FC2ブログ

11年目を迎えたベテランライダーが伝えたいこと

バイクに乗り始めて丸10年間が経ち、これまで履いてきた革パンも10年選手となった。

再染色さえしてやれば、まだまだ現役の一品なのだが、ライダーとして節目を迎えたということで、このたび革パンを新調した。

購入したのはこれまでと同じブランドだが、シルエットは今風に、よりタイトなものを選んでみた。
IMG_20191231_140859.jpg
新しい革パンは既に正月の伊豆でデビューを済ませているのだが、最初からしっかりと身体に馴染んでくれている。

このフィット感については想定通り、だからこそ同じブランドを選択したのだ。

一方、想定外だった事は、革パンが新しくなったおかげで、今バイクに乗りたくて仕方がないということだ。

ここ最近は自転車で行けるような所にまで、バイクを引っ張り出す始末。

ライダーとしてはベテランの域に入ろうとしているのだろうが、まるでバイクに乗り始めたばかりの頃のような気持ちだ。

たかが革パン、されど革パン。

タンスの扉を開ければ、狭い部屋一杯に新しい革の匂いが漂い、またバイクへの思いが駆り立てられる。

今はそんな思いに抗うことなく、ひたすらに走り続けよう。花粉舞うその日まで。
DSC06233 (1)
さてこの革パン、耐久性はもちろん、デザイン性、実用性とも一級品なのです。

もちろんその分お値段も張りますが、私のような人間になればそんなことは1ミリも気になりません。

そういえば裾直しの際に、かなりの革を切り取りました。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ読者の皆様には、特別にこの余った革を3万円ぐらいでお譲りしますが、如何でしょうか。

幸運のニューアイテムで房総ツーリング

「人生は貸借対照表。」

東北に住む仙人のような方から教えていただいた有難いお言葉だ。
IMG_20200113_121314 (1)
日曜日、キャンプに使うニット帽を探して、閉店半額セールでごった返す帽子専門店に飛び込んだ。

それまでユニクロや無印良品等をまわってもコレというものに行き当たらなかったが、専門店だけあって種類は豊富、すぐにお気に入りの一品が見つかった。

値段は張るものの半額になるので十分許容範囲だったが、レジで告げられたのは値引き前の価格。

オチはセール除外品というよくある話だが、美人の店員さんの前で顔色一つ変えずにカードを差し出せた自分を褒めてやりたい。
IMG_20200113_185844.jpg
しかしこんな超高級ニット帽を、焚火の火の粉でダメには出来ない。

そういう訳で、この一品は急遽キャンプ用からお出かけ用に格上げとなり、早速本日の房総ツーリングに持参した。

房総といえども朝の寒さは厳しく、暖がとれるような気の利いた店も開いていない。

自ずと休憩は屋外でとることになるが、そんな時にニット帽はありがたい。

水筒に入れた暖かい紅茶で一息入れると、寒さで強張った身体もほぐれてきた。

新しくお気に入りとなった帽子をかぶって気分もいい。

いつもは通り過ぎるだけの町を、少し歩いてみることにした。

散策中、小さなお店で金目鯛の干物を買った。

価格は、先日の伊豆で高すぎて買えなかった干物の半額以下だ。
IMG_20200113_163715.jpg

更に歩いていくと、私より相当年上のお姉さん達から、帽子が似合っていると褒められた。

いわゆる逆ナンというやつだ。
DSC04694 (1)

想定外の高値で買ったニット帽がもたらした幸運の数々。

私の貸借対照表はプラスに転じてしまったようだ。
IMG_20200113_121237.jpg
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ今年もいい年になりそうで、帰宅後も興奮がおさまりません。マジで。

スポーツするツーリングで一年の幕開け

スポーツで負傷した際、試合中は痛みをあまり感じていなかったにも関わらず、試合後になって本格的な痛みに襲われるということがある。

競技中は脳内から分泌されるアドレナリンの効果で、痛みを感じにくいということらしい。

ツーリングでも帰宅後に身体の節々が痛み出すことがあるが、これもアドレナリンが関係しているのだろうか。
DSC06233.jpg

さて、おかげさまで今年の正月も、伊豆でキャンプを楽しみながら海へ山へと駆け回った。

大好きな土地で、大好きなものに囲まれて、心豊かに新年を過ごすのだ。
DSC06280 (1)

心が豊かになったので、普段は撮らないような写真も撮っちゃう。
DSC06239.jpg

心が豊かになったので、散歩中のおじいさんのおしゃべりにもお付き合いして、海の向こうに見える伊豆七島について学ぶことができた。
11111.jpg

心が豊かになったので、スーパーの駐車場でスポーツカーから降りてきた地元のお兄さんとも、互いの愛車を褒めちぎり合うという、気色の悪い関係を構築することが出来た。
IMG_20200102_134800.jpg

心が豊かになったので、やはり普段は撮らないような写真を撮っちゃう。
DSC06249.jpg
何故あんなにもささくれ立っていた私の心が変わったのか。

きっと伊豆の美しい自然のおかげだろう。
DSC06264.jpg

きっと、どん兵衛にハイボールをつけて差し入れてくれた、毎年顔なじみのお隣さんの優しさがそうさせたのだろう。
IMG_20200101_201249.jpg

きっと、持ち帰るのに難儀するほど沢山のポンカンで毎年私を迎えてくれる管理人のおじいさんのしわくちゃの笑顔がそうさせたのだろう。
IMG_20200102_182000.jpg

しかし心が豊かになっても、災難はやってくる。

伊豆からの帰り道、遂にインカムが路上の塵になってしまったのだ。

だが心が豊かになった私は、そんなことではちっとも怯まない。

インカムが元あった場所で左手が空を切った時も、喪失感を感じることはなかった。

それどころか「いいブログのネタが出来た」と高揚感に似た感情をおぼえたのだ。

そう、伊豆での充実した3日間を過ごしたおかげで、私の体内では大量のアドレナリンが分泌され、それが私を変えてしまったのだ。

だが残念なことに宴の終焉とともにアドレナリンも枯れていく。

ようやく今になって、私は大きな喪失感に襲われている。路上の塵になったインカムが、ちっとも面白いブログのネタにならなかったという事に。
IMG_20200101_104439 (1)
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へいつも「Bモードの達人」を読んでいただき、本当に感謝しています。出来ることなら手土産をもって皆様のご自宅に赴き、感謝の思いを直接お伝えしたいぐらいです。

今年一年も皆様と私に安全で楽しいバイクライフが続きますように。

最後にワンチャンの愚かなライダー

自称イタリヤ人で、関西出身の兄さんが私に語った一言が妙に心に残っている。

「SNSの中では、誰もが見せたい自分だけを見せていて、不都合な事実は決して見せようとはしない。」
IMG_20191229_162352.jpg
先週の大洗ツーリングでは、前回記事にした通り様々なことが起こった訳だが、もう一つ書いていない話がある。

なぜなら、まさにそれが私にとって不都合な事実だったからだ。

朝から一緒に走ったS君と別れを告げた後の、慣れない夜の高速道路の上でそれは起こった。

突然私の右足をかすめるように幅寄せしてきたバンのテールライトが、暗闇の中で私に迫る。

ガツンと握ったブレーキが、なんとか衝突を回避できる効きになってくれたのだが、今度は後ろから車が迫ってくるのではないかと、とても怖かった。

幸い後続車は車間距離を確保してくれており、事なきを得た。

衝突の恐怖から解放された後、私に去来したのは安堵ではなく怒りだった。

私の中にあるはずの善良な心は消え去り、邪悪な心の言うがままに右手がアクセルを煽ったのだ。

地面を蹴って猛然と加速した私は、先程の仕返しのようにバンのコーナーをかすめて前に出た。

バンが私を抜き返そうと加速を始めたところで、ようやく我に返ったものの、遠くなっていくバンのテールライトを睨みながら、私はヘルメットの中から侮蔑的な言葉を発していた。

私が発したその言葉は、本当ならば私自身に対しても向けられるべきものであった。

にもかかわらず、私は夜の高速を走りながら、自分は悪くなかったのだと思い込もうとし始めた。

「私は走行車線を安全マージンを確保しながら、流れにあわせてただ走っていただけだ。」

「先に仕掛けたのはあいつだ。」

「手前の渋滞では、別の車に2度も無理な割り込みをされた。」

そして帰宅する頃には、すっかり自分の行動を正当化させてしまったのである。

一方でこのことはブログの記事には書けない不都合な事実だと認識もしていたのだから始末が悪い。

そう、私は帰宅するまでこのことをブログに書くつもりは全くなかったのだ。

しかし今日記事にした。

実はこの話には続きがある。

あの日、それでも晴れない気持ちで家に戻り、ライジャケをしまおうとハンガーを取り出したた瞬間、ハンガーが大きな音をたて2つに割れた。

「この次はハンガーでは済まないぞ。」

確かに私にはそう聞こえた。
IMG_20191222_145518.jpg
万一また同じようなことを繰り返したなら、その時には私はバイクをおります。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

それを宣言したくて、今回この不都合な事実を記事にしました。

マスツーの奇跡と地獄

ブーバイクの番組更新通知専用アプリと化していた私のLINEに、2年ぶりとなるマスツーのお誘いが入った。

「大洗でアンコウを食べようぜ」

ソロツー至上主義の私から言わせれば、小学生の遠足ではあるまいし、仲良く並んでバイクを走らせて何が楽しいのか。

しかも大洗は先週キャンプツーリングで行ったばかりだ。

それでも結局アンコウは喰いたいという訳だ。
IMG_20191221_105534.jpg
自宅を出て間もなく降り始めた雨は、道中もスクリーンを濡らし続け、何とか辿り着いた現地では更に冷たい雨となった。

ソロなら途中で絶対に引き返していた。

散々な目に会ったが、おかげでアンコウの出汁が全身にしみわたった。
IMG_20191221_114223.jpg
体ポカポカ、お肌プルプル?で店を出た後は、もう雨に降られることもなかった。

次の標的としていたナマズ(バーガー)はまさかの売り切れだったが、再び体が冷え始めた頃には湯船から霞ケ浦を眺めたりと、盛りだくさんで楽しい一日となった。

盛りだくさんといえば、こんなこともあった。

これまで散々悩まされてきたセルを押しても反応しないという原因不明の現象だが、この日は一度も発生しなかったのだ。

5月に初めて発生して以降、ツーリングの度に嫌な汗をかかされ続けたこの症状が、越年することなく解消されるのか。

クリスマスの奇跡が起こったと信じたい。

奇跡といえば、こんなこともあった。

高速道路でインカムを操作中、誤ってインカムがヘルメットから外れてしまったのだ。

瞬間、走馬灯のように脳裏に札束が舞い飛んでいく映像が流れたのは本当の話だ。

粉々に砕け散っていく運命を覚悟したはずであろうインカムは、私の肩から左胸を転がり落ち、なんと札束を掴もうと咄嗟に差し出した私の手のひらにスッポリおさまったのだ。

はずみで充電ジャックの蓋が飛んでいったぐらいは良しとしよう。
IMG_20191222_071425.jpg
この奇跡において神業として称えられるべきは私自身だが、もう一つ、手に馴染んだ愛用のグローブの貢献も忘れてはならない。

アウトレット品の安物だったものを、当時の愛車とカラーが似ているという理由だけで購入して以降、愛車が変わっても延々と使い続けている、かなりくたびれた一品だ。

そんな愛用のグローブだが、インカムをキャッチした後、袖口が閉まらなくなってしまった。

帰宅してグローブを確認してみると、マジックテープの部分が経年劣化で分離していた。それもよりによって仲良く左右両方ともだ。
IMG_20191222_071517.jpg
これもクリスマスが関係するのだろうか。
当然ボンドで補修し、これからも現役だ。

さて話はまだ続く。

この日の帰路にNAPSに立ち寄り、取り寄せていたバイク用のパンツをピックアップした。
IMG_20191221_194625.jpg
くたびれたグローブは使い続けても、パンツは新調するのが男の美学。

帰宅後にファッションショーを開催してみると、膝の部分に違和感をおぼえた。

急いでパンツを裏返したところ、膝プロテクターが収まっている網袋の中に、プロテクターの破片が2つ。
IMG_20191221_214840.jpg
早くもプロテクターを破損させたのかと思いきや、プロテクター自体は正常な形状をしており、どうやら出荷時に誤って混入したものらしい。

このパンツは自分へのプレゼントなので、これはクリスマスの奇跡と呼んで差支えないだろう。

ところで最後にもう一つだけ報告しておくべきことがある。

アンコウをやっつけた後、店内から丸見えの場所で豪快に立ちごけをやらかした。

6年目になる愛車での立ちごけはこれで2度目。

今回ご一緒したSさんと走るのはこれで2回目、にもかかわらず地べたを這いつくばる私をSさんが見たのはこれで2回目。

これをクリスマスの奇跡と呼ばずして、なんと呼ぼうか。
IMG_20191222_121620.jpg
声を大にしては言えませんが、立ちごけの一件だけは、マスツーを嫌う私に対しての、Sさんからの呪いに違いないと思うのですにほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

ライダーもキャンパーも皆ストロングスタイルを目指せ

「小説家になる夢を果たすことが出来なかったコベが、諦めきれない思いの丈をぶつけるようにしてブログの記事を書いている。」

これは某氏達が私をプロファイリングした結果だが、残念ながら外れている。

確かに若い頃小説家に憧れを抱いたことはあるが、成りたいと思ったことは無い。

小説を書いて飯が食えるような人種は、皆天才として生まれてくるのだ。

なりたいと思って努力すれば夢が適うという次元のものではない。
IMG_20191215_123237.jpg

さて、待ちに待った寒さ到来。
ソロキャンに行ってきた。
IMG_20191215_153656.jpg
キャンプブームの影響か、ここ最近は随分とソロキャンパーが増えた。

皆小ざっぱりしたアウトドアウェアに身を包み、テントの周りには豪華な装備を並べている。

私はと言えば相変わらずのストロングスタイル。
まず焼く。
IMG_20191215_171535.jpg

そして燃やして、飲む。
IMG_20191215_182809.jpg

小説家を目指すのだから、たくさんの本を読むべし。
IMG_20191215_215237.jpg
読書にふけっていると、頭上から何かが落ちてきて身体に当たる。

木の実か?

太もも、腕、肩と時間をおいて2度、3度と落ちてくる。

何かが当たった場所に目をやると、大きな染みが出来ているではないか。

その正体は鳥のフンだったのだ(画像は自主規制)。

しかし私のキャンプは、小ざっぱりしたキャンパーとは正反対のストロングスタイル。こんなことは気にも留めない。

ストロングスタイルキャンパーは、焼くものが無くなったら、ジーンズを焼く。
IMG_20191215_213952.jpg
流行のダメージジーンズに仕上がった。

ストロングスタイルは汚かったり、熱かったりしても、そういうスタイルだからと言い訳できるところが素晴らしいのだ。

そしてもう一つ特筆すべきは、少々才能に難があったとしても、思いを強く持ち続けさえすれば、誰もがストロングスタイルキャパーになることが出来るのだ。
IMG_20191216_095033.jpg
さて、ここまで書いておいて言い辛いのですが、告白します。

実は小ざっぱりしたソロキャンパーは、私の憧れのスタイルなのです。

そもそもソロキャンを始めた時から目指す先はそこでした。

にもかかわらず、この体たらくです。

どうやらこちらも小説家同様、天賦の才が無いとその高みには到底辿りつけないようですにほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

来週の記事は「ジーンズにパッチをあてたキャンパー」に確定しました(泣)

バイクの世界をのぞいてみたら

『天は人の上に人を作らず。』

人間は皆、生まれながらにして平等であるはずだが、実はその人間自身が平等をこれっぽっちも望んでおらず、ヒエラルキーの中で社会を成立させようとしているのだ。

例えばバイク乗りの世界をのぞいてみよう。
IMG_20180815_163223.jpg
バイク乗りは、大きく2つの人種に分かれる。

「金で買った免許でバイクに乗る人と、一発試験で勝ち取った免許でバイクに乗る人。」

後者はリスペクトされてしかるべきと思う。しかしそれを特権階級が如く振りかざす行為は褒められたものではない。

バイク乗りとしての本当の価値は、免許を取得した方法ではなく、路上での振る舞いで評価されるべきだ。

さらにバイク乗りは、2つの人種に分かれる。

「大排気量のバイクに乗る人と、小排気量のバイクに乗る人。」

排気量の大小で優劣を語る行為はあまりにも幼稚だが、それに気づかない人は意外に多い。

このように狭いバイク乗りの世界ですらマウントをとろうとする行為が横行しているのだから、世の人々が平等になれる日など来るはずがない。

ブーメランが返ってくる前に打ち明けてしまおう。

私自身、特定のバイク乗りに対して排他的な考え方をもっている。だから「バイク乗りは皆仲間だ」などとは口が裂けても言おうと思わない。

「平等」はスタートラインにこそ適用されるものであって、走り出してからの自身の振る舞いによって、優劣や区別が生まれるのが社会というものなのだ。

しかし世のバイク乗りよ、案ずることは無い。

最近話題のスウェーデンの環境活動家女子なら、バイク乗りに対してきっとこう言うだろう。

「よくもそんなことを」

快楽のために化石燃料を燃やし続けるバイク乗りは、皆等しく平等に縛り首ということだ。
IMG_20190102_105351 (1)
冬の晴れた日にバイクで街を流す時間は何物にも代えがたいほどの心地よさです。

排他的な考えを持つ私ですが、化石燃料を無駄に燃やすかわりにストレスを吹き飛ばすことで、平日はいい人間になって、いい仕事をしたいのです。

そして、いつか全てのバイク乗りが純粋にバイクを楽しめる世界になればいいなと、夢みたいなことを思っているのです。にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

ライダー必須のアイテムは夢と憧れと行動力

幼少期、私のヒーローは王貞治さんだった。

「将来はプロ野球選手」当時の少年の多くはそんな夢を持っていたはずだ。

そして時代は平成から令和へ。

いまや私のヒーローは八村塁さんだが、「将来はNBAプレーヤー」という夢を追うには、私には時間が少なすぎるw

NBAプレーヤーは無理でも、こんな人になりたいという憧れの人はいる。

俳優の火野正平さんだ。
IMG_20191103_082244.jpg
とーちゃこ(にっぽん縦断こころ旅)でみることが出来る正平さんの人間力には、いつも魅せられっぱなしだ。

これまたハードルの高い夢だが、いつか正平さんのような人間になりたい。

とりあえず自転車を漕ぎ出す時はいつも、こころ旅のテーマソングを口ずさんで憧れの人に近づこうとしている。
DSC04063.jpg
さて憧れと言えば、10数年前の私にとってバイク乗りになることが憧れだったが、当時はただの憧れでしかなかった。

だから数年後自分が若者達と肩を並べて教習所で汗を流し、免許をとったその足でバイクを買いに行くことになるなど、夢にも思わなかった。
DSC04808.jpg
あの時の自分の行動力が未だに信じられないのだが、その後誰に誘われたわけでもなくキャンプ道具を積むようになり、今は2代目の愛車に乗り継いでいるということは、私の中には確かに行動力が潜んでいるようだ。

その行動力をもってすれば、本当に将来正平さんのような人間になるのも夢ではないかもしれない。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へただ差しあたって今欲しいのは、暖かい部屋で録りためたこころ旅をみる誘惑を断ち切り、寒風の中でもキャンプツーリングに向かおうとするそんな行動力なのです。

バイク乗りが語るキャンプブーム

芸人のキャンプ動画が大人気となり、気づけばテレビでもキャンプを扱う番組が増えている。

先日のことだ。

これまでアウトドアとは全く無縁で、ソロキャンを楽しむ私を冷ややかな目でみていた友人から「キャンプをやってみたい」と相談された時には、本当に世の中はキャンプブームなんだと悟らされた。
DSC05345.jpg
さて時代は遡ること90年代、当時は空前のスキーブームだった。

延々と続くリフト待ちの長蛇の列に並び、ようやく乗れたリフトの上からみえる景色は、芋の子を洗うように混雑するゲレンデだった。

そんな環境でスキーの本当の魅力を感じられるはずもなく、程なくしてスキーブームは去った。

このスキーの盛衰を見てきた私が断言しよう。

キャンプブームは今まさに頂点、バブルの絶頂期であり、来シーズン以降は衰退期に入る。そして数年後にはすべてが夢の跡となるだろう。

そもそもキャンプの何が楽しいというのか。

早朝から重い荷物を車に積み込み、渋滞の列を抜け、キャンプ場にたどりついた時には、既に好ロケーションは先住者達に抑えられている。

ようやくみつけたサイトも、夕方には張り綱が重なり合うかと思うぐらいテントで密集し、自然を楽しむどころか、他人が使う物珍しいテントやグッズを眺めて感心するのが関の山だ。
IMG_0835.jpg
さて私のキャンプデビューは2012年の秋。場所は福島県の南会津。もちろんソロだった。

晴天を信じて出発したが、雨と強風に祟られた。

装備には椅子も焚火台もなく、食事はレトルト。

当時の愛車はダブヨン(W400)だったが、キャンプ場に到着するや否や、盛大に立ちごけをやらかした。

普通なら二度とキャンプは御免だとなるはずが、張り切って買い込んだキャンプ用品を無駄にするのが惜しくて、いまだにキャンプを続けているという訳だ。
IMG_0834.jpg
そんな私ですので、キャンプの魅力を語るなど大それたことは出来ませんが、バイクとキャンプは趣味として相性が抜群に良いと思うのです。

ちなみにバイクとキャンプの相性については、同じようなことが初キャンプの際の記事にも書かれていました。そしてキャンプをとても気に入ったとも。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ私の中のキャンプブームは、まだしばらく続きそうです。

冬季バイクスタイルにおけるアドバイスと誘惑

この時期ツーリングに出るのに一体どの程度ウエアを着込めばよいのか。ベテランライダーであっても毎年悩むものだ。

初心者ライダーの場合は、これだけ厚着すれば大丈夫と思って出かけた結果、予想以上の寒さに辛い思いをするという所までが通過儀礼だろう。

そういう時の対策としては「自分で思うより更にもう1枚多めに着込む」ということをお勧めしたい。

もっと具体的なアドバイスが欲しい?

では迷える子羊たちに、ちょうどいい着込み量の判別方法を授けよう。

その判別方法はとても簡単。

朝、家を出て駐輪場からバイクを公道まで移動させる際、その日バイクに乗る格好でバイクの取り回しを行うこと。これだけだ。

この作業で汗ばむようであば正解。その日は快適なツーリングがおくれるはず。

反対にこの時点で暑くないようであれば、きっとその日のツーリングを境に、しばらくの間バイクを見るのも嫌になるはずだ。

これは私が長年かかって会得した防寒術だけに、誰にも教えたくはなかったが、いつもブログを読んで下さる方々にせめてもの謝意を表すために、ここで披露してみた。

なに?バイク用ガレージがあるので、バイクを取り回すシチュエーションがない?

知らん!

そんなブルジョアにアドバイスする義理は無い。

せいぜい電熱ウェアでも買い込み、金で全てを解決したつもりになった挙句、バッテリー切れで地獄を見るがよい。
DSC04713 (3)
さて、ガレージもなくブルジョアでもなく、電熱ウェアもない私はといえば、朝夕の冷え込みに備えるべく、一歩先行く装備で対抗します。

もうお分かりでしょう。
IMG_20191117_134819.jpg
今年もハンドルカバーの季節がやって参りました。

禁断のパーツに手を出して3シーズン目。もはや何の負い目も自己憐憫もありません。

ハンドルカバーほど、その大いなる効果が実感出来るカスタムパーツを私は知りません。

カスタムパーツなるもの高機能こそが正義。機能美という言葉は、ハンドルカバーのためにあると言っても過言ではないでしょう。

以上の事から遂にこの度、私もこんな悟りを開くに至りました。

「MT-09のデザインは、ハンドルカバーの装着をもって最終形としての完成をみるものである」にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ

あなたもこの冬、私のようにスピリチュアルワールドへと飛び込んでみませんか。

このブログを書いている人

コベ

Author:コベ
MT-09というバイクで、寒さ暑さに負けずに走り回っています

たまにつぶやきます

カテゴリ別

カウンター