FC2ブログ

雨降る北海道とバンバン

「雨ばかり続く北海道を走って楽しいんですか?」

先日のキャンプで、こんなことを聞かれたのだが、上手くは答えられなかった。
DSC04335.jpg

一昨年前の夏の北海道、現地6泊7日間のキャンプツーリングの全日程で、冷たい雨が降った。

かつてその際の没ネタをまとめた記事を書いたことがある。

冒頭の質問の答えは多分その記事の中にあるはずなのだが、先週のキャンプ場ではそれを上手く言葉にすることが出来なかった。

洗練された文章はその記事のどこにも見当たらないが、我ながら自分の素直な思いを書き綴ることが出来ていて、これまでも、とあるごとに読み返してきた。
DSC04202.jpg

私には、一方的にブログの師匠と呼び尊敬するブロガーさんがいる。そしてそのかたは旅人としても私の師匠だ。

そんな師匠のブログで、なんとこの度、先程の私の記事が紹介されてしまったのだ。

その事実を目にした昨夜から興奮さめ止まぬまま今に至り、挙句にはそれをここで自慢してやろうという魂胆なのだ。

私同様、熱心な読者だという方も多いだろうその師匠のブログとは『車が3つの轟さん日記2』
DSC04407.jpg

師匠とはこれまでにもツィッターで何度かやりとりをさせていただいたことがあるのだが、直接お会いしたことがない。

しかし師匠とはいつかどこかのキャンプ場で、それともどこかの道端で、きっと偶然にお会いできると信じている。

だから私はこれからも旅先でスズキのバンバン200をみかけたら、相手に不審がられるぐらいに追い回し続けるのだ。

そうして師匠の背中を追いかけつつ、バイクに乗ってブログを書き続けよう。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

生き残りを懸けた富士山キャンプツーリング

屈強な体躯と高い知能をもったネアンデルタール人が滅んだのは何故か。

それは、コミュニティを作る能力が、ヒトに比べて劣っていたからだ。

めまぐるしく変化する自然環境に順応し生き残っていくためには、大きなコミュニティの中で知識を蓄積していく必要があったのだが、彼らが作るそれは家族単位の小さなものだったのだ。

私もソロキャンプばかりを繰り返していては、いつかネアンデルタール人と同じ運命を辿ることになってしまう。

ということで、生き残りの知恵を磨くため、先週末に続いて今週末もキャンプイベントに参加した。
IMG_20190602_044340 (1)
キャンプ場では、そんな知識の習得に勤しんだのだが、酔いのせいかよく覚えていない。

たしか、茨城県の大洗という町では、砲身を積載していないバイクはキャンプ場に入れてもらえないとか、メダカを育てればバイク購入資金を稼げるとか、フェスでキャンプをしない奴はキャンパーに非ずとか、そんなことを吹き込まれたはずだ。

とにかく記憶が定かではないのだが、「フェス」のくだりさえ押さえておけば、今後もキャンパーとしてやっていけそうな気がする。

いや、正しくはキャンパーとして「やれそうな」気がするだったか。

そんなおぼろげな記憶を紐解きつつ、この夏はソロキャンパーとしてフェスに乗り込みたいと思っている。。
IMG_20190601_153355.jpg
さて、こんな怪しげなブログの情報に惑わされるのには、もううんざりだという方も多いでしょう。

そんな時は、今回のイベントの主催者であるクロガクさんがパーソナリティをつとめる「Vトークラヂオ」を聴いてみては如何でしょうか。

ツーリングと鉄道について、正確無比な情報提供を信条とするクロガク兄貴が、きっとあなたの探究心を満たしてくれることでしょう。
IMG_20190602_171411.jpg
尚、冒頭のネアンデルタール人ですが、絶滅の理由には諸説あるので、他の人に吹聴しないように。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

求道ライダーの振る舞い

週末を過ごしたキャンプ場で、このブログの読者だという方から「今回はどんなネタを書くんですか?」と話しかけられた。

このブログを評して「ネタ」とは何事か。

どうもBモードの達人の文学的価値を理解しておられないようだ。

さて、この週末は、これまで何度かご紹介したバイク系インターネットラジオ「ブーバイク」のキャンプイベント(通称:ブー富士)に参加した。
IMG_20190525_105919.jpg

ほぼ毎年開催されてきたこのイベントへの参加を重ねる中で、私は「早撤」の地位を築いてきた。

「早徹」とはテントで一夜を過ごした翌朝、誰よりも早く撤収を終え、いの一番でキャンプ場を立ち去る者だけに与えられる称号だ。

早徹なるもの、目覚ましの類を使うのは邪道。そして出発を急ぐからといって、朝食を抜く等は論外だ。

鳥のさえずりで目を覚まし、しっかりと朝食をとった後はお茶をたしなむ。そして身体をほぐしがてらキャンプ道具をバイクに積み込み、仲間が寝ぼけ眼でテントから顔を出すタイミングを見計らって、ボンとエンジンンに火を入れるというのが、早徹の神髄である。
IMG_20190526_054327.jpg

ところが今回、そんな早徹道を極めてきた私の座を脅かす輩が現れた。

残念なことに、私がテントをたたみ始めた頃、彼は既にすべてを終え、ヘルメットとグローブを身に着けていたのだ。

早徹の座も遂にここまでか。

そんな私の思いを神が聞き入れたのか、彼のバイクのセルが回らない。どうやらバッテリー切れのようだ。

思わぬところで起死回生のチャンスが転がり込んできた。

しかし旧車を操る彼に抜かりはなかった。シートにくくりつけられたバッグに手を伸ばすや、ブースターケーブルを取り出したのだ。

本来なら絶体絶命だったはずの事態を、彼は数分のロスだけで乗り切った。

不本意ながら、遂に笑顔で彼を見送る立場に回ることになってしまったのだが、荒れたフィールドが私に味方して、彼が立ちごけすることに最後の望みをかけた。

しかし愛車にまたがった彼は、ヘルメットを上下に揺らしながら、小さくなっていった。
IMG_20190526_050402.jpg

以上が朝もやの中で起こった王座からの転落劇だったのだが、我こそは早徹なりという読者がいらっしゃったら、ブーバイクを聴いたうえで、ブーイベントに参加して欲しい。

今やバイク系インターネットラジオ最大のオカルト派閥になったブーバイクが、きっとあなたを優しく迎え入れるだろう。

そして王座奪還を虎視眈々と狙うこの私と、早徹の雌雄を決しようではないか。
IMG_20190525_150203.jpg
今回のネタは如何でしたでしょうか。ネタがイマイチな時ほど写真が多くなるなどという感想は、どうかあなたの心の中だけに留めておいていただきたい。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

メカ音痴がバイクに乗るということ

バイクが動かなくなって、レッカーで運ばれたことが2度ある。

最初の時はダブヨンで、ジェネレータが死んだ。

次がMT-09で、プラグとバッテリーが同時に逝ってしまった。

メカ音痴の私がやったことと言えば押しがけぐらいで、それも徒労に終わったのだが。

ただ両方ともロングツーリングの最中ではなかったことが、せめてもの救いだった。
IMG_20181224_150612 (1) 

GWの東北、MT-09は快調だった。

先月レンタルしたCRF250Lには負けるが、その軽快さはなかなかのもので、何よりトルクフルなエンジンは、東北の変化に富む土地を駆け巡るのには、うってつけのバイクだと感じた。
DSC06063.jpg 

キャンプ場に戻るべく、最終の休憩場所でMT-09に跨った時に事件は起きた。

セルを押しても、バイクがウンともスンとも言わない。

バッテリーはまだ新しい。だからセルが全く回らないということは、疑うべきはバッテリーではない。この時点では楽観的だった。

キルスイッチか?

いや、キルとセルのスイッチが一体化しているMT-09の場合、オチがキルスイッチということは構造上あり得ない。

さすがにイグニッションはONだし、メーターディスプレイも点灯している。

ならばギアを入れたままエンジンを止めたか?

しっかりとニュートラルに入っている。

念のため、1速、2速と入れてから、再びニュートラルに戻してセル。

変化なし。

福島からバイクを捨て単身帰るにしても、設営したままのテントやら何やらどうするのだ。

ヘルメットの中で「マジか」と毒づく一方、3度目のレッカーを冷静に覚悟している自分がいる。

「結構、肝っ玉座っているな俺」と変な関心をした時、セルを押すと同時に何事もなかったかのようにエンジンがかかった。

走り出しても、異音、異臭、違和感、何もない。

エンジンがかからなかったのは、きっと気のせいだったのだ。

メカに詳しくないと、こういう時はむしろ強みになる。

考えたり、悩んでも仕方がないのだ。

あとは先程起こったことなどすっかり忘れて、キャンプ場での最後の夜を楽しく過ごした。
IMG_20190502_183408 (1) 

翌朝撤収を終え、セルを押したところでまた反応がない。

ようやく夢から覚めたように、昨日起こったことを思い出した。

残念ながら、あの事態は現実だったようだ。

しかし昨日はガチャガチャやれば動いたのだ。今日もガチャガチャやってみよう。

メカに詳しくないということは、こういう時本当にありがたい。

果たしてガチャガチャで、やはりバイクは何事もなかったかのように動き出した。

その後も道中で同じことを2度繰り返したが、それ以降は何度やっても一発でエンジンがかかるようになった。

やはり気のせいだったと思いたいが、さすがに私もそこまでお気楽ではない。

しかしバイク屋に持っていくのも面倒くさいし、たとえ診てもらったとしても、再現しない状態では、しばらく様子を見てくださいと言われるのがオチのような気がする。

やはりここは東北の楽しかった思い出を胸に刻みつつ、余計なことは忘れることにしよう。

最悪止まったバイクが動かなくなるという事であれば、死ぬことも怪我することも無いのだから。
DSC06070.jpg 
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

春合宿の東北を走り尽くせ

GWは福島でテントを張った。

先日CRF250Lに魅せられたからだろうか、MT-09の魅力を再確認したくなって、少々意地にでもなったかのように、福島、山形、宮城を走り続けてみた。

そんな春合宿の様相を呈したツーリングだったが、宮城県の山間にある一軒の商店の前を通り抜けたとき、突然シールドの隙間から、なんともいえない甘い匂いが入り込んできた。

匂いの正体を突き止めたくなった私は、迷うことなくUターンを決めた。

その商店の外観は、田舎でよくみかける個人経営の食料品店のそれだ。匂いにつられることがなければ、よっぽどの緊急事態でもない限り、決して足を止めることは無かっただろう。
IMG_20190502_145713.jpg 

外観から予想した通り店内は乾物系の食糧品等が並んでいるのだが、中央におかれたショーケースの中に匂いの正体をみつけた。

店の奥から出てきた若女将(これは予想外)から、「今日は風が強いからバイクは大変だったでしょう」などと言われてしまえば、どんな味か知りもしないのに、ついつい多めに選んでしまうのは自明の理だ。

手渡されたこの紙袋を見て「残念」と思う人は、修行が足りない。昭和の香り漂うこの紙袋だからこそ、中身がまだ温かいことを客に伝えることができるのだ。
IMG_20190503_131057.jpg 

もうここまでくれば食べなくともわかる。大勝利に間違いない。

キャンプ場まで我慢できず、コンビニコーヒーと一緒に食べたアップルパイ。一口頬張った瞬間、オシャレなオープンカフェにいるかのような錯覚に陥った。
IMG_20190502_153912.jpg 

本命と目された「あげまんじゅう」は言わずもがな。あの時Uターンを決めた私は正しかった。いや私の鼻が正しかったというべきか。
IMG_20190503_131135.jpg 

いずれにしろ、この「あげまんじゅう」一つで殴り込みをかければ、全国のドーナツチェーンを駆逐するなど造作もないことだろう。

最後に「春合宿」の結果についても語らねばなるまい。

もし今回のツーリングで春合宿の要素があったとしたならば、「美しい景色に出会うたびにUターンの技術を磨くことが出来た」ということぐらいだろうか。
DSC06057 (1) 

DSC06074.jpg 

もちろん私の言うUターンとは、両足バタバタのアレのことだ。
無事これ名馬なり。
IMG_20190502_172210.jpg 

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター