FC2ブログ

求道ライダーの振る舞い

週末を過ごしたキャンプ場で、このブログの読者だという方から「今回はどんなネタを書くんですか?」と話しかけられた。

このブログを評して「ネタ」とは何事か。

どうもBモードの達人の文学的価値を理解しておられないようだ。

さて、この週末は、これまで何度かご紹介したバイク系インターネットラジオ「ブーバイク」のキャンプイベント(通称:ブー富士)に参加した。
IMG_20190525_105919.jpg

ほぼ毎年開催されてきたこのイベントへの参加を重ねる中で、私は「早撤」の地位を築いてきた。

「早徹」とはテントで一夜を過ごした翌朝、誰よりも早く撤収を終え、いの一番でキャンプ場を立ち去る者だけに与えられる称号だ。

早徹なるもの、目覚ましの類を使うのは邪道。そして出発を急ぐからといって、朝食を抜く等は論外だ。

鳥のさえずりで目を覚まし、しっかりと朝食をとった後はお茶をたしなむ。そして身体をほぐしがてらキャンプ道具をバイクに積み込み、仲間が寝ぼけ眼でテントから顔を出すタイミングを見計らって、ボンとエンジンンに火を入れるというのが、早徹の神髄である。
IMG_20190526_054327.jpg

ところが今回、そんな早徹道を極めてきた私の座を脅かす輩が現れた。

残念なことに、私がテントをたたみ始めた頃、彼は既にすべてを終え、ヘルメットとグローブを身に着けていたのだ。

早徹の座も遂にここまでか。

そんな私の思いを神が聞き入れたのか、彼のバイクのセルが回らない。どうやらバッテリー切れのようだ。

思わぬところで起死回生のチャンスが転がり込んできた。

しかし旧車を操る彼に抜かりはなかった。シートにくくりつけられたバッグに手を伸ばすや、ブースターケーブルを取り出したのだ。

本来なら絶体絶命だったはずの事態を、彼は数分のロスだけで乗り切った。

不本意ながら、遂に笑顔で彼を見送る立場に回ることになってしまったのだが、荒れたフィールドが私に味方して、彼が立ちごけすることに最後の望みをかけた。

しかし愛車にまたがった彼は、ヘルメットを上下に揺らしながら、小さくなっていった。
IMG_20190526_050402.jpg

以上が朝もやの中で起こった王座からの転落劇だったのだが、我こそは早徹なりという読者がいらっしゃったら、ブーバイクを聴いたうえで、ブーイベントに参加して欲しい。

今やバイク系インターネットラジオ最大のオカルト派閥になったブーバイクが、きっとあなたを優しく迎え入れるだろう。

そして王座奪還を虎視眈々と狙うこの私と、早徹の雌雄を決しようではないか。
IMG_20190525_150203.jpg
今回のネタは如何でしたでしょうか。ネタがイマイチな時ほど写真が多くなるなどという感想は、どうかあなたの心の中だけに留めておいていただきたい。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

妄想が支えるバイク趣味の世界

また余計な記事を目にしてしまった。

ヤマハのテネレ700が、国内市場に投入されるとのことだ。

走れない場所など無いと主張するかのようなこの外観。
big_1340406_201905181357530000001.jpg

このバイクにキャンプ道具を積んで北海道を駆けまわったら、どんなに素晴らしい気持ちになるだろう。

この週末はそんな考えで頭が一杯になってしまった。

購入資金は?

拙宅の金庫に保管している金の延べ棒を、何本か現金化すればいいだろう。

ではテネレ700購入に向けての問題とは何か。

もし、このブログを読み続けている奇特な読者がいらっしゃるとしたなら、既にオチを先読みされているかもしれない。

しかし先に断わっておくが、今回のオチは足つきではない。

因みにシート高は880mmだそうな。

もはやローダウン云々を超越している。

シート高810mmのCRF250Lの足つきにさえビビッていた私だ、かえって清々しい。

しかしだ。著名なアスリート達はこぞって言うではないか。

「大切なのは気持ちだ」と。

このバイクの発売までに、私は気持ちで脚を伸ばすのだ。

毎日欠かさずストレッチを続ければ、きっと0.5mmぐらいは伸びるだろう。

いっそのこと、このバイクをトライクに改造してやろうか。

さて、気持ちで足つきの問題は解消するとして、残念ながらまだ問題は残っている。

真の問題とはこれだ。
cc1494b1.jpg

道なき道を行くには、やはりナックルガードは必須の装備だ。

しかしこのナックルガード、簡単に取り外しできるのだろうか。

もうお分かりだろう。

真の問題とは、このナックルガードのせいで、ハンカバが装着できないのではないかということだ。

冷え性の私にとって、手先の冷えだけは、気持ちでは如何ともしがたいのだ。
big_1340407_201905181358330000001.jpg

妄想を膨らませるだけ膨らませた挙句、結局買うのはオフメットとセローということになったとしても、きっと幸せなバイクライフが送れるはずだと信じています。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

メカ音痴がバイクに乗るということ

バイクが動かなくなって、レッカーで運ばれたことが2度ある。

最初の時はダブヨンで、ジェネレータが死んだ。

次がMT-09で、プラグとバッテリーが同時に逝ってしまった。

メカ音痴の私がやったことと言えば押しがけぐらいで、それも徒労に終わったのだが。

ただ両方ともロングツーリングの最中ではなかったことが、せめてもの救いだった。
IMG_20181224_150612 (1) 

GWの東北、MT-09は快調だった。

先月レンタルしたCRF250Lには負けるが、その軽快さはなかなかのもので、何よりトルクフルなエンジンは、東北の変化に富む土地を駆け巡るのには、うってつけのバイクだと感じた。
DSC06063.jpg 

キャンプ場に戻るべく、最終の休憩場所でMT-09に跨った時に事件は起きた。

セルを押しても、バイクがウンともスンとも言わない。

バッテリーはまだ新しい。だからセルが全く回らないということは、疑うべきはバッテリーではない。この時点では楽観的だった。

キルスイッチか?

いや、キルとセルのスイッチが一体化しているMT-09の場合、オチがキルスイッチということは構造上あり得ない。

さすがにイグニッションはONだし、メーターディスプレイも点灯している。

ならばギアを入れたままエンジンを止めたか?

しっかりとニュートラルに入っている。

念のため、1速、2速と入れてから、再びニュートラルに戻してセル。

変化なし。

福島からバイクを捨て単身帰るにしても、設営したままのテントやら何やらどうするのだ。

ヘルメットの中で「マジか」と毒づく一方、3度目のレッカーを冷静に覚悟している自分がいる。

「結構、肝っ玉座っているな俺」と変な関心をした時、セルを押すと同時に何事もなかったかのようにエンジンがかかった。

走り出しても、異音、異臭、違和感、何もない。

エンジンがかからなかったのは、きっと気のせいだったのだ。

メカに詳しくないと、こういう時はむしろ強みになる。

考えたり、悩んでも仕方がないのだ。

あとは先程起こったことなどすっかり忘れて、キャンプ場での最後の夜を楽しく過ごした。
IMG_20190502_183408 (1) 

翌朝撤収を終え、セルを押したところでまた反応がない。

ようやく夢から覚めたように、昨日起こったことを思い出した。

残念ながら、あの事態は現実だったようだ。

しかし昨日はガチャガチャやれば動いたのだ。今日もガチャガチャやってみよう。

メカに詳しくないということは、こういう時本当にありがたい。

果たしてガチャガチャで、やはりバイクは何事もなかったかのように動き出した。

その後も道中で同じことを2度繰り返したが、それ以降は何度やっても一発でエンジンがかかるようになった。

やはり気のせいだったと思いたいが、さすがに私もそこまでお気楽ではない。

しかしバイク屋に持っていくのも面倒くさいし、たとえ診てもらったとしても、再現しない状態では、しばらく様子を見てくださいと言われるのがオチのような気がする。

やはりここは東北の楽しかった思い出を胸に刻みつつ、余計なことは忘れることにしよう。

最悪止まったバイクが動かなくなるという事であれば、死ぬことも怪我することも無いのだから。
DSC06070.jpg 
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

春合宿の東北を走り尽くせ

GWは福島でテントを張った。

先日CRF250Lに魅せられたからだろうか、MT-09の魅力を再確認したくなって、少々意地にでもなったかのように、福島、山形、宮城を走り続けてみた。

そんな春合宿の様相を呈したツーリングだったが、宮城県の山間にある一軒の商店の前を通り抜けたとき、突然シールドの隙間から、なんともいえない甘い匂いが入り込んできた。

匂いの正体を突き止めたくなった私は、迷うことなくUターンを決めた。

その商店の外観は、田舎でよくみかける個人経営の食料品店のそれだ。匂いにつられることがなければ、よっぽどの緊急事態でもない限り、決して足を止めることは無かっただろう。
IMG_20190502_145713.jpg 

外観から予想した通り店内は乾物系の食糧品等が並んでいるのだが、中央におかれたショーケースの中に匂いの正体をみつけた。

店の奥から出てきた若女将(これは予想外)から、「今日は風が強いからバイクは大変だったでしょう」などと言われてしまえば、どんな味か知りもしないのに、ついつい多めに選んでしまうのは自明の理だ。

手渡されたこの紙袋を見て「残念」と思う人は、修行が足りない。昭和の香り漂うこの紙袋だからこそ、中身がまだ温かいことを客に伝えることができるのだ。
IMG_20190503_131057.jpg 

もうここまでくれば食べなくともわかる。大勝利に間違いない。

キャンプ場まで我慢できず、コンビニコーヒーと一緒に食べたアップルパイ。一口頬張った瞬間、オシャレなオープンカフェにいるかのような錯覚に陥った。
IMG_20190502_153912.jpg 

本命と目された「あげまんじゅう」は言わずもがな。あの時Uターンを決めた私は正しかった。いや私の鼻が正しかったというべきか。
IMG_20190503_131135.jpg 

いずれにしろ、この「あげまんじゅう」一つで殴り込みをかければ、全国のドーナツチェーンを駆逐するなど造作もないことだろう。

最後に「春合宿」の結果についても語らねばなるまい。

もし今回のツーリングで春合宿の要素があったとしたならば、「美しい景色に出会うたびにUターンの技術を磨くことが出来た」ということぐらいだろうか。
DSC06057 (1) 

DSC06074.jpg 

もちろん私の言うUターンとは、両足バタバタのアレのことだ。
無事これ名馬なり。
IMG_20190502_172210.jpg 

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

初めてのオフ車で謝罪と告白

先日レンタルしたCRF250L。

オフ車を走らせるのは初めてだったこともあり、なかなか新鮮な経験だった。
IMG_20190413_164420.jpg 

当初懸念していた足つきは、跨ってみれば全く問題なく、タンクが細身な分、MT-09よりベッタリだった。

走行中のポジションンも楽だし、シートのお尻に対する優しさですらMT-09を凌いだ。

少々荒れた非舗装路もお構いなく進んでいけるし、そういう所を走るのが楽しい。

そして何より軽さ。いい意味で自転車のような軽さであり、それはツーリングにおける気軽さに直結する。

ジェントルな走り方をした燃費は30km/リットル。カタログ値は44kmなので、これは期待外れ。

タンク容量も8リットルに満たないので、ロングツーリングの際は、ガソリンスタンドの場所を意識しながらの走りになってしまう。

さらに制限速度70kmのバイパスを走った感じから想像すると、高速道路での長距離移動は厳しい行程になるだろう。

しかし、街中やのどかな田舎道、ワインディング等、下道のあらゆるシーンでは「もうこれで充分」と思わず唸ってしまう程の無敵感だった。

そして何よりプライスタグが税込50万円を切るということも含めて考えれば、先程挙げたネガの部分は「可愛げ」で済まされる範囲だと思う。

いつになるか、どの車種になるかは未定だが、CRFのおかげで将来は必ずオフ車に乗ろうと心に誓うことが出来た。

何事も形から入ることを信条としている私は、差し当たり次にヘルメットを買い替える際には、オフメットを選びたいと思う。
IMG_20190414_091556.jpg 

最後に一つだけ訂正。

冒頭、「足つきベッタリ」と書いたのは、誇張した表現でした。見栄の心が筆を狂わせました。訂正し謝罪いたします。

そしてもう一つ告白。

「足つきベッタリ」と書きましたが、バイクを返却する際に「このバイク、ローダウンしているので乗り易かったでしょ」と店員さんより聞かされました。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

Rabbitのある街を旅するツーリング

知らない街を歩くのが好きだ。

そこに名所旧跡の類は不要で、小さな生活の風景があればそれでいい。
IMG_20190414_063554.jpg 

先週のレンタルバイクツーリングでは、そんな知らない街の古い民家に泊まった。

いわゆる民泊というやつだ。

民家のオーナーは、ヴィンテージバイクが並べられたカフェも一人で切り盛りしている。

写真の古いBMWは、数年前までオーナーとともに全国を走り回っていたそうだ。
IMG_20190414_072000.jpg 

私を迎えてくれたオーナーは、こんな手強そうなバイクを乗りこなす人とは想像もできない柔和な笑顔と、細い腕の持ち主だった。
IMG_20190413_164810 (1) 

私の母親は、今の私の齢からちょっぴり人生を進んだところで、歩みを止めてしまった。

いつも笑顔を絶やさない、誰からも好かれる優しい母親だった。

ここのオーナーと会った瞬間、私はそんな母親のことを思い出してしまった。

そういえば、今回泊めていただいたお宅の襖のすべりの悪さまで、私の実家とそっくりだ。

もうここは知らない街ではなくなったけれど、必ずまた訪れる街になってしまった。
IMG_20190413_164431.jpg 

今回訪れたカフェはここ。田舎町の片隅にひっそりと佇んでいる。
きっとあなたのことも、あの優しい笑顔で迎えてくれますよ。
IMG_20190414_134506.jpg 

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

CRF250Lと私の仲間達

新幹線から降り立った西の地でレンタルバイクを利用した。

2日間、約300kmの行程を共にした相棒はCRF250L。IMG_20190413_144804 (1)

乗り始めて1時間程で、何年も乗り続けた愛車のように、すっかりCRFが体に馴染んでしまった。

そんな相棒と向かった先で待ち受けてくれていたのは、その地に住む友人。

今回はこの友人に会うために、西の地にやってきた。

そして600km以上離れた自宅から、私とは違い本物の愛車で走り続けてきた「どうかしている人達」もやってきた。

西の地に住む友人は、仲間を惹きつける磁石のような人だ。

オカルト宗教の教祖などが適任だろう。

西の地に住む友人、そしてどうかしている人達、みな何年も苦楽を共にしてきた仲間のように気兼ねがいらない。

しかし私はこの人達とは走らない。

散々くだらないことをしゃべりあった翌朝、この人達に見送られながら、出発するのが好きだからだ。

今朝もこの人達は、一足先に出ていく私に向かって笑顔で手を振ってくれた。

しかしいつもこの場に姿を現さないのが一人いる。

でもそれでいい。

それは仲間の中で一番先輩の彼だから、心行くまで寝坊して、しっかりと疲れを取り除いて欲しいからだ。

もし朝、彼が見送りの場で笑顔で手を振っていたりすると、私は不安になって出発できなくなってしまうだろう。
IMG_20190413_165214.jpg 

実は今回集まった中に、初対面のかたが一人だけいた。

昔からの知り合いだったような気がする人だった。

その人によると、北海道には公序良俗に反する野天風呂が存在するそうだ。

そういうくだらない情報は、場の品位を低下させるので、他でしゃべってもらいたいものだ。

酔っていたため、その場で叱責できなかったことが悔やまれる。

近いうちに再会を果たして、しっかり苦情を申し立てる必要がありそうだ。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
IMG_20190413_074600.jpg 

心が躍るツーリングの形

来週末は遠く西に行く。

そして遠い西の地でバイクをレンタルして、更に西に走り友人に会う。

レンタルバイクも初めてだが、その地をバイクで走るのも初めて。

ああでもない、こうでもないとルートを考えるだけで、心が躍る。

あれは平成の初めの頃だったか。

遠く離れた土地に暮らしていた恋人と、もうすぐ再会できるという時の感情に似ている。

来週末、西の地で私を待っているのは男性。

若い頃から私の性的志向は全く変わっていないが、それなのに心は躍るのだ。

今回は手ひどくふられる事は無いはずだが、雨に降られる心配はある。

だからカッパも入る大きなリュックも買った。

パッキングも済ませた。

あとは1週間仕事して、週末早朝の電車に飛び乗るのだ。

西の地を存分に楽しむ方法。

それは急がず慌てず安全に走り、友人との再会を無事果たすことだけだ。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
IMG_20190407_202834.jpg 

MT-09の咆哮は静かに

土曜の夜はなかなか寝付けませんでした。

ライダーの皆さんなら、ツーリング前夜にそういう思いをしたことは、数えきれないと思います。

そう、花粉で一カ月間のオフを余儀なくされていましたが、翌朝はMT-09に乗るのです。

夜の雨が水たまりを作りました。

いつもは忌み嫌う水たまりですが、今日だけは花粉を鎮める神の水です。

出発は静かに。

走りながらの暖気が終われば、低めのギアでMT-09の機嫌をうかがう。

常識的なスピードであっても、その咆哮は十分挑戦的だ。

肩の力を抜いて、前傾気味になりながらニーグリップを強める。そしてアクセル。

胸の高鳴りを抑えつつ、静かに、僕はまだまだバイクに乗り続ける。
IMG_20190331_143248.jpg 
10年近くバイクに乗っていますが、久々にバイクに乗るときの喜びは相変わらずです。

もしかすると花粉でバイクに乗れない期間も、無駄ではないかもしれません。

などと考えていたら、来週はまた花粉がひどいようです。花粉死ね。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

独りで楽しむ狂乱春のバイク祭り

若い頃、なんだかよく分からなかった自分の趣味嗜好だが、齢を重ねるにつれ段々と明確になってきた。

異性に対する好み等はそのいい例。

芯が通っていると言えば聞こえは良いが、その実態は融通が利かなくなるということだ。

さてこの日曜日は、人混みを掻き分けなければ前に進めないことで名高い東京モーターサイクルショーに、今年も突撃した。
IMG_20190324_094446.jpg 

混雑は相変わらずだが、注目のニューモデルといえばスズキのKATANAぐらいで、ここ数年では最も地味な内容だったように思う。
DSC06026 (1) 

ところが私自身は、ここ数年で今年のモーターサイクルショーが最も楽しめた。

自分の趣味嗜好を把握出来ているので、その理由はすぐに分かった。

友人2人と一緒だった去年までとは違い、今年は独りっきりで自由に会場を観て回ることが出来たからだ。

友人と行けば感想を言い合うことが出来て楽しいはずなのだが、私はそれを実現させるために必要な協調性持ち合わせていないのだ。

何とも痛ましいことである。
IMG_20190324_102421.jpg 

しかし独りで東京モーターサイクルショーを楽しんだ前日の夜、私は独りではなかった。

遠くから上京してきた友人を囲んで、キャンプツーリング仲間10人が集まっての宴会に参加していたのだ。

2次会も含めて、トータル5時間近く。終盤は喉が痛くなるほど楽しんだ。

こういう類の宴会は趣味嗜好に反するはずだが、齢を重ねた私をもってしても、この集まりだけ底抜けに楽しめる理由は今なお分からない。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

ちなみに誰からも注目されず、会場の隅にひっそりと佇んでいたこの125cc、やっぱりカッコよかったっす。
DSC06032.jpg 

そしてこのバイクのすぐ傍には、こんな女性がいたりして、充実した週末を過ごすことが出来ました。
DSC06030 (1) 

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター