FC2ブログ

前回の記事のお詫びと価値観の逆転

無知は恥ずかしいことではない。

しかし無知である己を忘れ、真実を知る努力を怠ることは、とても恥ずべきことだ。

前回の記事で私は、最近の門のない住宅について、十分に調べもせずに批判的なことを書いた。

実は記事を読んだかたに教えていただいたのだが、そういった住宅は「オープン外構」と呼ばれ、私が書いたようなデメリットもあるのだが、一方で泥棒が身を隠せる場所がなくなるといった防犯上のメリットや、その他にも地域の景観の向上に積極的に貢献できる等、様々なメリットがあり、最近の住宅のスタイルの一つになっているそうだ。

「門がない」⇒「泥棒が身を隠せる場所が無くなる」⇒「防犯力アップ」
DSC05729 (1) 

私のことをオープン外構の利点も知らず短絡的な記事を書いた大馬鹿モノと、ぜひ笑っていただきたい。そしてもし記事を読んで不快な気持ちになった方がいらっしゃったなら深くお詫びいたします。

(本気で反省しています)
DSC05756 (1) 


さて、わがMT-09が鎮座する駐輪場だが、奥まった場所にあるため、公道からはそこにバイクがあることを知ることはできない。

そのような立地ゆえ、これまで防犯上非常に好ましい駐輪場だと安心しきっていた。しかし「オープン外構」の考え方に則れば、泥棒が仕事をしやすい駐輪場ということになる。

俄然不安になってきた。夜も眠れない。

そんな不安を打ち消す完璧なオープン外構の駐輪場を求めるなら、答えはたった一つ。

引っ越し?

ちがう

キャンプツーリングだ!
DSC05345.jpg 

飛び出し事故の危険に関する検証

先週末のツーリングからの帰り、自宅近くの静かな住宅街でのこと。

突然、道路沿いの一戸建てから、小さな女の子が飛び出してきた。

とっさのフルブレーキ、女の子の驚いた表情。
女の子と目があったのをしっかり覚えている。

幸いスピードがそれほど出ていなかったこともあり、事故にならずに済んだ。

「前輪ABSが問題なく作動することを初めて確認できた」と喜んでいる場合ではない。再発を防ぐため原因の検証が必要だ。

当然ながら最大の原因は、勝手知ったる道だと漫然と走っていた私にある。猛省が必要だ。

しかしなぜ女の子は道に飛び出してきたのか。翌日徒歩で再びその現場を訪れてみると、すぐにその理由がわかった。

女の子が飛び出してきた家は、玄関を出ると2段の階段をおりて、すぐに道路に出ることになる。

問題はここからで、女の子が玄関を飛び出し、階段を降りて加速、本来はその勢いはその家の門が止める役割を果たすのだが、そこにはそもそも門がないのだ。

しかしこの家が特別という訳ではなかった。周辺を見回すと、最近建てられたらしい家の多くに門が存在していない。

一戸建ての家を持つ事など考えたこともない私は、これまで全く気付かなかったが、どうやら最近は門無しの家が多くなっているらしい。

thumb_pixta_24787767_S.jpg 

自分のことを棚に上げることは承知の上で言わせていただくと、小さなお子さんのいらっしゃるご家庭で、こういうタイプの家を購入される場合は、何らかの対策を検討された方がよいと思います(出来れば他の資金を削ってでも、門は必要だと思います)。

更に言わせていただくと、コストを抑えるためなのか理由は不明だが、こういった住宅の提供を良しとする業者(業界)側の姿勢に大きな問題がある(※)と思うのだが、自分のことを棚に上げっぱなしなので、この辺で終わりにします。

(※)この記事を読んだ方から教えていただいたのですが、こういった住宅のことを「オープン外構」というのだそうです。オープン外構には私が書いたように、子供の飛び出し等でデメリットもあるのですが、一方で建築費の削減だけではなく、泥棒が身を隠せる場所がなくなるといった防犯上のメリットや、その他にも地域の景観の向上に積極的に貢献できる等、様々なメリットがあり、最近の住宅のスタイルの一つになっているという事です。

単純な私は一つのデメリットだけを取り上げ、偉そうなことを書いてしまい、大変恥ずかしい限りです。今後何らかの意見を発信する場合は、十分物事の真相を確認したうえで記事にしたいと思います。

今回の記事は私自身への戒めのため、あえて削除せずに残しますが、もしご不満などありましたら遠慮なくコメントをいただければと思います。またもし今回の記事で気分を害されたかたがいらっしゃいましたら深くお詫び申し上げます。
IMG_20180916_082414.jpg 

房総ツーリングのありがたい雨

資源の少ない我が国だが、水にだけは恵まれている。

日本の自然は、雨のおかげで育まれてきたのだ。
DSC05716.jpg 

だから天気予報が大外れして、雨のなか房総を走り続けることになっても、私は怒らない。

怒らないかわりに、私は雨の中考え続けた。

「この雨を表現するのにピッタリの言葉があったよな」

「しとしと」 

違う

「なんだったかな」

雨は強くはない。
南に向かって走り続ければ、そのうちに雨もやむだろう。
IMG_20180916_130251.jpg 

しかし南房総まで走っても雨はやまない。

コーヒーでも飲みながら、この雨を表現する言葉を思い出そう。
IMG_20180916_104117.jpg 

コーヒーを飲み終えても雨はやまない。
言葉も思い出せない。
北の空も真っ白だ。
DSC05717.jpg 

天気予報には完全に裏切られた。
しかし私は怒らない。

なぜなら、これは自然にとって恵みの雨。
ありがたく雨に打たれながら帰ろうではないか。

そして、雨の中の帰還。

かと思いきや、地元は晴れとるやないか。
どないなっとんねん。責任者出てこい!
IMG_20180916_140941.jpg 

さて帰宅後、道の駅で買った弁当をみて、やっとあの言葉を思い出した。
IMG_20180916_120529.jpg 

そぼろ降る雨」

違う!

「そぼ降る雨」だ

ああ、日本語は美しい。
そして雨降る日本のなんと美しいことか。
IMG_20180916_074842.jpg 

2台のバイクの印象

酷暑の中、房総を走り東の海をみた

高く白い波が浜に打ち寄せる

ライジャケもブーツも脱いで、あの波に飛び込むべきだと思った

水上バイクを牽引するピックアップトラックがやってきた

残念ながらこれまではダークなイメージが強かった水上バイクだが、先の西日本豪雨で人命救助に一役買った出来事はお見事だった

いつもなら強面に感じるはずのピックアップトラックの若者の表情も、こころなしか柔和に見える

帰路、千葉市街の高速道路上ではバイクの液晶が39℃を表示した

これまで経験したことがない、気が遠くなるような暑さだ

前に続く車の列が蜃気楼のように歪み始めた時、後方で「ギャイン」という爆音がしたかと思うと、1台のバイクが車列を一気に抜き去り彼方の点となった

おかげで正気を取り戻すことが出来た

クーラーの効いた車内に座る人達の目に、あのバイクはどう映ったのだろうか
DSC05368.jpg 

想像力が欠如したライダー

「滴り落ちた汗で出来た水たまりのせいで、近寄ってきた人が足を滑らせる」

冒頭のシーンは、あるプロレスラーのスクワットトレーニングでの逸話だが、これを聞いたとき、レスラーというものは物凄いトレーニング量だなと驚いたものだ

しかし良く考えてみれば、摩擦係数の少ないトレーニングルームの床面であれば、少々の水であってもたやすく人がバランスを崩すことは容易に想像できる(無論レスラーのトレーニング量を疑う気持ちはないが)

そして今回の西日本全域を襲った集中豪雨
もはや人知を超えた自然の脅威だ

水はいとも簡単に人の命を奪っていく
人間の力で抗えること等、そこにはない

ツーリング中、豪雨を予感させる雲に向かって走るとき、不安な気持ちとは裏腹に何かを期待するワクワクした思いが同時に湧き上がる

私はなんと浅はかで、はた迷惑なライダーなのだろうか

被災者の方々が、一日でも早く安心して夜を過ごせますように
DSC04232.jpg 

このブログを書いている人

ももとち

Author:ももとち
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

最近の記事

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム