FC2ブログ

宣言開け前夜 ライダーの誓い

バイクのオドメータが一向に増えない代わりに、走行距離が飛躍的に伸びた。

ジョギングの話だ。
DSC03893 (1)
非常事態宣言下、外出の回数は極端に減り、髪や髭が伸び、ストレスが増え、やがてジョギングが日課になった。

バス停を探しながら歩く太川陽介さんにも抜かれるようなスピードゆえ、調子が乗った日はどこまでも走り続けることが出来る。

おかげで10年近く住み続ける街にも、まだまだ知らない景色が沢山あることに気付いた。

手焼きせんべいのお店。

民家を改装した喫茶店。

いつも椅子にもたれて眠そうにしている古びたカーディーラの店主。

養鶏場とその匂い。

野草の列に誘われて進んだ先でみつけた馬霊を祀った塚。

火葬場の近くの真っ暗な坂道。

その坂道をのぼり切った後にあらわれる一本道と清々しい風。

そしてこの街には無数の行き止まりがあり、この季節には色とりどりのアゲハ蝶が舞うことを知った。
DSC03902 (1)
緊急事態宣言が明ければ、オドメータは以前と同じように数字を刻み始めるはずです。

しかし行き止まりに出くわし後戻りする回数は、これまでよりずっと増えることになるでしょう。

この2カ月弱は、私に何かをもたらしたでしょうか。

今言えることは、たとえ第二波、第三波がやって来たとしても、怖気づくことなく人生を走り続けるということですにほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

遠くツーリングを夢見て勝利あるのみ

普段から不要不急の遠出は殆どしない私だから、ツーリングもキャンプもNGとなれば、いよいよ引きこもりの生活が続く。

しかし若い頃はいつも街に繰り出して遊んでいたものだ。

そんな私がこれまで街中で偶然見かけた著名人を列挙してみよう(ロケなど、ご本人が仕事中の場合は除く)。

※敬称略・順不同

①大仁田厚

②BEGINのボーカルの人

③ゴスペラーズの人

④ばんばひろふみ

⑤美川憲一

⑥山口智充

⑦里見まさと(ザ・ぼんち)

⑧桂文福

⑨国村隼

⑩谷隼人・松岡きっこ夫妻

⑪南果歩

⑫伊達公子

長年生きてきて、僅かこれだけだ。
DSC05207 (1)
観光地の駐車場に集まるバイクのニュース映像はショッキングだった。

そんな私だって、近場の公園にしか立ち寄らないからと、先週末はこそこそと朝からバイクを引っ張り出した。

日本国内で新型コロナウイルスの犠牲者は300人を越えた。

その中には滅多に会えない著名人が含まれている。

言うまでもなく志村けんさんと岡江久美子さんだ。

皮肉な話だが普段は遠い存在のお二人の死が、誰もがこの病気と隣り合わせであることを教えてくれた。

すっかり恐怖をおぼえてしまった今週末は、バイクで出かけようとは思わなかった。

東京オリンピックの開催について気をもんでいた頃が懐かしい。

先が見えない戦いは続く。
DSC05185 (1)
さて私が出会った著名人ですが、なかでも周辺に負のオーラをまき散らしていた某氏の印象は最悪でした。

某氏とは数年後に全く違う場所で再び出くわすことになるのですが、その時も強烈な負のオーラは健在で、結果私がプロレスラーに抱いていた尊敬の念までも、どこかへ消え去ってしまいました。

一方、場所が街中ではなかったので、上の記載からは漏れてしまいましたが、お会いして最も心が躍ったのは、バイクジャーナリストの小林ゆきさんです。

それは北海道の霧多布キャンプ場でした。

私はテントの中で昼寝をしていたのですが、普段YouTube等で耳にしていたご本人の声がテントの外から聞こえた時は、本当に夢かと思いました。
DSC04440.jpg
戦いは続きます。

しかし今年か来年、あるいは再来年か、いつかきっと戦いに勝利し、また愛車で北海道に渡ります。

そしてテントの前で独り勝利の美酒に酔うと心に決めているのです。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
DSC04485.jpg

私のツーリングライフ

ツーリングでコンビニは利用しない。

非日常を楽しむ為のツーリングに、普段の生活の中にあるコンビニの空気を持ち込みたくないからだ。

ツーリングでは観光スポットには行かない。

バイクでしかできない旅をしたいからだ。

食事も同様。行列や混雑する駐車場をみると、途端にそのお店に対する興味を失う。

ひと気のなさそうなお店であっても、暖簾が出ているなら勇気を出して飛び込んでみよう。

お昼時にパラパラと集まってくる常連さん達に交って、少々居心地の悪い思いをしながら食べる定食は、どこか新鮮な味に感じるはずだ。

珍奇なバイクウェアを横において、黙々と食事をする私のことが居たたまれなくなるのか、お店の人や常連さんが声をかけてくれることがある。

そんな時に交した会話が、何年たっても忘れない思い出になったりする。

いつもソロで走る私だが、独りだけのツーリングは、きっとつまらないものになるに違いない。
DSC05157 (2)
さて、冒頭で『コンビニは利用しない』と書きました。

断っておきますが、北海道のセコマ(セイコーマート)は別です。

あれはコンビニではありません。砂漠の中に忽然と現れるオアシスです。

そんなセコマで手に入れたジンギスカン、プチトマトやフレッシュサラダを食べるだけでも、北海道でキャンプをする価値はあるのですから。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
DSC05565.jpg





独りでバイクを走らせる理由

桜が咲いた週末、ハンカバを外して家を出た。

早朝こそ肌寒かったが、休憩のたびに真冬の装備がどんどん軽くなっていく。

目指したのは南房総だったが、陽気に誘われ、途中の公園で文庫本を手にバイクを降りた。
IMG_20200321_083000 (1)
麗らかな日差しの下、心行くまでページをめくり続けたら、またバイクが恋しくなってきた。

公園を出て、南房総に向かう道は通行止めだったが、こんな日は遠回りも大歓迎だ。

実は読書の後、再びバイクの上で風を浴びたら、目的地のこと等どうでもよくなってしまっていたのだ。

あとは風が気持ちよさそうな道ばかりを選んで走ろう。

そもそも目的地といったところで、それはツーリングに出るための口実でしかないのだから。
DSC05267 (1)
上の写真は2年前のGW、岩手で撮ったものです。

この時も南に向かう事だけを決めて、あとは気持ちのよさそうな道を選んで走っていました。

これから何回バイクに乗って春を迎えられるかは分かりませんが、いつまでも気ままに走ることが大好きなバイク乗りであり続けたいと思います。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

霞ケ浦の空を舞うプロペラ機

バイクを走らせていると、自分が飛行機乗りになったかのような感覚をおぼえることがある。

膝に抱えたエンジンが発する振動や音がそう感じさせるのかもしれない。

コーナーの先を見つめながらスロットルを開ける時、プロペラが唸りを上げ、翼が雲を切り裂き大空を駆け上がっていくのだ。
DSC06331.jpg
霞ケ浦のほとり、阿見にある予科練平和記念館を訪れた。

これまで「予科練」という言葉は知っていたが、それがどこにあり、どのような歴史をたどったのかについて、恥ずかしながら殆ど知識がなかった。

かつてこの場所には、海軍の航空隊があった。

そこにおかれた予科練習部では、14歳から17歳までの未来の戦闘機乗り達が、日夜厳しい訓練に明け暮れていたのだ。

少年達は予科練の門をくぐることが、自分の命を国のために差し出すことだと理解していた。

それにもかかわらず、当時の少年達にとって、予科練生の証である七つボタンの制服に袖を通すことが、大きな憧れだったのだ。

記念館でみた七つボタンの制服は、信じられないぐらいに小さな肩幅だった。

彼らはその小さな身体が空の上でバラバラになる恐怖を押し殺し、遠く親元を離れたこの場所でどのような未来を思い描いていたのだろうか。

彼らの多くは淡い恋を経験することすら許されなかった。

かつて予科練から戦地に送り出された少年は2万4千人を数え、その8割の約1万9千人が終戦迎える前に短い一生を終えた。
IMG_20200223_123112 (1)
デマを流す輩がいる。それに便乗する奴等がいる。

例えそのような意図は無くとも、空っぽの棚の写真をSNSにアップすれば、そんな奴等の思うつぼだ。

メディアは首相の会見を批判するくせに、スーパーの前で行列に並ぶ人達を今日も画面にうつしだし、肝心のトイレ紙メーカには取材班を送らない。

私達にはかつて少年達が命を捧げて守ったこの国を、守り抜かなければならない責務がある。

今こそ冷静に判断して、冷静に行動しようにほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ




このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター