FC2ブログ

冬季バイクスタイルにおけるアドバイスと誘惑

この時期ツーリングに出るのに一体どの程度ウエアを着込めばよいのか。ベテランライダーであっても毎年悩むものだ。

初心者ライダーの場合は、これだけ厚着すれば大丈夫と思って出かけた結果、予想以上の寒さに辛い思いをするという所までが通過儀礼だろう。

そういう時の対策としては「自分で思うより更にもう1枚多めに着込む」ということをお勧めしたい。

もっと具体的なアドバイスが欲しい?

では迷える子羊たちに、ちょうどいい着込み量の判別方法を授けよう。

その判別方法はとても簡単。

朝、家を出て駐輪場からバイクを公道まで移動させる際、その日バイクに乗る格好でバイクの取り回しを行うこと。これだけだ。

この作業で汗ばむようであば正解。その日は快適なツーリングがおくれるはず。

反対にこの時点で暑くないようであれば、きっとその日のツーリングを境に、しばらくの間バイクを見るのも嫌になるはずだ。

これは私が長年かかって会得した防寒術だけに、誰にも教えたくはなかったが、いつもブログを読んで下さる方々にせめてもの謝意を表すために、ここで披露してみた。

なに?バイク用ガレージがあるので、バイクを取り回すシチュエーションがない?

知らん!

そんなブルジョアにアドバイスする義理は無い。

せいぜい電熱ウェアでも買い込み、金で全てを解決したつもりになった挙句、バッテリー切れで地獄を見るがよい。
DSC04713 (3)
さて、ガレージもなくブルジョアでもなく、電熱ウェアもない私はといえば、朝夕の冷え込みに備えるべく、一歩先行く装備で対抗します。

もうお分かりでしょう。
IMG_20191117_134819.jpg
今年もハンドルカバーの季節がやって参りました。

禁断のパーツに手を出して3シーズン目。もはや何の負い目も自己憐憫もありません。

ハンドルカバーほど、その大いなる効果が実感出来るカスタムパーツを私は知りません。

カスタムパーツなるもの高機能こそが正義。機能美という言葉は、ハンドルカバーのためにあると言っても過言ではないでしょう。

以上の事から遂にこの度、私もこんな悟りを開くに至りました。

「MT-09のデザインは、ハンドルカバーの装着をもって最終形としての完成をみるものである」にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

あなたもこの冬、私のようにスピリチュアルワールドへと飛び込んでみませんか。
関連記事

コメント

ハンドルカバーかぁ

今までカッコばかり気にして結局乗らなくなっちゃうんだから、今年はいよいよチャレンジしてみるかな〜

No title

ワタシは家から駐輪場まで10分自転車こぐので、そこで軽く
汗をかくくらいでちょうどいい着こみ具合となりますが、
実際それで合わせるとちょい汗じゃなくてマジ汗になることも・・・

それでも走り始めるとすぐ寒くなります。苦手なんです、寒いの。

ということで、最近ハンドルカバーが気になるワタシですが、
あれってラジポンでも着くんかなぁ?

Re: ハンドルカバーかぁ

barさん

でも、やっぱりカッコ気になりますよね。
誰が見てもカッコいいハンドルカバーが発明されたらいいのにw

> 今までカッコばかり気にして結局乗らなくなっちゃうんだから、今年はいよいよチャレンジしてみるかな〜

Re: No title

kenbooさん

ハンドルカバーはバイクによって相性があるみたいですね。

私の場合も、ネットでMT-07に装着されているのをみて、多分いけるはずと購入に踏み切りましたが、少々強引な装着になっておりますw


> ワタシは家から駐輪場まで10分自転車こぐので、そこで軽く
> 汗をかくくらいでちょうどいい着こみ具合となりますが、
> 実際それで合わせるとちょい汗じゃなくてマジ汗になることも・・・
>
> それでも走り始めるとすぐ寒くなります。苦手なんです、寒いの。
>
> ということで、最近ハンドルカバーが気になるワタシですが、
> あれってラジポンでも着くんかなぁ?

案の定です

結局今年の冬はバッテリーを取り外したまま春を迎えそうな勢いです。とほほ

Re: 案の定です

barさん

今年は暖冬だそうですが、それでもやっぱり寒いですね。
私は比較的冬には強いので、この季節もそんなに苦になりませんが、逆に夏が嫌いです!

> 結局今年の冬はバッテリーを取り外したまま春を迎えそうな勢いです。とほほ
非公開コメント

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター