FC2ブログ

幸運のニューアイテムで房総ツーリング

「人生は貸借対照表。」

東北に住む仙人のような方から教えていただいた有難いお言葉だ。
IMG_20200113_121314 (1)
日曜日、キャンプに使うニット帽を探して、閉店半額セールでごった返す帽子専門店に飛び込んだ。

それまでユニクロや無印良品等をまわってもコレというものに行き当たらなかったが、専門店だけあって種類は豊富、すぐにお気に入りの一品が見つかった。

値段は張るものの半額になるので十分許容範囲だったが、レジで告げられたのは値引き前の価格。

オチはセール除外品というよくある話だが、美人の店員さんの前で顔色一つ変えずにカードを差し出せた自分を褒めてやりたい。
IMG_20200113_185844.jpg
しかしこんな超高級ニット帽を、焚火の火の粉でダメには出来ない。

そういう訳で、この一品は急遽キャンプ用からお出かけ用に格上げとなり、早速本日の房総ツーリングに持参した。

房総といえども朝の寒さは厳しく、暖がとれるような気の利いた店も開いていない。

自ずと休憩は屋外でとることになるが、そんな時にニット帽はありがたい。

水筒に入れた暖かい紅茶で一息入れると、寒さで強張った身体もほぐれてきた。

新しくお気に入りとなった帽子をかぶって気分もいい。

いつもは通り過ぎるだけの町を、少し歩いてみることにした。

散策中、小さなお店で金目鯛の干物を買った。

価格は、先日の伊豆で高すぎて買えなかった干物の半額以下だ。
IMG_20200113_163715.jpg

更に歩いていくと、私より相当年上のお姉さん達から、帽子が似合っていると褒められた。

いわゆる逆ナンというやつだ。
DSC04694 (1)

想定外の高値で買ったニット帽がもたらした幸運の数々。

私の貸借対照表はプラスに転じてしまったようだ。
IMG_20200113_121237.jpg
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ今年もいい年になりそうで、帰宅後も興奮がおさまりません。マジで。

100回走っても、101回目の房総の魅力がそこにあった

温暖で多雨な房総には、昼でも暗く苔むした峠が数多く存在する。

今朝そんな峠で、道一杯に広がった泥だまりに出くわした。

Uターンにはリスクが大きすぎる急坂だったため、泣く泣く泥の中を通過した。

最徐行での渡河だったのだが、それでもツーリングの出鼻をくじくには十分すぎるほどの痛ましい結果になってしまった。
IMG_20191104_085845.jpgキャリアにまで及んだ泥はねに肩を落としていると、向こうからリア周りを泥で汚した1台のGSがやってきた。

人間落ち込んでいる時は、似た境遇の仲間を欲するものである。

相手がヘルメットを取るや否や、「散々でしたね」と声をかけた。

聞くとそのかた(以下GSさん)は、今年北海道から神奈川に転勤で越してきたばかりで、迷い込んだ道で泥だまりの洗礼を浴びたとのことだった。

一方の私は勝手知ったる道を選んだ挙句でこのザマだが、もはや泥のこと等どうでもいい。

北海道のコアな情報を聞き出そうと、GSさんに話を向けてみると、意外な答えが返ってきた。

GSさんは房総を、北海道を上回るツーリングスポットだと言い切ったのだ。

海に山に自然が広がり、渋滞はおろか信号もなく、おまけに一年中バイクで走れる房総の事がとても気に入り、GSさんは毎週のようにアクアラインを渡って房総にやってきているそうだ。

一方私にとって房総は、もはや新鮮味のない場所になっている。

しかしGSさんの先程の言葉を聞いて、今日はいつもとは違う房総の景色を見ることが出来そうな気がしてきた。

私は、やはりGSさんが褒めてくれた3気筒を響かせながら、バックミラーに小さく映るGSさんに向ってありがとうと告げていた。
IMG_20191104_104409.jpg
もう少し寒くなれば、波穏やかな内房の海の先に富士山が見えるようになります。

IMG_20191104_093044_BURST001_COVER.jpg
無料でヤギと触れ合えます。

IMG_20191104_113631 (1)
怪しげなトンネルが、至る所であなたを迷宮へと誘います。

IMG_20191104_113815.jpg
迷宮の先では、チバニアン的な断層があなたの探究心をくすぐります。

IMG_20191104_085433.jpg
内陸部は信号も無いかわりにコンビニもありません。しかし清潔な公衆トイレが点在していますので、冬のツーリングも安心です。

IMG_20191104_122637.jpg
魚介が苦手なあなたも大丈夫。タイ料理でオモテナシ。

IMG_20191104_104218.jpg
まだまだブルーシートが多く残る房総ですが、道民も絶賛する房総に皆さんぜひ走りに来てくださいね。

でもやっぱり私は北海道がいいな。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

房総ツーリングのありがたい雨

資源の少ない我が国だが、水にだけは恵まれている。

日本の自然は、雨のおかげで育まれてきたのだ。
DSC05716.jpg 

だから天気予報が大外れして、雨のなか房総を走り続けることになっても、私は怒らない。

怒らないかわりに、私は雨の中考え続けた。

「この雨を表現するのにピッタリの言葉があったよな」

「しとしと」 

違う

「なんだったかな」

雨は強くはない。
南に向かって走り続ければ、そのうちに雨もやむだろう。
IMG_20180916_130251.jpg 

しかし南房総まで走っても雨はやまない。

コーヒーでも飲みながら、この雨を表現する言葉を思い出そう。
IMG_20180916_104117.jpg 

コーヒーを飲み終えても雨はやまない。
言葉も思い出せない。
北の空も真っ白だ。
DSC05717.jpg 

天気予報には完全に裏切られた。
しかし私は怒らない。

なぜなら、これは自然にとって恵みの雨。
ありがたく雨に打たれながら帰ろうではないか。

そして、雨の中の帰還。

かと思いきや、地元は晴れとるやないか。
どないなっとんねん。責任者出てこい!
IMG_20180916_140941.jpg 

さて帰宅後、道の駅で買った弁当をみて、やっとあの言葉を思い出した。
IMG_20180916_120529.jpg 

そぼろ降る雨」

違う!

「そぼ降る雨」だ

ああ、日本語は美しい。
そして雨降る日本のなんと美しいことか。
IMG_20180916_074842.jpg 

2台のバイクの印象

酷暑の中、房総を走り東の海をみた

高く白い波が浜に打ち寄せる

ライジャケもブーツも脱いで、あの波に飛び込むべきだと思った

水上バイクを牽引するピックアップトラックがやってきた

残念ながらこれまではダークなイメージが強かった水上バイクだが、先の西日本豪雨で人命救助に一役買った出来事はお見事だった

いつもなら強面に感じるはずのピックアップトラックの若者の表情も、こころなしか柔和に見える

帰路、千葉市街の高速道路上ではバイクの液晶が39℃を表示した

これまで経験したことがない、気が遠くなるような暑さだ

前に続く車の列が蜃気楼のように歪み始めた時、後方で「ギャイン」という爆音がしたかと思うと、1台のバイクが車列を一気に抜き去り彼方の点となった

おかげで正気を取り戻すことが出来た

クーラーの効いた車内に座る人達の目に、あのバイクはどう映ったのだろうか
DSC05368.jpg 

南房総 県道スピードバトル

南房総には道幅の狭い県道がいくつもある

車ならストレスがたまるだろうが
バイクで走る分には楽しい道が多い

先日そんな県道を気持ちよく流していると
脇道から軽自動車が現れた

続きを読む

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター