MT-09 SSエディション(YAMAHA非公認)

私の愛車MT-09は

過酷なキャンプツーリングをものともしない

スーパー・スペシャル・ツーリング仕様だ。


これを「SSエデイション」と呼ぶ


しかしSSエディションの代償は大きい

バイクを離さないで

僕にとってバイクに乗る理由


それはバイクに乗っていると心が動くから


心が動くと、普段は感じることのない

自然の美しさや、風の匂いを感じることが出来る


だから僕は心を動かすために

バイクに乗っている


では心が動くのはバイクに乗っている時だけなのだろうか

秋の夜長は名車に思いを馳せて

ある小説家がオートバイの加速を評して

「オートバイは貧乏人のロケット」

と言う意味のことを書いていた


ロケットはともかく

ジェット機の離陸時にも結構な加速感が味わえる

「ブーバイク」への怪しげなお誘い

客観的にみて、このブログは「痛い」

中2病全開の記事が頻繁に登場する


しかしそれを改めようとは思わない


なぜなら、ここで自由な文章を書くことで

私のストレスが発散されるから


そう、このブログは第一に私のためにあるのだ


しかし時として、中2病をこじらせ過ぎて

このブログにさえ掲載が憚られるような

文章を書いてしまうことがある


そんな時はどうするのか?

ライダーになるための素養

サービスエリアから本線への合流路


愛車のエンジンが唸りを上げ

スピードメータが跳ね上がると同時に

強烈なGが身体を襲う


小さな2つのタイヤに命を預けるわけだから

ライダーはもれなく相当な度胸の持ち主のはずだ


東京モーターショーは薄着で臨め

東京モーターショーの人混みは凄まじい

だから2度と行かないと決めていた


しかし雨だ

どうせバイクには乗れない


台風も接近中だし

きっと会場はガラガラだ


ということで、台風が近づく日曜日

ビッグサイトへと向かった


ライダーはバイクをおりても危険が一杯

雨が続くとバイクに乗れない代わりに

ジムに行く回数が増える

(公営の古いジムだけどね)


体力維持すなわち

ライダーでいられる年数が増えるということだ


ジムに行く目的も、若い頃とはガラッと変わってしまった

納得のタイヤ選びにケチをつけるのは誰だ

北海道ツーリングの1週間前

タイヤの溝は微妙な深さになっていた


北海道に向け出費は抑えたい

ここは我慢だ


いや初めて走る北の大地だ

新しいタイヤで走るべきだ


「陽が出た」それはスタートの合図だ

何度も書いてきたが

北海道の1週間は天候に祟られていた


自分の運の無さを呪うしかなかった


北海道6日目の朝


テントから顔を出すと

今朝も雨だ

「もっているライダー」の北海道 駅舎めぐり

雨が続いた今夏、北海道での1週間

こう雨が続くと景勝地には足が向かない


ゆえに景勝地ではなく趣のある場所を目指そう


趣のある場所とはどこだ?


駅だ!(ホント?)