FC2ブログ

懐かしいカブのサウンドに酔いしれて

幼少期、仮面ライダーに傾倒していた私にとって、カブはダサいバイクの頂点に位置するものだった。

ライダーになった後も、かつての愛車ダブヨンの排気音がカブにそっくりで、納車日にがっかりした記憶が思い出される。

しかし時代は変わった。今カブが熱い。

カブ、クロスカブ、郵政カブ、プレスカブ、そしてタイカブ。
IMG_20191104_122637.jpg
80年代前半、私の住む街にレンタルレコード屋がオープンした。

ちょうどその頃、叔父さんから無料でステレオコンポを譲り受けるという幸運にも恵まれた。

最初にレンタルしたLPは、チープトリックのONE ON ONE だった。

せっせと録音したカセットテープも歌詞カードのコピーもとっくに捨ててしまったが、今はアマゾンミュージックというものがある。

そういえば、初めてレンタルレコード屋の会員になる際、会費を節約するため友人のE君と1枚の会員カードを共同所有したのだった。

共同所有の提案はE君からあり、名義は私の名前で、会員カード自体も私が持っていてよいということだった。

会費は半額になる上に、E君と一緒にレコードを借りればレンタル費用も半額になる。

更に会員カードは私の手元にあるので、いつでも好きな時にレコードを借りることが出来る。

少ない小遣いをやりくりしていた私は、すぐに彼の提案に飛びついた。

一方E君は、レコードをレンタルする度にわざわざ私の家に訪ねてこなければならない。

なぜE君はわざわざこんな提案をしたのだろうか。

彼も中古のコンポを持っていたので、私のコンポを借りたいという訳でも無かったはずだ。

当時も同じ疑問が浮かんだが、E君に理由を問いただして彼が心変わりするのが怖かったので、私はあえてそのことを質問しなかった。

私はずる賢いクソガキだったのだ。

そんなE君とは何度か一緒にLPを借りた後、お互い違う高校に通い始めたこともあって、やがて疎遠になってしまった。

会員カードは私の手元に残ったが、時代はレコードからCDへと移っていった。
DSC06057 (1)
アマゾンミュージックから流れてくる音楽が、チープトリックからE君が好きだったイエスに変わった頃、もう一度あの時の疑問について考えてみた。

当時E君がお母さんと二人で暮らしていたアパートには、彼の自慢のコンポが鎮座していたが、テレビは無かった。

電話は近所の親戚の家で借りていると彼は言っていた。

私は数百円の会費を節約したくて彼の提案を喜んだが、彼は会員登録に必要な電話番号を持たなかったのだ。

きっと彼はそんな事情を私に悟られたくなくて、理由を言わずに私に都合のいい提案だけを申し出たに違いない。

彼に理由を問いたださなかった私の行動は、結果的に正解だった。

しかし何十年も経って漸くあの疑問の答えに気付いた私は、思慮というものに欠けたまま大人になってしまっていたのかもしれない。

そして今、LPという言葉を誰も口にしなくなった。
IMG_20190502_145713.jpg
かつてダサいバイクの象徴だったカブも、今やクールなバイクの代表格なのです。

今では郵便配達のカブにすら、熱い眼差しを向けるようになってしまいました。

きっとカブでの旅は、大型バイクの上からでは見えない景色を見せてくれることでしょう。

思慮に欠ける大人になってしまった私ですが、カブの魅力についてはとっくに気づいているのです。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

次期愛車を選ぶ長い夜

連休最終日の夜を、穏やかな心で過ごす方法をご存知だろうか。

雑誌、小説、地図等、とにかくバイク関連の紙媒体に頼って気持ちを落ち着かせるのが一番だ。

先の連休では、カタログを使ってみた。
IMG_20200509_154756.jpg
カタログを眺めつつ、次期愛車選定についての検証を深めるのだ。

紙質ならアフリカツインがぶっちぎりのトップ。

説明の分かり易さではV-STROMが一歩抜け出ているだろうか。

テネレ700は写真が最も洗練されている。

3台とも甲乙つけがたい。

しかし、てんこ盛りの最新機能を推す他の2台に対して、「アルミ製鋳造サイドスタンド」を主な特徴として紹介するテネレの潔さには感服させられた。

「という訳で次期愛車はテネレに決めました」

そんな妄想を膨らませただけなのに、連休最終夜は穏やかにふけていった。
DSC00633 (2)
次の愛車について思いを巡らせるのは至福の時間です。

しかし私は現在の愛車(MT-09)も文字通り愛しているのです。

軽くてコンパクトな車体にもかかわらず、キャンプツーリング用に積載性を最大限に拡張させた私のMT-09は最高の1台なのです。

それが証拠に、3台のアドベンチャーバイクへの妄想を膨らませたその夜も、夢の中で跨っていたのはMT-09だったのですから。
DSC05284 (1)
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ次回は久々に、ほとばしるMT-09愛を語る記事を書いてみるかな(誰も読みたがらないな、きっと)。

自粛下のバイクライフに将来を重ねる

バイクを走らせた。

橋から見える海には朝靄がかかり、遠くのタンカーが陽炎に浮かんだ小舟のようだ。

いつもなら真っ赤になった渋滞表示板が私の気力を奪おうとするが、今朝の表示板は赤色が消えているくせに、先へは進むなと訴えかけてくる。

もう一つ、あともう一つと橋を越えていく。

Uターンを決めたのは表示板に促されたからではない。

その道を曲がってみたかったからだ。
IMG_20200503_073937.jpg
最近は短い距離でも楽しめるように、より丁寧なライディングを心掛けています。

クラッチワークやブレーキング等に注意して走っているうちに、今更ですがバイクで走ること自体の楽しさを再認識できたような気がします。

いつかは長旅をする体力が無くなり、キャンプに行けなくなる日もやってくるでしょう。

それでもバイクのある生活が、ようやくイメージできるようになりました。

その時手元におくべきは、一体どのようなバイクになるのでしょうか。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

ブーなバイクはやめられない

分不相応な大金を投じ、命を危険に晒してまでも乗り続けたくなるバイクの魅力とは何だろうか。

バイクには人間の根源的な部分に触れる何かが存在すると睨んでいるのだが、未だに核心に迫ることが出来ずにいる。

少なくとも風と云々、あるいはライダー同士の絆云々というような薄っぺらな言葉でその魅力を表すことは出来ないはずだ。
DSC04349 (1)
かつて私は他者との交流を拒絶する、偏屈で独りよがりなライダーだった。

ところがそんな私があるものに出会ってちょっぴり変わった。

バイク系インターネットラジオ番組(ポッドキャスト)の「ブーバイク」こそがそれだ。

しかしブーバイクの魅力についても、バイクの魅力同様、真理を言い当てることが難しい。

唯一言えることは、バイクと同じくブーバイクにも中毒性があるということだ。

しかもこちらはバイクとは違って金も命もとられることはないので、誰にでもお奨めできて、健全なライフスタイルに組み入れることが可能だ。

最近リスナー数が急増しているらしいブーバイクだが、いつまでもリスナーに媚びない尖ったナイフのような番組であり続けていただきたい。
20161.jpg
さて本日4月18日は、毎年恒例、ブーバイクのパーソナリティ「さぼてんさん」と下々のリスナーどもが富士山の麓に集まり、空の下で怪しげな夜会を開くはずでした。

ところがこのコロナ騒ぎで中止の憂き目に。

私を変えてくれたブーのイベントが。むきーっ。
11.jpg
関東・東海地方では朝から冷たい雨が降り続いています。

しかしこんな天候であったとしても、コロナさえなければ、ブーとその仲間達はカッパを着込み愛車を駆って集結していたことでしょう。

何と言っても異常な人が異常な人達に向かって語りかけ、正常な人はブーに洗脳してしまうラジオ、それがブーバイクなのですから。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

先程ブーバイクについて「誰にでもお奨めできる」と書きましたが、あれは嘘でした。それでもブーバイクを聴いてみたいという残念なあなたはコチラから。

老害一歩手前のライダーの行儀

他人に縛られることが大嫌いな私だが、一方で自分自身に対して定めたMyルールを多く持つ。

その内容は寝る直前に食事をしないなど他愛の無いものから、人生観に関わるものまで多種多様。

自身を律していると言えば聞こえは良いが、そうしていないときちんとした生活を送れる自信が無いというのが実際のところだ。
DSC03472.jpg
振り返ればバイクに乗り始めたのも、キャンプを始めたのも、やりたいことがあれば先送りはしないというルールが起点になっている。

次に購入するバイクを選ぶにあたって、最近決めたルールがある。

「上がりのバイクとして愛車を選ばない」だ。

もちろん、購入後にこれが上がりだと気付けるようなバイクに巡り合うことが出来れば、それは幸せなことだ。

しかし購入前の段階で「上がり」は意識しない。

万一それをすれば、バイク選びに無理が生じ、結局はライダーとしての上がりを早めてしまうような気がするからだ。

そういった理由から、次の愛車選びには今本当に乗りたいバイクは何かを基準とすることにに決めた。

私が今後乗り継げるバイクの台数は限られるだろう。

だからこそ、ピュアな気持ちでバイクを選び、そんな愛車を駆って自分で選んだ道だけを走り続けるのだ。
DSC02006.jpg
小川のほとり、長年一本だけで根を張り春を届けていた桜。次の年も、その次の年も春はやってきたが、花を咲かせる桜はもうそこには無かった。
DSC02009.jpg
人間齢をとれば、誰にだって譲れない自分のルールが増えていくものでしょう。

私もそうやって頑固で偏屈になっていくのです。

しかし、このまま易々と老害に成り下がるつもりは毛頭ありません。

その為にわざわざ「Myルールを他人には強要しない」というMyルールを設けてあるのですから。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター