸に刻みつつ、余計なことは忘れることにしよう。

最悪止まったバイクが動かなくなるという事であれば、死ぬことも怪我することも無いのだから。
DSC06070.jpg 
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

春合宿の東北を走り尽くせ

GWは福島でテントを張った。

先日CRF250Lに魅せられたからだろうか、MT-09の魅力を再確認したくなって、少々意地にでもなったかのように、福島、山形、宮城を走り続けてみた。

そんな春合宿の様相を呈したツーリングだったが、宮城県の山間にある一軒の商店の前を通り抜けたとき、突然シールドの隙間から、なんともいえない甘い匂いが入り込んできた。

匂いの正体を突き止めたくなった私は、迷うことなくUターンを決めた。

その商店の外観は、田舎でよくみかける個人経営の食料品店のそれだ。匂いにつられることがなければ、よっぽどの緊急事態でもない限り、決して足を止めることは無かっただろう。
IMG_20190502_145713.jpg 

外観から予想した通り店内は乾物系の食糧品等が並んでいるのだが、中央におかれたショーケースの中に匂いの正体をみつけた。

店の奥から出てきた若女将(これは予想外)から、「今日は風が強いからバイクは大変だったでしょう」などと言われてしまえば、どんな味か知りもしないのに、ついつい多めに選んでしまうのは自明の理だ。

手渡されたこの紙袋を見て「残念」と思う人は、修行が足りない。昭和の香り漂うこの紙袋だからこそ、中身がまだ温かいことを客に伝えることができるのだ。
IMG_20190503_131057.jpg 

もうここまでくれば食べなくともわかる。大勝利に間違いない。

キャンプ場まで我慢できず、コンビニコーヒーと一緒に食べたアップルパイ。一口頬張った瞬間、オシャレなオープンカフェにいるかのような錯覚に陥った。
IMG_20190502_153912.jpg 

本命と目された「あげまんじゅう」は言わずもがな。あの時Uターンを決めた私は正しかった。いや私の鼻が正しかったというべきか。
IMG_20190503_131135.jpg 

いずれにしろ、この「あげまんじゅう」一つで殴り込みをかければ、全国のドーナツチェーンを駆逐するなど造作もないことだろう。

最後に「春合宿」の結果についても語らねばなるまい。

もし今回のツーリングで春合宿の要素があったとしたならば、「美しい景色に出会うたびにUターンの技術を磨くことが出来た」ということぐらいだろうか。
DSC06057 (1) 

DSC06074.jpg 

もちろん私の言うUターンとは、両足バタバタのアレのことだ。
無事これ名馬なり。
IMG_20190502_172210.jpg 

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

キャンプツーリングとランチョンマット

新聞配達のカブの音で目が覚めた。
3月になったとはいえ、暖かいベッドから抜け出るには、まだまだ勇気がいる季節だ。

一昨日から昨日にかけて、キャンプ場で一日を過ごした。

ランチョンマットを手に入れ、おしゃれキャンパーの仲間入りを果たしたからには、キャンプ場での過ごしかたも変わらなければならない。

暖かい飲み物を用意して読書。
DSC06020.jpg 
柔らかい日差しのおかげで、ページをめくるスピードも速くなる。

夜になってもランチョンマットのおかげで、おしゃれな読書家は健在だ。
IMG_20190301_195022.jpg 

話の展開に気をとられ、何度も焚火を消しそうになったが。
IMG_20190301_191841.jpg 

全ての薪をくべ終えたのは日付が変わる少し前、それでも翌朝は麗らかな日差しとともに気持ちの良い朝を迎えることが出来た。
DSC06018 (1) 

そしてこうなることは百も承知で出かけたのだが、帰宅後花粉のせいで風邪の諸症状が出てしまい、昨夜は早々にベッドに入った。

カブは行ってしまったが、辺りはまだ暗い。
今は目が少し痒いだけだ。

バイクを知らない人が聴いてもカブだとわかるその音。

カブは日本人にとっての文化遺産になったんだと思いながら、暖かいベッドの中で二度寝を決め込んだ。

キャンプ沼とホットサンドとオートバイ

ファミリーキャンプというものをやったことがない。

私にとってファミキャンは、大人の事情でこれからも縁が無いだろう。

しかし日帰りのキャンプ、デイキャンプなら先週初体験をしてきた。

好きな具材を持ち寄り、お日様のもとでホットサンドを食よう!という企画のそのデイキャンは、ノンアルコールだったこともあり、文科省の推薦をいただけるような健全な休日の過ごし方となった。
IMG_20190217_123415.jpg 

好きが高じて、キャンプ道具にどんどんお金をつぎ込んでしまうという意味で「キャンプ沼」という言葉があるが、私は沼に入ることなくこれまで過ごしてきた。

ところが今回、明るい中で繁々と参加者の装備をみてしまったため、自分のものがみすぼらしく思えてきた。
IMG_20190217_140119.jpg 

ということで、私も遅ればせながらキャンプ沼へと一歩足を踏み入れることにした。

これまで使ってきたキャンプ用のテーブル。軽くコンパクトなのは良いのだが、無機質で温もりを感じられる一品ではない。
IMG_20190224_073032.jpg 

IMG_20190224_072421.jpg 

そして今回参加者のテーブルを横目で見て、早速追加したのがコレ。
ランチョンマットだ。
IMG_20190224_073607.jpg 

このランチョンマット1枚で、オシャレキャンパーの仲間入り、インスタ映え間違いなし。

そして、この1枚を使いたくて、早くキャンプツーリングに行きたくて仕方がないのだから、我ながらお安い男である。
IMG_20190224_072732.jpg 

さて、そんな私をキャンプ沼に引きずり込むイベントを開催してくれたのは、バイク系インターネットラジオ「京葉ガレージ」のパーソナリティである、しんぺーさんとパイセンさんのお二人。

文科省推薦どころか、宮内庁御用達でも通りそうな健全なイベントを企画してくれた京葉ガレージだが、放送内容の方も健全かどうかは、ぜひあなた自身の耳で確かめてほしい。
IMG_20190217_170627.jpg 
京葉ガレージの放送は、iTunesYouTube、ポッドキャストの各種アプリや、こちらのブログでも聴くことが出来るよ。

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター