FC2ブログ

遺物と化したライダー、伊豆スカに現る

この正月の伊豆キャンプツーリングでの話。

伊豆、バイク、ツーリング、とくれば伊豆スカイラインである。

「気を付けてね」と声をかけてくださった料金所のおじさんに見送られながら、天城高原からの伊豆スカ初走りをスタートさせた。

伊豆とは思えないほどの寒さに震えながらも、快調にワインディングを楽しんでいると、一目で旅好きとわかるほど、車体にたくさんのご当地ステッカーを貼った軽のバンに追いついた。

滋賀ナンバーをつけたそのバンは、残念ながら制限速度を下回るスピードで巡航している。

遠くからようこそなのだが、とにかく遅い。

イエローラインをかえりみず、追い抜きたい気持ちがムクムクと湧いてきた。

しかし待て。かりにも私は、love izu ride(※)のTeam good speed No.46を背負った正統派ツーリングライダーだ。

遠路はるばる滋賀からやってきたドライバーに、バイクに対する悪印象を与える訳にはいかない。

ドライバーが私に気付いて、道を譲ってくるのを待とう。

その後もドライバーが私に気付くことは無かったが、数分走ったところで、バンが駐車スペースに入ってくれた。

その後は再び快調にワインディングを堪能し、撮影スポットに到着。手をかじかませながら富士山を撮っていると、先程のバンがやってきた。

車から出てきたのは、仲のよさそうな老夫婦。

私の両親と同じぐらいの年齢だろうか、富士山を撮るために手に持っているのは、なんと「写ルンです」ではないか。

そんな二人がなんだか可愛らしくて(失礼)、思わず「写真をおとりましょうか」と声をかけた。

「バイクで寒くないんですか?」と聞かれたので、「めちゃくちゃ寒いです」と答えたら、思った以上に喜んでくださり、北風が吹きすさぶ中、しばし心暖まる会話を楽しむことが出来た。

お二人に別れを告げて、バイクに戻ったところで、ふと気づいた。

あの時、もし私があのバンを無理に追い越していたら。

後ろめたさから、私はきっとお二人に声をかけることは出来なかっただろう。

お二人と別れた後もスロットルを緩め気味で走った理由は、お二人との会話で心が暖まったからと言いたいところだが、実は身体が冷え切っていて、冬の風に向かっていく勇気がなかったからだ。
DSC05989.jpg 

さてお二人が使っていた「写ルンです」。何年ぶりにみただろうか。平成を通り越してもはや昭和の遺物である。

しかし笑ってはいられない。

正月とはいえ、朝から伊豆スカイラインを元気に走る沢山のライダー達をみかけた。

彼らはきっと電熱ウェアに電熱グローブで身を包み、極寒の中、快適なツーリングを楽しんでいるにちがいない。

そんな彼らから見れば、私の鉄板の冬装備であるハンドルカバーなんて、平成、昭和を通り越して、もはや太古の遺物であるに違いないのだから。

(※)love izu ride
最後までこの駄文を読み終えることができたあなたなら、きっとlove izu rideの趣旨に共感できるはず。love izu rideについてはココへアクセスを!
DSC05996.jpg 

焚火とともに過ごす正月三が日

元旦から伊豆でキャンプツーリングを楽しんだ。
IMG_20190101_152801.jpg 

正月のキャンプツーリングは、今年で6年連続。

ベテランキャンパーの域に達している私にとって、温暖な伊豆でのキャンプなど、冬であっても楽勝である。

もちろん日が落ちると少々冷え込んではくるが、焚火さえあれば快適な夜を過ごすことが出来る。

しかし今年は少々事情が違った。焚火の前に座っているはずなのに、夜が更けるにしたがって下半身がどんどん冷えてくるのだ。

楽勝と考え臨んだキャンプだったため、これ以上着込むものはない。

しかしそんな時もベテランキャンパーは慌てない。

バスタオルをテントから引っ張り出し、腰に巻きつける。代用ブランケットの出来上がりだ。

思った通り、すぐに冷え込みはおさまった。

それどころかホクホクと暖かい。予想以上の効果だ。

手近にあるもので事態を打開する。これこそがベテランキャンパーの神髄なのだ。

しかし異変に気付いたのは、代用ブランケットの効果に満足したその時だった。

なんと足元から炎が上がっているではないか。お湯を沸かしていたバーナーの火が、腰に巻いたタオルに燃え移ったのだ。

幸いタオルを少し燃やしただけで、火傷には至らなかったが、うたた寝でもしている最中だったらと考えるとぞっとする。

「慢心は災いのもと」

キャンプの度に貴重な教訓を積み重ねていくことによって、私は今年も成長していくのだ。
IMG_20190102_210602.jpg 

さて、本人はベテランを気取ってはいますが、所詮はこの程度です。

こんな私ですが、引き続き贔屓にしていただければ、筆者にとってはこの上のない喜びであります。
DSC05992 (1) 

一方、燃えたバスタオルですが、実は通常のものよりは小ぶりのサイズで、積載量の限られるバイク旅にはとても重宝しておりました。

燃えたからといって愛用の品を安易に買い替えるようでは、ベテランの名がすたれます。

焦げた部分をハサミで切り取ってやれば、ハイこの通り。もしあなたが、旅先の温泉でボロ布のようなもので身体を拭いている男を見かけたら、それが私かもしれません。
IMG_20190104_162949.jpg 

バイクの「やるなら今しかねえ」@横浜関内

「人生、新しいことを始めるのに年齢なんて関係ない」

言うは易く、行うは難し。

私の場合、バイクの免許取得がこれに当てはまる。

「教習所に通う暇がない」と言っているうちに、いつしか歳月は過ぎ、今度は「この年齢では今さら」とかなんとか自分に言い訳を始める。

ところが人生折り返しを過ぎ、重い腰を上げてバイクの免許をとった辺りから、何かが変わり始めた。

自分に待ったをかけようとする心より、動こうとする心を優先するようになり始めたのだ。

免許を取るや否や、バイクを手に入れ、延々ソロで走り続けたかと思えば、キャンプツーリングを始め、今度は単身キャンプイベントに参加する。

そしてこの年末は、横浜で開催されたバイク系ポッドキャストのイベント(トークライブ&懇親会)に参加してきた。

知り合いがいるかどうかは関係ない、現地に行って楽しむかどうかは自分次第。

結果は語るまでもなく、演者の皆さんの楽しいトークに2時間はあっという間、2次会まで参加した懇親会も気づけば終電ギリ。

以前の自分では考えられなかった充実した年末の一日となった。

さてトークライブの中で、「good speed」のパーソナリティであるRUIさんが、旅先で如何にして女子達と知り合い、如何にして男子の本懐を遂げるかの秘訣を熱く語っていらっしゃった。

ここで教わった秘訣なら、自分にもトライできそうだ。

いやいや、この年齢では今さら。。。


さて、今回のイベントは、「旅バイク」、「女子バイク」、「good speed」、の合同イベント。

年齢も性別も、もはやバイク乗りか否かも関係なく、幅広いリスナー層を獲得している3つの番組はこちらをチェック。

IMG_20181229_184113.jpg 









分別ある大人のバイク選び

今は廃刊となってしまったバイク雑誌「別冊モーターサイクリスト」の中に、「シリーズ追跡」というコーナーがあった。

毎回車種を1台決めて、その車種の複数のユーザと、メーカー(もしくはディーラー)関係者との座談会の模様を報告するコーナーだった。
IMG_20181216_194235.jpg 

集まったユーザ達が語るのは、そのバイクをどのように使って、その結果、どこに満足しているのか、どこが不満なのかということ。

文字通りユーザ目線のインプレが綴られているので、そのコーナーを読むと、取りあげられたバイクが毎回とても身近に感じられた。

雑誌サイドの人達のインプレ記事よりは、よほど理解しやすく、そのバイクへの関心がそそられたのだった。

そんな別冊モーターサイクリストを本棚から引っ張り出し、スーパーテネレの「シリーズ追跡」をあらためて読み直してみた。1回読んで、もう1回読み、更にもう1回、計3回も繰り返し読んだ。

結論は出た。

今、私にとって必要なバイク、それがスーパーテネレだ。

しかし私にとって本当に必要なものとは、それに跨るために必要となる購入資金と脚の長さだということは十分理解しているので、どうかそんな私をそっとしておいて欲しい。
P8100100.jpg 

冬ツーリングの狂気と正気

今年もMT-09にハンドルカバーをつけた。

史上最強バイクデザイン破壊アイテムであることに疑う余地はない。
DSC04967.jpg 

一方、手元が暖かくなるだけで、嘘のように真冬のツーリングが楽になるので、一度その効果を体験してしまうと、春まで手離すことはできない。

「そんなダサいものをつけるぐらいなら、バイクに乗らない方がましだ」

至極真っ当なご意見である。

しかし私はハンカバをつけた。

なぜなら、真冬でも寒さに怯むことなく、ツーリングに出かけたいからだ。

冬、バイクからみえる景色は、他のどの季節よりも美しい。

そして、いよいよ冬本番である。

早朝、冷たく澄んだ空気のおかげで、千葉の内房からでも遠く富士山まで見渡すことが出来る。

そんなことは百も承知だが、急にやってきた寒さのせいで、バイクで走りだす気になれない。

冬にツーリングって気がどうかしたんですか?

冬にキャンプって何かの修行ですか?

正気を取り戻すには、もう少し冬と暮らす時間が必要なようだ。
DSC03156.jpg 

渾身カスタムの永続的な価値

平安時代の人々が抱いた美人像と、現代日本人が抱くそれとは大きく異なる。
008770.jpg 

現代日本の美人像は、戦後入ってきた欧米文化に大きく影響されている(諸説あると思いますので信じないでね)。

つまり美の感覚というものは、刷り込みによって生まれるのだ。

よって、カッコいいバイクという感覚も、所詮は刷り込みの産物。

たとえ時間と金をかけて自分のバイクをカッコよくカスタムし悦に入ったところで、そもそもカッコいいという基準自体が幻のようなもの、そこに永続的な価値は生まれないのだ。

では永続的な価値を生むカスタムとはどいうものなのか?

この問題に一石を投じるべく、今般我がMT-09にカスタムを施した。

IMG_20181123_161651.jpg 

カッコ良さを議論すること自体ナンセンスだということは既に述べた。

よってこのカスタムによって生まれる実用的な価値こそ、議論の対象とされるべきた。

冬になるとハンドルカバーの是非論争があちこちで勃発するようだが、私に言わせれば、そんな暇があればツーリングに行けやと言いたい。

今回の記事に対する反論、ご意見、誹謗中傷などは一切お受けいたしませんのであしからず。


ハンドルカバーがついていても、そこだけを注視しなければ「カッコいい」よ。
IMG_20181124_104347_BURST001_COVER (1) 

ハンドルカバーをつけるだけの作業で、脛に痣を作ってしまいました。

そんな渾身カスタムの結果のハンドルカバーは、私にとっては、もはや純正パーツのような「美しさ」なのです。
DSC05887.jpg 

バイクライフは終わらない

下手の横好きだったバスケをやめて10年近く経つ。

その間、痛めた膝が良くなればいつかは復帰したいと思いつつ、筋トレやジョギングはずっと続けてきたが、結局その思いは実現しないままだ。

320.jpg 

先日、久しぶりにボーリングに行った。ベストスコアは200を超える私だ。ボーリングなどチョロい。

結果は2ゲーム目で膝を痛めた。スコアは推して知るべし。
2015-09-03_234639.jpg 

こんな調子では、バイクに乗れなくなる日も近いのではと怖くなってくる。

しかし恐れる事は無いのだ。

なぜなら、ここで改めて言う必要もないが、我々に与えられたバイクは大排気量、高出力なバイクばかりではないからだ。

もっと敷居が低く、楽しいバイクは他にもたくさんある。

例えばこんなバイクや、
DSC04640.jpg 

こんなバイク等々。
DSC04637 (1) 


これらのバイクは、齢をとってから等と言わず、今すぐ欲しいぐらいだ。

しかし、偶には大きなバイクをバンクさせながら、コーナーを駆け抜けたいという思いは、ライダーなら捨てきれないはずだ。

そんなライダーの将来のバイクライフに、新しい可能性を示すバイクが現れた。

そのバイクとはこれだ。
niken_color_001_2018_003.jpg 
大型バイクのパワフルさは保ちつつ、安定感抜群のフロント2輪。

反射神経の衰えた老人には、そのパワフルさが仇になるのではと懸念される向きもあるかと思う。

しかし、将来このタイプのバイクに、センサーを利用した自動緊急ブレーキが実装されれば、まさしく老若男女が楽しめる大型バイクになるはずだ。

そんなことを私に夢想させてくれたのは、ヤマハのCM。私の知る限り、地上波で大型バイクのCMが流れたのはこれが初めてだ。

我々のバイクライフは終わらない。

西伊豆スカイライン LOVE

昨年末、西伊豆スカイラインの景観を台無しにするカンバンについて、ここで書いた。ライダーやドライバーに安全運転を促すためのものだ。
DSC04908.jpg 

そして先週末、久しぶりに西伊豆スカイラインを走った。

小雨が降ってはいたが、走り出してしまえばそんなことはどうでもいいと思えるほど、ここは爽快な道だ。

風早峠から達磨山に向かい北上する間、早朝という事もあって、私を抜いていく者も、私の前をふさぐ者もいなかった。
IMG_20181103_084845.jpg 


散々な目にあって、バイクはもう当分いいかなと思っても、しばらくするとあの感覚が蘇ってきて、またバイクに跨りたくなる。

ライダーなら誰もが知っているあの感覚。

あの感覚を私に植え付けていくのは、西伊豆スカイラインのような道だ。

こんな道を走れば走るほど、バイクから離れることはできなくなっていく。

ちなみに件のカンバンだが、跡形もなくかたずけられていた。
DSC05874-2] 

美しい景観の中の、唯一の染みの点のようだったあのカンバンが無くなった。

カンバンなんて些細なことだ。

そんなことは百も承知だが、またあの場所で目の覚めるような青い景色が飛び込んでくるかと思うと、アクセルを余計に捻るかわりに、ヘルメットの中での鼻唄が続くのだった。
DSC02744.jpg 



さて西伊豆スカイラインですが、その周辺にある山道や海沿いの道も本当に素晴らしいのです。神様がツーリングライダーのためにわざわざ用意してくれたのではないかと思うような場所なのです。

遠方の方も、ロングツーリングの際はぜひお立ち寄りください。そしてアクセルはちょっぴり抑え気味で、お楽しみいただければと思うのです。
DSC04765.jpg 

伊豆のおじいさんに会いに行くキャンプツーリング

伊豆のとあるキャンプ場のレビューには、ネガティブなものも多い。

そんなネガティブなレビューに興味をそそられたのが、私が初めてそこに行こうと思ったキッカケだった。

「気を付けて来てね」

事前に連絡を入れると、管理人のおじいさんは受話器の向こうで最後に必ずこう言ってくれる。

ネガティブな所など何一つない。

そして今では私にとってホームグラウンドのような場所になった。
DSC05851.jpg 


自然に囲まれたそのキャンプ場には、古びた炊事小屋がある。

剥がれかけの整理整頓のポスターむなしく、小屋の中はおじいさんの私物であふれ返っている。

その他にもこんなポスターが貼られれている。

「川の水を汚す合成洗剤の使用は禁止します」

今回訪れたところポスターはそのままだったが、その脇にはキュキュットがおかれていた。

料金は伊豆の中では格安の部類だろう。

バイク1台で1泊2000円。

かと思えば「1000円でいいよ」と言ってくれる時もある。

そして今回は「1500円」だった。

そんな大らかな空気を漂わせるおじいさんに会いたくて、ここにあしげく通うようになったという訳だ。
DSC05870.jpg 

さてそんな管理人のおじいさんだが、リピータの私の顔を一向に覚える気がないらしい。

今回も受付の際に「千葉からきたの?遠くからありがとね」と私のことを初めての客のように扱ってくれた。

早く顔を覚えてもらえるように、もっと頻度を上げて通うので、おじいさんいつまでも元気でいてね。
DSC05846.jpg 




正確無比なツーリングを貫く人の生き様

夏の猛暑が未だに居座っているかのような陽気だった土曜日。

湿度も高く、バイクから見える遠くの山々は霞んでいる。

とはいえ、このところカッパが手放せないツーリングが続いていたので、お日様の下を走れるだけでもありがたい。

陽気は初夏のようだが、やはり秋を感じさせる彩りの道志みちを走って辿り着いた場所は、山梨県道志村の久保キャンプ場。

都心から近いにもかかわらず、道志川沿いの自然豊かなロケーションと、出入り口のアトラクションがここの魅力。
DSC05831.jpg 

ここでマイナス4℃の夜を過ごしたのは去年の秋。

今年も覚悟はしていたが、季節が少し早かったためか、秋らしい快適なキャンプを楽しむことが出来た。
DSC05832.jpg 

さて、2年連続でここを訪れた理由は、「Vトークラジオ」のイベントに参加するため。

「Vトークラジオ」とは、例によって私がいつも聴いているポッドキャスト番組だ。

DSC05837.jpg 

パーソナリティのクロガクさんのトークにもますます円熟味が増してきて、第1回目の放送から聞き続けている身としては、感慨深いものがある。

番組内容が楽しいことはもちろん、既に100回を超える放送をほぼ定期的にアップし続けてきたという、番組作りに対するその真摯な姿勢は、なかなか真似できるものでは無いと思う。

そんなクロガクさんに感謝の気持ちを伝えたくてイベントに参加したはずが、今年もTシャツや番組グッズをいただいてしまった。

来夏には北海道ツーリングを計画されているクロガクさん。

「ぜひお供させてください」と言いたかったが、時刻表のページをたどるかのような正確無比なクロガクさんのツーリングに、ルーズな私がついていけるはずもなくそれは断念。

私とは真逆なツーリングスタイルを貫くクロガクさん。

そんなクロガクさんのツーリング話がとても新鮮だったりするVトークラジオの視聴はこちら
DSC05842.jpg 

このブログを書いている人

ももとち

Author:ももとち
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

最近の記事

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム